プログラミング的思考力と想像力を育てるQbiの新シリーズが新発売

プログラミング的思考力と想像力を育てるQbiの新シリーズが新発売

2〜4歳頃対象の「Qbi Exploler Preschool」と、5歳頃からの子どもにおすすめの「Qbi Exploler Kids」

世界中の優れた知育玩具を取り扱うブランド「ENGAGING TOYS(エンゲージング・トイ)」から、遊びながらプログラミング的思考力と想像力を育てる「Qbi(キュービーアイ)」の新シリーズ「Qbi Exploler Preschool(プレスクール)」と「Qbi Exploler Kids(キッズ)」が新発売。
Qbi Exploler
Qbi Exploler
「Qbi」は、強力なマグネットが内蔵されたレールブロックを、自由に組み合わせて車を走らせるおもちゃ。子どもの創造力、論理的思考能力などあらゆる能力を育み、子どもの自由な発想を大切にしながら、親子や子どもたち同士でコミュニケーションが生まれるようにデザインされている。

新シリーズの「Qbi Exploler」は、クラウドファンディングで目標の7000%以上を超える支援を集めた、今年注目のSTEAMトイ。各取扱店舗で現在順次先行販売中となっており、オンラインショップでの販売開始は2022年2~3月を予定している。
※Qbi Exploler取扱店一覧(五十音順)
仙台三越(3Fアソビスキー)、千里阪急(5Fスマイルキッズ)、伊勢丹 立川店(7Fアソビスキー)、玉川高島屋(本館5Fおもちゃ売り場)、東武百貨店 池袋店(7Fアソビスキー)、南町田グランベリーパーク(1F博品館トイズ コンセプト)
Qbi Exploler
Qbi Exploler
2〜4歳頃対象の「Qbi Exploler Preschool」は、小さい子どもでも簡単に遊べる「フルーツカード」や、通るとカードが天井にくっつく「スーパー」などの特別パーツが魅力のシリーズ。車は手で後ろに引くと、前に走り出すプルバックカーを採用している。
Qbi Exploler Preschool BASIC(パーツ数/15個・車/1台・フルーツカード/5枚・チャレンジカード/1部(30枚))対象年齢/2〜4歳頃 14,850円(税込)、Qbi Exploler Preschool PLUS (パーツ数/24個・車/2台・フルーツカード/10枚・チャレンジカード/1部(40枚))対象年齢/2〜4歳頃 22,000円(税込)
Qbi Exploler Preschool BASIC(パーツ数/15個・車/1台・フルーツカード/5枚・チャレンジカード/1部(30枚))対象年齢/2〜4歳頃 14,850円(税込)、Qbi Exploler Preschool PLUS (パーツ数/24個・車/2台・フルーツカード/10枚・チャレンジカード/1部(40枚))対象年齢/2〜4歳頃 22,000円(税込)
付属のチャレンジカードには小さな子ども向けの遊び方がたくさん。チャレンジカードのミッションに挑戦することで、子どもの思考力をぐんぐん伸ばす。
Qbi Exploler Preschool
Qbi Exploler Preschool
一方の「Qbi Exploler Kids」は、5歳頃からの子どもにおすすめ。動きのあるコースが作れるブリッジパーツ、ジャンプコースを作れる坂道パーツ、組み立てやすいカラフルな軽量ブロックが魅力のQbiシリーズとなっている。
Qbi Exploler Kids BASIC(パーツ数/25個・車/1台・チャレンジカード/1部(30枚))対象年齢/5歳以上〜 13,750円(税込)、Qbi Exploler Kids PLUS(パーツ数/40個・車/2台・チャレンジカード/1部(40枚))対象年齢/5歳以上〜 22,000円(税込)
Qbi Exploler Kids BASIC(パーツ数/25個・車/1台・チャレンジカード/1部(30枚))対象年齢/5歳以上〜 13,750円(税込)、Qbi Exploler Kids PLUS(パーツ数/40個・車/2台・チャレンジカード/1部(40枚))対象年齢/5歳以上〜 22,000円(税込)
車は後輪に回転をかけて走らせるコントロールカーで、スピードを付けて坂道を上らせることも可能。チャレンジカードではミッションに楽しく取り組み、自然と立体の図形のセンスや論理的思考力を育むことができる。
Qbi Exploler Kids
遊びの中で子どものさまざまな力を養うQbiの新シリーズ。この機会にぜひ、おうち遊びのひとつとして取り入れてみては。

問い合わせ先/ジオジャパン
tel.03-5937-3650
https://www.geojapan.jp/

2021年12月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧