子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子ども服で人気のワンピース。キッズ向けのデザインや年齢別選び方

子ども服で人気のワンピース。キッズ向けのデザインや年齢別選び方

子ども服の中でも1枚でかわいく着こなせるキッズのワンピース。今回は子ども用ワンピースの種類や選ぶときのポイントをまとめてみました。

子どもが喜ぶワンピース

普段着使いできるカジュアルなものからフォーマルなものまで、キッズワンピースの種類はさまざま。デザインもかわいらしいものがたくさん揃っています。またワンピースは脱ぎ着が楽なので、自分で着替えたい子どもにもぴったりなのではないでしょうか。

1枚でさらっと着たり、レギンスやパンツなどを合わせたりしながら着回すことができるので、ワンピースは女の子のおしゃれに大活躍のアイテムです。

子ども服ワンピースのデザイン

子ども服のワンピースはデザインが豊富に揃っています。どんな種類があるのでしょうか。

シャツワンピース

羽織ってからボタンを留めるシャツワンピースは、襟がついているものも多く、きちんとした印象に仕上がります。デニム素材のものやチェック柄のものなどいろいろなデザインがあります。

パーカーワンピース

パーカーワンピースは、フードがついたカジュアルなパーカー型のワンピース。無地のシンプルなパーカーワンピースをはじめ、ネコの耳やうさぎの耳がついたフードなどかわいらしいデザインのワンピースもあります。フードをかぶせてあげれば紫外線対策や防寒対策にもなるかもしれません。

ノースリーブワンピース

子どものワンピース
MIA Studio/Shutterstock.com

腕をだしたデザインのノースリーブワンピースは暑い時期に活躍するワンピースです。カーディガンやジャケットなどの上着を羽織ったり、重ね着したりすると、素材によっては年間通してワンピースの着こなしを楽しめます。

ニットワンピース

ウールなどのニット素材を使ったワンピース。ニットは保温性がありあたたかいこと、伸縮性もあるので動きやすいことが特徴です。

子ども用ワンピースの選び方

たくさんの種類がある子ども用ワンピースの中から選ぶポイントを押さえておきましょう。

サイズ

成長とともにサイズアウトしていく子ども服は、ぴったりサイズのものよりはワンサイズ大きめのものを選ぶママもいるようです。袖が長いようであれば少しめくってあげたり、下にタイツやレギンス、ズボンを合わせたりしながら長く着回しできるのがワンピースのメリット。

ワンピースのサイズ選びのポイントは、着丈の長さです。丈が長いワンピースは、裾をひっかけて転んでしまったり、挟み込みのにつながったりする可能性もあるので注意しましょう。活発に動き回る子どもの動きやすさを考えて、着丈や肩幅など子どもの体のサイズに合わせて選びましょう。

素材

キッズワンピースを選ぶときは、着心地のポイントとなる素材に注目。薄手で風通しがよく吸収性も優れているコットンなどのガーゼ生地は春から夏の時期に適しています。秋から冬にかけては、やわらかく厚手であたたかい綿やウール素材がよいでしょう。

姉妹はいるか

姉妹がいたら上の子のおさがりを着せたり、お揃いのワンピースを着せたりできます。かわいいデザインや色のワンピースも多くありますが、着回しのきく色やシンプルなデザインのもの、毛玉ができにくいコットン素材のものを選んでおくと長く着ることができ、おさがりにする服としても活躍するでしょう。

年齢別、ワンピースを選ぶポイント

子どもの服の中でも、ワンピースを子ども用に選ぶときのポイントについてみていきます。

1歳まで

1歳までは成長の個人差も大きいので、月齢ではなく体重を重視して選ぶようにするとよいでしょう。体重が重めの赤ちゃんは、洋服の身長はあっていたとしてもお腹周りがきつく感じてしまう場合もあるようです。また、離乳食で汚れてもすぐに洗えるような素材を使用したワンピースを選ぶのもポイントかもしれません。

2歳から4歳

1歳頃に比べると行動範囲も広くなる傾向にある2歳以降は、乳幼児用のベビー服から子ども用のキッズ服サイズに移行する時期でもあります。外国製のワンピースも多く出ていますが、国によって表示の仕方も異なるので、できるなら試着をするなどしてから購入するようにしましょう。

5歳以上

5歳以上になってくると、自分で服を選ぶ子もいます。デザインも幼児期のものに比べるとデザイン性が高いワンピースがそろっているので、子ども服売り場にいっしょに出かけて、子どもといっしょに選ぶのも楽しいかもしれませんね。

かわいい子ども服のワンピースを

ワンピース
MIA Studio/Shutterstock.com

1枚でコーディネートも決まり、脱ぎ着も楽なキッズワンピース。デザインも豊富でレギンスやパンツ、アウターなどと合わせても着回しがきくワンピースは、子ども服の中でも活躍するアイテムです。子ども用に選ぶワンピースは着丈や素材などに注意して、それぞれの子どもにあったものを選んであげましょう。

2018年01月07日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧