子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

新生児の服装選び。普段使いの洋服やベビー服の種類

新生児の服装選び。普段使いの洋服やベビー服の種類

これから生まれてくる赤ちゃんのために、ベビー服を買いそろえようと考えているママもいるかもしれません。今回の記事では、新生児の期間に使える普段使いの洋服や服装についてご紹介します。

短いけれど着替えは多い新生児期

赤ちゃんの誕生準備としてベビー服のことを考えたとき、新生児期は短く、お出かけの機会もあまりないようなので、どんな洋服を選べばよいのか悩むこともあるかもしれません。

新生児期はミルクの吐き戻しやオムツ漏れなど、さまざまな理由で服が汚れる場合もあるようで、着替えの回数が増えることもあるでしょう。そのため、洗い替えなども考慮して、用途に合わせた種類のベビー服を準備しておくと安心かもしれません。

新生児の肌着の種類

iStock.com/comzeal

肌着には、汗取りの役割があるといわれることもあり、季節によって種類の違う肌着を組みあわせて着ることもあるようです。では、新生児の肌着にはどのような種類があるのでしょうか。種類や特徴を簡単にまとめてみました。

長・短肌着

短肌着は裾の長さが腰丈までのものをさし、どのシーズンの出産でも使いやすいといわれている定番肌着のようです。

短肌着の裾をつま先まで長くしたものを長肌着といい、短肌着に重ねて着せるのが一般的といわれているようですが、暖かい室内だと短肌着1枚だけですごしたり、外出時にはほかのベビー服と組み合わせることもあるようです。替えさせやすい前ひもタイプは、オムツ替えの多い新生児期に向いている肌着かもしれません。

コンビ肌着

コンビ肌着は、長肌着の裾が二股に分かれたタイプのものをいうようです。短肌着の上に重ねて着せることもあるらしく、裾のスナップボタンを留めると足を動かしてもはだけてしまう心配の少ない肌着のようです。生後間もない赤ちゃんの足にそうよう少し外側に広がっているタイプもあり、動きの妨げになりにくいのもコンビ肌着の特徴といえそうです。

ボディタイプ肌着

ボディタイプの肌着は、股の部分をスナップボタンで留める肌着のことをいうようです。メーカーによっては、ボディスーツなどとも呼ばれ、かわいいデザインが多いのもボディ肌着の特徴のようです。前ひもで打ち合わせるタイプは、着替えの回数が多い新生児期でも使いやすい肌着ではないでしょうか。

ベビー服の種類

新生児の服装
Africa Studio/shutterstock.com

ベビー服にもいろいろなデザインの洋服があるようです。種類の多さに、何を買ったらよいのか悩むこともあるのではないでしょうか。種類ごとにベビー服についてまとめてみました。

ツーウェイオール

ツーウェイオールは、股下のスナップボタンを留めるとつなぎのようなカバーオール型になり、スナップボタンの留め方を変えるとベビードレス型にもなる、便利な洋服といわれています。寝ているときは着替えやすいようにドレスとして使用し、抱っこするときにはスナップボタンを留めれば、裾がはだけることも少なくなるかもしれません。

ベビードレス

裾がスカートのように開いているデザインの洋服をベビードレスというようです。
足首くらいの長さのものから、足をすっぽりとカバーできる長さのものまでさまざまで、退院時やお宮参りなど、よそ行きの服装として使用する人もいることでしょう。

暖かい季節には、短肌着とベビードレスを組み合わせた服装だけで外出することもあるようです。スカート状になっているので、外出先でのオムツ替えも楽にできるという特徴もあるようです。

ロンパース

ロンパースは上下が繋がったベビー服で、カバーオールと呼ばれることもあるようです。
遊び着や部屋着にしているママもいるようで、股のスナップボタンを留めておけば、抱っこやおんぶをしてもお腹が出る心配が少ないという意見もありました。

厚手生地ならアウターとしても着ることができ、薄手生地なら肌着としても活用できるようなので、用途に合わせて使いわけてあげるとよいでしょう。

何枚あると便利?

お部屋の中ですごすことも多い新生児期ですが、肌着やベビー服はどのくらい用意すればよいのでしょうか。

肌着

頻繁に着替えることもある肌着は、2~3枚では足りなかったという意見がありました。そのため短肌着で3~5枚、長肌着やコンビ肌着などあわせて5~6枚と多めに用意しておくとよいかもしれません。あくまでも目安なので、赤ちゃんにあわせて、必要ならば買い足すようにするとよいでしょう。

ベビー服

あまり出かける機会がない新生児期ですが、健診などの外出時に備えて、ツーウェイオールなど好みの洋服を1~2枚準備しておくとよいかもしれません。寒い時期の外出には、帽子やおくるみなどの小物を使ってうまく対応するとよいでしょう。

必要に応じて買い足す

新生児の服装
iStock.com/kuppa_rock

季節によっても異なりますが、肌着やベビー服は2~3枚用意しておいて、必要に応じて買い足すのもひとつの方法ではないでしょうか。新生児の期間は短く、肌着やベビー服など、本当に必要なものは何か悩んでしまうこともあるかもしれません。赤ちゃんが着たところを想像しながら、お出かけ用の洋服や普段使いの服装を選んでみてはいかがでしょうか。

2018年04月10日

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧