投資は常識の新時代。親子で投資を学ぶ「キッズマネースクール」夏休み全国42か所で一斉開催!!

投資は常識の新時代。親子で投資を学ぶ「キッズマネースクール」夏休み全国42か所で一斉開催!!

4歳からを対象に親子で学ぶコンテンツ「はじめての投資 あのお菓子が投資で誕生?!」

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
一般社団法人 日本こどもの生き抜く力育成協会(本部:大分県大分市/代表理事 三浦康司)は、4歳から12歳の幼・小学生を対象とした「はじめての投資 あのお菓子が投資で誕生?!」のイベントを、全国各地で開催します。
キッズマネースクール
【社会背景】
国がiDeCoやNISAなど非課税制度を導入し「貯蓄から投資へ」のキャッチフレーズと共に、若年層へ積極的に金融リテラシー教育に取り組み、2022年度からは高校教育で「資産形成」の授業が新たに加わるなど、「金融教育」関連の文字を目にする機会も増えてきました。
ですが「投資」という言葉に対しては、非常にネガティブなイメージが拭い去れないことが実状です。
文部科学省の新学習指導要領で「資産形成」が新たに加えられたということは、今後はさらに社会全体としても「金融教育」が必要とされてきます。
これから必ず必要になってくる金融教育。我が子には学ばせたいが、投資と聞くと親自身もよくわからないという声を多く聞きます。キッズマネースクールは親子で一緒に勉強をし、今後の家族の未来のために「正しい投資への知識」を深めてもらいたいという想いから、親子それぞれの視点からわかりやすく学べるコンテンツを制作しました。
仕組みや大切さ、様々なリスクに直面したときの考え方などを「ゲーム形式」で体験し、「投資=会社を応援すること」「投資=ギャンブルではない」ということを、保護者と共に楽しく学び、小さなうちから金融知識や投資知識を身につけてほしい、との思いから、この度キッズマネースクールでは新コンテンツ「はじめての投資~あのお菓子が投資で誕生?!」を全国一斉にて開催する事といたしました。

※金融教育については、新しく改訂された「学習指導要領(全国どこの学校でも一定の水準が保てるよう、文部科学省が定めている教育課程の基準。教科書や時間割は、これを基に作られている)」で、家庭科教科の一部として記載されています。
詳細はこちら

2022年07月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧