乗鞍 星と月のレストランがフレームレス透明ドームにリニューアル

乗鞍 星と月のレストランがフレームレス透明ドームにリニューアル

中部山岳国立公園内の自然と一体となり、月灯りや星灯りを浴びながら、五感を刺激するプレミアムディナーを楽しむことが可能。さらに、ブックカフェやネイチャーヨガ、ムーンライトメディテーションなどの開催も予定

「信州未来づくりカンパニー」が、「松本市アルプス山岳郷」と連携して実施している「乗鞍 星と月のレストラン」をリニューアル。

これまでレストランスペースとして使用していたグランピングテントを、世界初のフレームレス透明ドーム“AURA DOME”に一新。360度のパノラマ展望で、これまで以上に自然を堪能しながら食事を楽しめるディナープログラムとしてゲストを迎える。
乗鞍 星と月のレストラン
今回リニューアルしたレストランでは、中部山岳国立公園内の自然と一体となり、月灯りや星灯りを浴びながら、虫の声や木々のざわめきに耳を傾けたりと、五感を刺激するプレミアムディナーを楽しむことが可能。

地元の山菜や山の恵み、信州プレミアム牛など信州産にこだわったメニューとドリンクを、自然とともに暮らしてきた地元コンシェルジュの温かみあふれる接客とともに心ゆくまで堪能できる。
乗鞍 星と月のレストラン
また、会場内の光や調理器具に必要な電力は全て電気自動車(EV)を活用することで賄い、電気のない大自然にいながら、快適かつラグジュアリーな空間を提供。

時間とともに移ろう自然の景色は、日常の疲れを癒し、自然への畏敬の念を思い起こす、都会では味わえないエコなグランピングディナー体験となる。
乗鞍 星と月のレストラン
さらに、レストランスペースは”Norikura NATURE DOME”として、星と月のレストラン以外でもさまざまなイベントで活用。

雨の日でもゆっくり楽しめるブックカフェや朝・夜のアクティビティ(ヨガ・メディテーション・ガイドウォークなど)の拠点となり、参加者はアクティビティ後の疲れた体と心を落ち着かせる、癒しの空間としても楽しめる。
※ブックカフェは9~10月で期間限定の営業、アクティビティへの参加は事前予約となる。詳細はHPにて随時お知らせ。
乗鞍 星と月のレストラン
結婚記念日や誕生日など、特別な記念日のプレゼントとしても好評のプログラム。リニューアルしたこの機会に、ぜひ家族で体験してみては。
乗鞍 星と月のレストラン
開催期間/10月31日(日)まで
※事前予約。予約は開催日の4日前まで。
開催場所/一の瀬園地 座望庵付近
参加料金(税込)/
・アルコール、ソフトドリンク飲み放題プラン 1名 25,000円
・ソフトドリンク飲み放題プラン(ソフトドリンク飲み放題、またはアルコール1杯付)1名 22,000円
※上記金額にはチャージ代・信州プレミアム牛すき焼きディナー・ドリンク代・コンシェルジュサービス料・保険代を含む。
※このプログラムは原則乗鞍高原宿泊施設を利用の方限定。白骨温泉宿泊または日帰りの方は、予約時に個別に要相談。なお、宿泊については自身で手配が必要。
予約/下記URLより
http://shinshu.miraidukuri.jp/program/alpsev/index.html

問い合わせ先/信州未来づくりカンパニー
tel.0263-94-2323
info@shinshu.miraidukuri.jp

2021年09月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧