子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

結婚式に子どもと参列。子どものドレスや靴、どうする?服装のマナーを確認しよう

結婚式に子どもと参列。子どものドレスや靴、どうする?服装のマナーを確認しよう

結婚式に子どもといっしょに招待されたとき、子どもにはどのような服装をさせて出席しますか?大人はもちろん、子どもの服装にもマナーが必要です。特に初めて子ども連れで結婚式に参加する場合は、どんな服を選べばよいか悩んでしまいがち。男の子の服や女の子のドレス、そして靴や髪形など失敗しない服装選びについて考えてみましょう。

結婚式にふさわしい子どもの服装とは

花嫁の色とされる白や、新郎新婦よりも目立ってしまうような華美な服装は避けなければなりません。親族中心の結婚式で、花嫁や親族から「かわいいドレスで来てね」と声をかけてもらっている場合はフリルなどのドレスでも良い場合もあるので事前に相談をしてみるとよいでしょう。

友人や遠い親戚の結婚式の場合なら、白・紺・グレー・黒など落ち着いた色使いのフォーマルな服装にしましょう。デニムやTシャツといったカジュアルな服や、キャラクターの仮装などはマナー違反になるようです。

赤ちゃんにふさわしい結婚式の服装

まだ抱っこが基本の赤ちゃんを結婚式に連れていく場合、どんな服装がふさわしいのでしょうか。

結婚式に出席する赤ちゃんの服装マナー

赤ちゃんの服装は、おでかけ着であれば基本はOKです。男の子なら蝶ネクタイやベスト着用風のロンパースなどが便利。

女の子はおでかけ用のロンパースか、もしくはドレスやワンピースでもよいでしょう。赤ちゃんに限っては白を着ても大丈夫という認識もあるようなので、お宮参りで使ったセレモニードレスを使ってもよいかもしれませんね。

結婚式には赤ちゃんの着替えが必須

服装と合わせて気をつけたいのが、赤ちゃんの着替えです。ミルクの吐き戻しやうんちなどで、赤ちゃんの洋服が汚れてしまうかもしれません。万が一に備えて、肌着や着替え、オムツ、汚した服を入れて持ち帰るビニール袋などは必ず用意しておきましょう。また、会場内の空調が効きすぎることも想定して、おくるみやバスタオルも持参すると安心です。

男の子にふさわしい結婚式の服装

スーツの男の子
© tsuppyinny - Fotolia

男の子はスーツスタイルで、シンプルかつ上品にまとめましょう。

男の子の正装は、ブレザーにズボンのスタイル。ズボンの長さは半ズボン、長ズボンどちらでもよいようです。蝶ネクタイを合わせれば、よりフォーマルで男の子らしい服装になります。色は黒が無難ですが、紺やグレーでも問題ないでしょう。

靴下・靴

白い靴下に黒のフォーマルな靴を合わせましょう。黒の靴下に、黒の靴の組み合わせもよいですね。

髪型

男の子の髪型は特別何かをする必要はありません。ただし、寝ぐせがついたまま連れて行くことは避けましょう。小さい子であれば、前髪を整えてあげるだけでもずいぶんと雰囲気が変わります。毛の量が多い子は、少量のワックスで自然な流れを作ってあげましょう。

女の子にふさわしい結婚式の服装

お人形のようなフリルたっぷりのドレスよりも、シンプルなデザインのワンピースが印象よく見えるようです。

レースや花柄などの装飾が凝ったデザインより、シンプルなデザインのワンピースか、スーツを選びましょう。黒やソフトピンク、紺色などキレイな色のものを選ぶと上品な印象になります。さらに上質な素材の方がフォーマル感はアップします。

靴下・靴

男の子同様、白や黒い靴下に黒い靴が安心です。フリルの付いたソックスやストラップシューズを選ぶと、女の子らしさを残した上品なコーディネートになります。

髪型

何もしないよりは、ヘアアクセサリーを付けてあげる方が服装とのバランスが取れます。カチューシャやお花のゴム、リボンなど服に合った色のものを選びましょう。

フラワーガールやリングボーイを頼まれたら?

自分の子どもが、結婚式のリングボーイやフラワーガールの役目を頼まれた場合、通常のフォーマルな服装で大丈夫なのか気になります。

フラワーガール・リングボーイとは

欧米の伝統的な結婚式に必ず登場する、フラワーガールやリングボーイ。

フラワーガールは新婦の前を歩きながら花びらをまくことで、祝福するとともにバージンロードを清める役割を果たします。また挙式の最後に新郎新婦が退場する際、花びらをまくこともあります。

リングボーイは、リングピローに乗せて結婚指輪を二人のもとへ運ぶ役目のことです。どちらも男の子女の子の決まりはなく、役目に合わせてボーイとガールを使い分けています。

フラワーガールにふさわしい服装

花嫁以外が白を着ることはタブーとされていますが、フラワーガールだけは白の衣装でもよいようです。花嫁の衣装と合わせる場合もあるので、事前に希望や確認をしておくとよいでしょう。

リングボーイにふさわしい服装

挙式中の大切な役目を果たすリングボーイは、タキシードかベストを合わせたスーツにしましょう。暑い時期なら、半袖シャツに蝶ネクタイを合わせてもフォーマルに決まります。

子どもといっしょに結婚式に参列した、ママの体験談

実際に子どもを連れて結婚式に出席したママのエピソードをご紹介しましょう。

「生後6カ月の娘を連れて、兄の結婚式に参列しました。夏だったので、セーラー襟になっている白と紺のロンパースを着せて行きました。上品ながらも女の子らしいセーラーの服は、他のゲストの方にも好評。娘本人も動きやすく着心地のよいロンパースで、終始ご機嫌でした」

「2歳半の息子といっしょに友人の結婚式と披露宴に出席したときは、白いシャツに黒いズボン、取り外しの楽な蝶ネクタイを付けて行きました。季節は秋でしたが、体温調整しやすいようにジャケットではなくベストを着せました。暑がるときにはすぐに脱げるベストは、本人も嫌がらずこちらとしても助かります。白シャツと黒ズボンは、結婚式が終わった後もおでかけ着として重宝しました」

マナーを守って気持ちよく参列しよう

ワンピースを着た女の子
© kazoka303030 - Fotolia

せっかくの結婚式だからと言って、目立つ服装で子どもを着飾るのはマナー違反のようです。新郎新婦を祝福する目的を忘れずに、子どもにはシンプルで清楚なドレスや靴を用意してあげましょう。

2017年12月11日

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧