子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

フォーマルな子ども服の選び方。スーツやシャツ、ワンピースなど

フォーマルな子ども服の選び方。スーツやシャツ、ワンピースなど

結婚式のお呼ばれやパーティーなど、フォーマルな子ども服が必要なこともありますよね。今回の記事では、女の子のワンピースや男の子のスーツなど、フォーマルな子どもの服の種類や選び方についてご紹介します。

フォーマルな子ども服を着る機会

七五三や発表会、結婚式のお呼ばれといった場面など、子どものフォーマルな装いが必要な機会は何度か出てきそうです。女の子ならワンピースやドレスなど華やかな服もたくさんあり、どんな服装にするかを悩むのも楽しいかもしれません。男の子は子どものスーツや手持ちの服に工夫してフォーマルな雰囲気を出すのもいいかもしれません。

【女の子】フォーマルな子ども服

女の子のフォーマル服はたくさんのデザインや種類があります。おしゃれにこだわる女の子なら、ママと一緒にフォーマル服を選ぶのも楽しいかもしれません。せっかくの機会なのでヘアスタイルにもこだわっていつもと違う雰囲気を楽しみましょう。

スーツ

販売されている女の子のスーツは、デザインや色、柄が豊富です。セットで着るのはもちろんですが、ワンピースやスカートだけ、ジャケットだけというように別々に使用できるものを選ぶと、手持ち服に組み合わせても使えるので人気があります。

ワンピース

フォーマルワンピース
Creative Lab/Shutterstock.com

シンプルな袖なしのフォーマルワンピースを1枚持っておけば、いろいろな場面で使うことができるのでいいかもしれません。夏はそのまま1枚で、冬はブラウスやジャケットを組み合わせて、春秋はカーディガンと一緒に合わせるなど、どの季節でも着まわすことができます。また、付け襟やアクセサリーなどの組み合わせで雰囲気を変えてみるのもいいでしょう。

フォーマルドレス

結婚式やパーティーならやっぱり華やかなフォーマルドレスを着せたいというママも多いです。ふんわりとしたドレスに子どももお姫様気分になれるでしょう。フラワーガールなどの大役を任された場合は、式の雰囲気もあるため花嫁さんに子どものドレスを相談してみてはいかがでしょうか。

【男の子】フォーマルな子ども服

女の子のフォーマル服に比べると、シンプルな着こなしになってしまいそうな男の子のフォーマル服。でも組み合わせを工夫することでおしゃれにコーディネートすることができるかもしれません。

スーツを着る

定番のスーツスタイルなら、どんなフォーマルシーンでも安心ですね。七五三や入学式発表会、などフォーマル服を着る機会が多そう場合はスーツを用意しておくといいかもしれません。

それぞれでももちろん購入できますが、ジャケット、パンツ、シャツ、ネクタイなどがまとめて販売されているものもあります。シャツやパンツを手持ちのアイテムで代用できそうならジャケットだけ購入するのもいいかもしれません。

ネクタイをつける

男の子はシャツとパンツスタイルにネクタイをつけるだけでフォーマルな印象になります。ネクタイを1つ持っておくといいですね。蝶ネクタイを合わせるのもおしゃれです。サスペンダーと蝶ネクタイという組み合わせも子どもの魅力を引き立ててくれそうです。

シャツとベストでも

シャツやズボンはもともと持っているアイテムで代用できるけどジャケットはない、季節的にジャケットだと暑いという季節もあるでしょう。ジャケットはなくても、シャツとパンツにベストをプラスするだけでもフォーマル感を出すことができます。小さな子どもなら動きやすさを重視してベストにするのもいいでしょう。

ひと工夫でフォーマルに

できればスーツなどは買わずに済ませたい、スーツは窮屈で子どもが嫌がる、そんなこともあるのではないでしょうか。そんなときは手持ちの服に一工夫してみましょう。

半ズボンにポロシャツという一見カジュアルアイテムでも、サスペンダーやカーディガンをプラスすることでフォーマルさを出すことができます。モノトーンで統一するとよりフォーマル感が出せそうですね。

フォーマルな子ども服を選ぶ際のポイント

窮屈な作りになっていないか

服が窮屈だと動きにくいので子どもが嫌がることもあるかもしれません。フォーマルな子ども服の大き目サイズは見栄えが良くありませんが、窮屈すぎないかをしっかり確認しておくとよいでしょう。

色や素材に注意

フォーマル服は1年に何度も買うものではないため、どの季節でも使えるような素材を選ぶと使いまわしができて重宝します。結婚式や入園式などでは節度も大切なので派手すぎない色を選ぶのがいいでしょう。特に結婚式では、花嫁と同じ白のドレスなどは、子どもであっても避けた方がいいでしょう。

あわせる靴も

意外に困るのがフォーマル服に合わせる靴です。フォーマル靴の定番は黒や茶色の革靴です。女の子はエナメル素材のバレエシューズでもかわいいですね。場面によってはスニーカーでも構いませんが、シンプルでスニーカーらしくないものを選んだほうがいいかもしれません。

子どものフォーマル服は工夫して

子どものフォーマル
Bas Nastassia/Shutterstock.com

子どものフォーマル服も大人同様のマナーを守りつつ、清潔感のあるコーディネートを心掛けましょう。子どものシャツやスーツ、ワンピース姿はかわいいもの。手持ちの子ども服を工夫したり着まわせるものを選んだりして、めったにない機会に思い切りおしゃれしてすてきな思い出になるといいですね。

2018年01月14日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧