和の色を子どもたちへ 「和カラ WA COLOR キッズプロジェクト」開始

和の色を子どもたちへ 「和カラ WA COLOR キッズプロジェクト」開始

和の色を子どもたちへ「和カラ WA COLOR」を使用したワークショップ

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社日本意匠商店(本社:東京都杉並区)は、和の色と新しい販売スタイルを提案する塗料「和カラ WA COLOR」を使用した、新しいワークショップの取組み「和カラキッズプロジェクト」をスタートいたします。
和カラ WA COLOR キッズプロジェクト
和カラ WA COLOR キッズプロジェクト
 このプロジェクト担当者でもある(株)日本意匠商店取締役の増田さんに話を伺いました。

― 塗料と子どもは、少し遠い感じがしますが、なぜこのプロジェクトを思いついたのでしょうか。プロジェクトへの想いをお聞かせください。

はい。私は以前、子どもに関わる仕事をしていました。今現在も、幼児教育や、未来の保育者養成、保育現場向けの研修にも少し関わっています。自分が現場にいたときから感じていたことなのですが、子どもの周りにある「色」は、すごく少ないなと感じています。原色やポップな色はあるのですが、あいまいな色であったり、淡い色が特に少ないなと。子どもたちは想像力が豊かなので、彼らが触れる色もまた、多様性があり、豊かであって欲しいと思い、まず環境を用意することを考えました。「原風景」を美しくしたいと。

―「環境」「原風景」という言葉がありますが、詳しくお聞かせください。

大学院では、環境が子どもに与える影響をテーマを研究しました。研究の中で、保育内容に自然環境との関わりを取り入れることによって、豊かな経験を担保するだけでなく、それが原風景となりESD教育(Education for Sustainable Development)につながることや、美術教育の重要性・レッジョエミリア教育を保育者が正しく理解し、美術館等の社会資源を積極的に保育内容に取り入れることで、保育の質を高めることを明らかにしました。
平たく言うと、「子どもに豊かな経験を保障しよう」「多様性のある楽しい体験を重ねることが、彼らの原風景となり、将来につながっていく」ということなのですが。
詳細はこちら

2022年07月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧