子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

カバーオール、ロンパース、ワンピース、トレーナーなどのベビー服について

カバーオール、ロンパース、ワンピース、トレーナーなどのベビー服について

初めてベビー服を購入する方は、カバーオールとロンパースの使い分けや、パンツやトレーナーなどいつから上下別にするかなどに悩むでしょう。そこで今回は、パーカーやトレーナー、ワンピースなどのベビー服の特徴についてご紹介します。

カジュアルなベビー服

まずは、カジュアルなベビー服のそれぞれの特徴や活用しやすい時期などをみていきましょう。

ロンパース

上下が繋がっていて、足部分の生地はないのが特徴。主に肌着として活用されます。

ロンパースはフロントにボタンがあるものとそうでないものがあります。フロントにボタンがあるものなら楽々着せることができるので、新生児にも使いやすいようです。フロントにボタンがないものは、腰がすわってからの方が着せやすいでしょう。肌着として活用したい方は、素材にこだわってみてはいかがでしょうか。

カバーオール

カバーオール
Jambals/Shutterstock.com

上下が繋がっていて足まで生地があるカバーオール。半袖丈から長袖丈まであり、丈を変えることでオールシーズン活用できるので、ねんね期からよちよち歩き期頃まで使用している人が多いようです。また、頭の先から足先まで覆われたカバーオールは、冬のお出かけで寒さからしっかり防寒してくれそうですね。

トレーナー

トレーナーは、少し肌寒い時期は肌着の上から、寒さが厳しくなってきたら長袖シャツの上から着せるとよいでしょう。

首がまだすわっていない時期は着せるのに苦労するので、スムーズに着せることができるのは腰がすわる頃からでしょう。ボタンがないタイプは、頭にかぶせるだけなので着せるのが楽かもしれません。ボタンがあるタイプは首の空きが大きく、頭を通しやすいため赤ちゃんが着るのを嫌がる姿があまり見られないかもしれません。

パーカー

パーカーは、フードをかぶせると防寒することもできますね。トレーナーのように上からかぶせて着るタイプのパーカーは、首や手を出すのに少し時間がかかるので、腰がすわってから着せたというママが多いようです。

また、パーカーはフード部分に耳や顔がついていたりと。デザインがかわいいものが多いので、選ぶのが楽しいアイテムかもしれませんね。

フォーマルなベビー服

お食い初めや初節句、赤ちゃんにはお祝い事がいっぱい。また、急に喪服が必要になるときがあるかもしれません。そんなフォーマルなシーンで活躍するベビー服を紹介します。

スーツ

白シャツに、ジャケットやパンツを合わせた男の子のスーツスタイル。ねんね期の赤ちゃんには、スーツのように見えるカバーオールもあります。

ネクタイを合わせると大人っぽくみえるので、冠婚葬祭や初節句のときに多く着用されているようです。蝶ネクタイを合わせると、子どもらしいかわいいスタイリングになるので、写真館での記念撮影や、結婚式に参列するときにぴったりですね。

ワンピース

ワンピース
Petrut Romeo Paul/Shutterstock.com

ワンピースにはいろいろなデザインのものがあるので、着るシーンを想像しながら選ぶとよいでしょう。

喪服として着用するときはダークカラーの単色ワンピースを着させてアクセサリーを控えたり、祝い着のときはリボンやカチューシャなどの小物で華やかにしたりと着回しがきくのもワンピースの特徴。結婚式に参列するときは、華やかなチュールワンピースを選んであげてもよいですね。

お食い初めや初節句、初詣など日本古来のイベントのときに袴が選ばれているようです。一見着せるのが大変そうに感じますが、カバーオールタイプを選べば簡単に着せることができます。カバーオールタイプなら、着くずれも心配ないですよね。

使ってよかったベビー服のアイテム

使いやすかったベビー服について、ママたちの体験談をご紹介します。

春と秋はパーカーが便利

「春秋の温度調節に使えるパーカーは便利!私は薄手のものを1枚と厚手のものを1枚着まわしていました。薄手のものは夏の紫外線対策にも役立ちました。サイズが10cm大きいものを買って袖を折って使えば、2シーズンは使えます。インナーがピンクや白が多かったので、紺色のシンプルなデザインが合わせやすかったです」(30代ママ)

色つきボタンのカバーオール

「新生児から腰がすわる7カ月ごろまでは、上下が繋がっているカバーオールが大活躍しました。使いやすかったのは股の部分のボタンが色つきになっているもの。祖母が着せるとき、普通のものだとボタンを掛け違えるときがありましたが、色つきだとわかりやすかったようです。上下が分かれて見えるデザインもあるので長く使用できました」(40代ママ)

ベビー服をかしこく着まわそう

ベビー服
melis/Shutterstock.com

新生児から活躍するロンパースやカバーオール、秋冬に活躍するトレーナーなど、それぞれの特徴を知り月齢や季節によって上手く使い分けましょう。フォーマルシーンでよく用いられるワンピースや、オールシーズン活用できるパーカーは持っていると重宝するアイテムといえるでしょう。ぜひ、ベビー服購入の参考にしてみてくださいね。

2017年12月06日

子ども服の関連記事
  • new

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧