はやぶさの日に宇宙の不思議に触れる特別オンライン授業が開催

はやぶさの日に宇宙の不思議に触れる特別オンライン授業が開催

国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の元実験運用管制官 佐藤涼子氏を講師に迎えた、生中継の特別オンライン授業を実施。自身の経験に基づく「宇宙飛行士」についての話や、現在国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士の様子を紹介するほか、子どもたちからの宇宙に関する質問にも回答

子ども向け「教育×オンライン」の分野で日本最大級のプラットフォームである「キッズウィークエンド」を運営する「キッズシーズ」が、未就学児から小学生の子どもたちを対象とした「夏のオンラインこどもフェス」を2カ月にわたり開催。

今回で5回目となるこのフェスは、過去4回あわせてのべ約16,500名を集客。入場は原則無料(一部有料)となっており、第1弾「梅雨を楽しもう!」は6月12日(土)、13日(日)に、第2弾「自由研究を楽しもう!」は7月17日(土)、18日(日)の2部制、計4日間で開催予定となっている。
夏のオンラインこどもフェス
「はやぶさの日」でもある、第1部「梅雨を楽しもう!」の開催2日目には、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の元実験運用管制官 佐藤涼子氏を講師に迎えた、特別オンライン授業「『2021年宇宙の旅』宇宙飛行士さんってどんな人??」を、山形県鶴岡市の鶴岡スペースステーションから生中継で実施。

10年前の6月13日、小惑星イトカワのサンプルを採取した探査機「はやぶさ」が帰還したことから制定されたこの特別な日に、佐藤氏の経験に基づく「宇宙飛行士」のお仕事についての授業が受けられる。

また、現在、国際宇宙ステーションに滞在中の星出彰彦宇宙飛行士が、現地で何をしているのか、どのような人なのかについても紹介。そのほか子どもたちからの宇宙に関するさまざまな質問にも答えてくれる予定だ。
夏のオンラインこどもフェス
まだまだ分かっていないことが多く、少し遠い謎の存在に感じる「宇宙」。その不思議さや楽しさに想いを馳せ、楽しい学びの時間をすごすことができるフェスを、この機会にぜひチェックしてみては。


「夏のオンラインこどもフェス」第1弾:「梅雨を楽しもう!」
開催日時/6月12日(土)、13日(日) 9:30~18:30
参加費/原則無料(一部有料の授業あり)
対象/4歳~大人(推奨:小学校中学年)※授業によって異なる
開催方法/オンライン会議システムZoomもしくはYouTubeを利用して開催
申込/「キッズウィークエンド」に会員登録(無料)後、申込可能
特設HP/https://fes.kidsweekend.jp/june_fes_2021/ 
※随時更新予定
※開催予定イベント詳細は特設HPを参照
info@kidsweekend.jp

2021年06月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ