子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2017年09月25日

赤ちゃんの肌着を夏と冬で使い分け。おすすめの素材と着せ方

赤ちゃんの肌着を夏と冬で使い分け。おすすめの素材と着せ方

赤ちゃんのデリケートな肌に触れる肌着ですが、夏と冬とでさまざまな着せ方や素材があることをご存知ですか?赤ちゃんにおすすめの肌着や肌着の重要性について、先輩ママの意見も交えながらご紹介していきます。

肌着の重要性

体温調節をサポート

赤ちゃんにとって肌着とは、大人の肌着とは違った意味合いを持ちます。赤ちゃんの肌着は、新生児の時期には、衣服の代わりの役割をしてくれ、肌に直接触れる衣服です。

ほとんど寝てばかりいる赤ちゃんですが、あんなに小さい体に大人と同じ数ほどの汗腺があります。そのため、直接肌に触れる肌着がしっかりと汗を吸い取ってくれ、赤ちゃんを快適な状態にしてくれることが大切です。

清潔な状態を保つ

赤ちゃんは、授乳の際も全身の力を精一杯振り絞っておっぱいを飲みます。そのため、全身が汗だくになるほどです。赤ちゃんが汗をたっぷりかいて衣服が湿っているときには、常に清潔な肌着に着替えさせてあげ、清潔な状態を保ちましょう。

夏の肌着

夏の肌着は、大人なら着ないという方もいますが、赤ちゃんの場合は汗が十分に肌着に吸収されないと、肌に残っている汗が乾くときに体温が奪われ、夏であっても体が冷えて風邪を引いてしまうこともあるでしょう。
肌着の本来の役割は汗を取ることなので、夏であっても赤ちゃんには必要です。

夏の肌着におすすめの素材

夏の時期は、肌着の素材選びによっても快適さが違います。たっぷりと汗をかいてしまっても、しっかりと吸収してくれる素材がおすすめです。
ガーゼやメッシュ素材の肌着は柔らかく、吸水性にも優れています。また、目が粗いので通気性もよく、夏の時期に最適といえるでしょう。

「肌着は、直接赤ちゃんの肌に触れるものなので、オーガニックコットンの優しい素材のものを選びました。肌触りがとってもよくて汗もしっかり吸ってくれました。毎日洗濯を繰り返しても型崩れしにくく、大変重宝しました」

赤ちゃんの肌着

夏の肌着の着せ方

夏の肌着の着せ方は、たっぷりと汗をかいてしまっても脇の下の汗をしっかりと吸収してくれる半袖型になっている短肌着やノースリーブの肌着の上に、薄手のツーウェイオールなどを着せてあげるとよいでしょう。

生後4カ月から半年くらいの寝返りやハイハイをする時期に短肌着では、おなかが出てしまったり、はだけてしまったりする場合があります。そのため、この頃には足部分に布がなく動きやすく、スナップボタンで着せやすいロンパース型へと移行するとよいでしょう。

ロンパース型は、股の部分にスナップボタンもあり、オムツ替えもしやすいメリットがあります。また、前開きのスナップのあるタイプは、汗をたくさんかく夏の着替えもスムーズです。

「ハイハイで動き回るようになったので、一枚着てもかわいいロンパースをたくさん買いそろえました。ロンパースは、冬になったときに上に洋服を着せて長く使えたので、お気に入りのものを買っておいて正解でした」

冬の肌着

冬は夏に比べてグッと冷えることが多くなります。夏は汗取りがメインだった肌着ですが、冬は保温の目的も加わってくるので、季節に合った着せ方や素材を選んであげましょう。

冬の肌着におすすめの素材

冬の肌着も夏と同様、汗の吸収がよい綿素材がおすすめです。
厚みがあって保温性のある素材の肌着もありますが、上に洋服を着せるときに着ぶくれしやすいこともあるようなので、肌着は薄めのものを選ぶとよいのかもしれません。

「冬の肌着は、厚みのある保温性のある素材のものもあるのですが、上に洋服を着せるときに着ぶくれして、特に腕の部分が着せにくかったので、年中綿素材の肌着を選んでいます。
でも袖が短めの肌着にして、寒いときには上に羽織って対応しました」

冬の肌着の着せ方

冬は長袖の肌着を用意したり、何枚か重ね着するのがよいでしょう。
肌着を重ね合わせることで、肌着と肌着の間に空気を包み込んで、保温効果につながります。
主に新生児期には、腰までの長さの短肌着、足の長さまである長肌着、股の部分にスナップがついたコンビ肌着を組み合わせ、その上にツーウェイオールのようなベビードレスを着せるのがおすすめです。

「足の動きがすぐに活発になって、長肌着がいつもよりはだけてしまっていたので、コンビ肌着を何枚か揃えました。冬は、短肌着と組み合わせて使い、春はコンビ肌着だけ着せるとシーズンをまたいで長く着させることができました」

体調や季節に合わせて赤ちゃんの肌着を選ぼう

ママと赤ちゃん

赤ちゃんの肌着は、汗をしっかりと吸い取り、体温調節をするという大切な役割があります。汗をかいたときは、すぐに新しいものに着替えさせてあげましょう。

また、夏はノースリーブやメッシュ素材の肌着がおすすめなのに対して、冬では長袖や何枚か重ねて着る方がよい場合など、季節によって素材や着せ方も異なります。
赤ちゃんの産まれる時期や季節に合わせて肌着選びをするのがよいでしょう。

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧