子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子どものスカートの下にズボンをはくなど、パンツが見えない工夫は

子どものスカートの下にズボンをはくなど、パンツが見えない工夫は

子どもがスカートをはいたときに、パンツがみえないようにどう工夫したらいいのかわからないママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ズボン一体型やマキシ丈、オーバーオールのスカートなど、子どもの下着が見えない工夫について考えました。

さまざまな種類の子どものスカート

子どものスカートには、さまざまな種類があります。動きやすくて機能的な子ども用スカートのデザインはどのようなものがあるのでしょうか。また、スカートの下からパンツが見えないようにするにはどうしたらよいのか、スカートをはくときの工夫の仕方について見ていきます。

動きやすい、子どものスカート

まずは、子どもにとって動きやすいデザインのスカートをいくつかご紹介します。

ズボン一体型

スカートとズボンが一体化しているデザインのものは、下着が見える心配がなく、安心してはかせることができるのではないでしょうか。また、ズボンとスカートを別々にはかせる必要がないため、低年齢の子どもでも着脱がしやすいでしょう。

オーバーオール

スカート
Africa Studio/Shutterstock.com

胸当てと背中からの吊りひもがついたオーバーオール型のスカートはウエストを締め付けないのですごしやすそうです。吊りひもは長さの調節ができるため、成長に合わせて丈の長さを変えることができます。スカートの丈を直すという手間もなく、長く使うことができるでしょう。

また、パンツタイプのオーバーオールは、トイレのときに吊りひもを外して脱がなければなりません。しかし、スカートはすそを上げるだけでよいため、比較的着脱しやすそうです。中には、胸当て部分を取りはずしてスカートとして活用できるスカートオーバーオールもあります。暑いときは胸当ての部分を取り外すなど、季節に応じて着方を変えられますね。

スカートから下着が見えないような工夫

スカートの下から下着が見えないようにするための工夫について考えてみました。

マキシ丈のスカート

マキシ丈のスカートは、くるぶしほどの長さのあるスカートです。長さがしっかりとあるため、スカートのすそから下着が見える心配はほとんどないでしょう。しかし、低年齢の子どもは、トイレのときにすそを持ち上げるのが少し大変になるかもしれないため、ママが手伝う必要があるかもしれません。普段着というよりは、お出かけするときにはくとよいかもしれませんね。

スカートの下にスパッツ

スカートとスパッツ
MNStudio/Shutterstock.com

スカートの下から下着が見えないようにするための専用スパッツをはくという方法です。丈が短めであるため、ミニスカートをはいたときにも、スカートの下からパンツが見えない工夫になっています。中にはフリルのついたデザインのものもあり、スカートの裾からほんの少しフリルがのぞくかわいいものもあるので、デザインで選んでみてもよいかもしれません。

スカートの下にオーバーパンツ

短め丈のスカートの中には、オーバーパンツがセットになって販売されているものもあります。色や柄が同じものもあるようです。オーバーパンツがはじめからセットになったものを探して選んでみるのもよいかもしれませんね。

子どものスカートの体験談

さまざまなタイプのスカートについて、ママの体験談をいくつかご紹介します。

保育園用にズボン一体型のスカート

ズボンスカート
beeboys/Shutterstock.com

「うちの子どもが通う保育園では基本スカートはNGなのですが、子どもはスカートを毎日はいていきたがって、朝の服選びにとても時間がかかっていました。そこで、ズボン一体型のスカートを選びました。

スカートは短めのタイプで、トイレのときにズボンをおろしても邪魔にならない程度のものなので、保育園にもはいていけました」(4歳児ママ/33歳)

長く着られるオーバーオールスカート

「デニム素材のオーバーオールスカートを購入しました。ウエスト部分がゆったりとしているので、動きやすく、外遊びのときはいつもこれです。オーバーオールスカートはトレーナーや長袖Tシャツ、半袖Tシャツと季節に合わせて下に着せるものを変えてほぼオールシーズン使えるので、とっても重宝しています」(3歳児ママ/29歳)

スカートの下にレギンス

「娘が丈の短いスカートを好んではくため、下着が見えないかと心配なので、レギンスをはかせています。足首まであるレギンスは、冬の時期は防寒対策にもなっています。

暑い時期になると、5分丈や7分丈のものを合わせてコーディネートしています。レギンスをはかせれば、少し丈が短いスカートでも安心です」(5歳児ママ/36歳)

動きやすい子どものスカートとは

女の子のスカート
Pinkyone/Shutterstock.com

子どものスカートには、オーバーオールやマキシ丈などさまざまな種類があります。子どもがはくシーンに合わせて選んでみましょう。また、下からパンツが見えないように、ズボンをはかせるなど工夫ができたら安心ですね。

2018年04月03日

子ども服の関連記事
  • 新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    季節毎のパジャマと肌着の組みあわせ

    新生児からパジャマを着せてもよいのかや、春夏秋冬でどのようなものを選ぶとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、素材やサイズなど新生児のパジャマを選ぶときのポイントや、季節毎のパジャマと肌着の組みあわせについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧