東京・お台場にチームラボボーダレスによる冬の景色が今年も登場

東京・お台場にチームラボボーダレスによる冬の景色が今年も登場

描いたサンタクロースが動き出す「お絵かきクリスマス」のほか、自分が描いた絵で制作する世界でひとつだけのオリジナルグッズも用意。

東京・お台場の「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(以下、チームラボボーダレス)」に、今の季節だけ見られる冬の景色が、11月17日(水)より順次登場。

境界なくつながっていく世界は1年を通して移ろい、クリスマスや、冬の季節とともに変化した作品が体験できる展示となっている。

11月17日(水)~12月31日(金)までのクリスマス期間は、「学ぶ!未来の遊園地」内に、来場者が描いた絵によってクリスマスの街ができていく「お絵かきクリスマス」が登場。
お絵かきクリスマス / Sketch Christmas teamLab, 2014-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab
お絵かきクリスマス / Sketch Christmas teamLab, 2014-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab
紙にクレヨンで描いたサンタクロースに命が吹き込まれ、ソリに乗ってやってくる様子を見ることができる。
お絵かきクリスマス
また、今年は「お絵かきクリスマス」で描いた絵を、「お絵かきファクトリー」に持っていくと、世界でひとつだけのオリジナルグッズにして持ち帰ることも。缶バッジ、タオル、Tシャツ等のグッズを用意している。
お絵かきクリスマス
お絵かきクリスマス
さらに、「呼応するランプの森」では、12月から1月にかけて、氷の洞窟の色彩を表現した「氷洞(アイスケイブ)」が、1月には真赤な炎の色彩を表現した「Flame」が登場。
呼応するランプの森 - ワンストローク、氷洞(アイスケイブ)  / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Ice Cave teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
呼応するランプの森 - ワンストローク、氷洞(アイスケイブ) / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Ice Cave teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
会場内のティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」では、お茶をテーマにした作品空間で、お茶に季節の花々が咲き続ける無限の世界を、そのまま飲んで楽しむこともできる。
小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
ここでしか体験できない「チームラボボーダレス」の冬の景色。今年のクリスマスはぜひ、家族で訪れてみては。


森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
teamLab Borderless: MORI Building DIGITAL ART MUSEUM
住所/東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
料金/大人(高校生以上)3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(中学生以下)1,000円
※3才以下は無料
※障がい者割引の対象は、障がい者手帳を持参の方本人と同伴者1名まで
※開館時間・休館日はシーズンによって異なる。詳しくは下記ウェブサイトを要確認
http://borderless.teamlab.art/jp

2021年11月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ