東京インターナショナルスクールグループ オリジナルフォニックス教材「Tap & Talk」シリーズを発行します

東京インターナショナルスクールグループ オリジナルフォニックス教材「Tap & Talk」シリーズを発行します

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社東京インターナショナルスクールグループ(本社:東京都目黒区、代表取締役:坪谷ニュウエル郁子)は、2022年4月にフォニックス教材「Tap & Talk」シリーズを発行します。
株式会社東京インターナショナルスクールグループは、英語を第二言語として学ぶ子ども向け探究型英語カリキュラムの開発・販売をはじめ、独自の英語カリキュラムで学ぶ幼児園・認可外保育施設・学童の運営などを行っています。

「Tap & Talk」は、グリッドマーク株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉田健治)のオトデルシリーズの新たなラインナップとして、2022年4月12日にグリッドマーク社公式ストア(https://gridmark.stores.jp/)にて販売を開始します。
Tap & Talk
<フォニックス教材「Tap & Talk」とは>

「Tap & Talk」は、フォニックスが学べる教材です。
探究型英語カリキュラムの教室を運営する東京インターナショナルスクールグループが経験に基づいた効果的な演習内容を盛り込み、より実践的な内容がご自宅で学べるテキストブックです。
「Tap & Talk」は、トーキングペンでタッチするだけでネイティブの発音を聴くことができ、お子さまと保護者の方とで一緒に楽しく、学習をすることが可能です。
詳細はこちら

2022年04月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ