【小児科医監修】花粉症と風邪は同時になる?見分け方のチェック方法

【小児科医監修】花粉症と風邪は同時になる?見分け方のチェック方法

併発した場合の対処法や受診する病院

子どもの鼻水が続くと風邪なのか、もしかしたら花粉症なのかどっちなのか迷うことがあるかもしれません。それぞれ特徴的な症状があるのかをチェックしてみました。また、風邪と花粉症を併発した場合の対処法と受診する病院についてもご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

花粉症と風邪の見分け方

子どもの鼻水が止まらないのは風邪ではなく、花粉症の可能性があるかもしれません。花粉症と風邪の違いはどのように見分けたらよいのでしょうか。

花粉症の主な症状

  1. 透明や白色の鼻水
  2. 鼻づまり
  3. くしゃみ
  4. のどのかゆみ
  5. 目の充血・かゆみ

透明でサラサラした鼻水が止まることなく出る、鼻づまりの症状が強く出て長引くことや、くしゃみが続けて数回出ることが特徴です。

風邪とは違い、目の充血、目や鼻、のどにかゆみがある、花粉がよく飛ぶ時期に症状が出ることがあります。子どもの場合は鼻血を出すことも多いです。

鼻水を伴う風邪の主な症状(以下「風邪」と省略)

  1. 鼻水:はじめは透明、だんだん黄~緑色になる
  2. 鼻づまり
  3. だるさ
  4. 頭痛
熱を測る子ども
iStock.com/maroke

子どもが風邪にかかると、微熱から38℃程度の熱が出ることが多いです。

初めはサラサラな鼻水からだんだんと粘り気のある黄~緑色の鼻水が出るようになります。

くしゃみが出ることも多いですが、花粉症のようには続かず、くしゃみよりも鼻づまりの症状が強く出て、数日間続きます。のどの痛みや腫れを伴い、咳が数日間続いたり、だるさや頭痛などの症状が出ることが、風邪の特徴です。

風邪は通常、数日から1週間程度で治りますが、鼻水がそれ以上続くときは花粉症かもしれません。花粉症か風邪か迷ったときには自己判断で市販薬などを飲まずに医療機関を必ず受診してください。

花粉症と風邪は何科を受診する?

鼻水やくしゃみなど鼻の症状が強ければ耳鼻咽喉科、目のかゆみや充血がひどければ眼科など特につらい症状にあわせて病院を受診するべきか、初診で何科の病院に行くべきか悩むかもしれませんが、花粉症かどうか迷ったらまずは小児科を受診しましょう。

症状に応じてアレルギー科など専門の病院を紹介してくれるでしょう。

風邪と花粉症の対処法

風邪と花粉症では対処法が変わってきます。病院ではどのような治療法が行われるのでしょうか。

風邪

風邪と診断されると、熱や咳、鼻水などの症状に応じて解熱剤や粘膜を整える薬、場合によっては 抗生剤などの薬が処方されることが多いです。

花粉症

くしゃみや鼻水の症状が強く出ているときには、鼻水やくしゃみを抑える飲み薬が処方されるでしょう。

また花粉症の場合は、鼻づまりに効きやすく、鼻の粘膜に直接作用するステロイド点鼻薬や、目のかゆみや充血があるときは点眼薬が処方されたり、症状に特化した処方薬で治療することになります。

原因となるアレルゲンをなるべく避けることで症状が緩和されるかもしれません。

花粉症と風邪が同時になる可能性

マスクをする女の子
iStock.com/GOLFX

花粉症はアレルギー反応が原因で起こり、風邪はウイルスが原因で起こるため、花粉症が風邪を引き起こしたり、風邪が花粉症を引き起こすことになるわけではありません。

ただし、花粉症と風邪が同時にかかる可能性はあります。また、風邪を併発することで花粉症の症状が悪化する場合もあります。

花粉症と風邪を併発した場合の対処法

花粉症と風邪を併発したときには症状を悪化させたり、長引かせないようにするために以下のようなことに注意しましょう。

薬は併用しない

花粉症と風邪の薬の成分は被っている部分が多いため、併用は避けましょう。

花粉症と風邪同時にかかったときには、病院でどちらの薬を優先したり、どの薬を飲むべきかを医師に相談することが大切です。

免疫力を回復させる

風邪の症状が悪化すると肺炎になる可能性があります。また、花粉症の鼻づまりに風邪が併発することによって蓄膿症や中耳炎になる場合もあるため、免疫力を回復させるようにします。

安静にする

風邪をひいているときは免疫力が下がります。

安静にして、栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠で体力と免疫力を高めることが大事です。

花粉症と風邪の特徴的な症状を知っておこう

花粉症でマスクをする子ども
iStock.com/RyanKing999

花粉症と風邪の症状には違いがあり、花粉症は季節によって発症する場合が多いです。

花粉症は、鼻水がサラサラで連続するくしゃみ、目やのどのかゆみが特徴です。一方で風邪は、発熱や鼻づまり、倦怠感や頭痛の症状が強く出ます。

それぞれの特徴的な症状と違いを知っておくと花粉症と風邪を見極める目安になるでしょう。

花粉症の場合は、鼻水や目のかゆみ、充血など症状が強く出ている病院を受診することで症状を早めに改善できるかもしれません。

もしも、花粉症と風邪に同時にかかったら、安静にして栄養バランスのとれた食事や睡眠をたっぷりとってまずは先に風邪を治すことが大切です。

処方薬の併用や気になる症状があるときには、病院で医師に相談するようにしましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年01月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

アレルギーの関連記事

カテゴリ一覧