ドコモが子ども対象の日本最大級の創作絵画コンクールを開催

ドコモが子ども対象の日本最大級の創作絵画コンクールを開催

「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマに、子どもたちが将来「こうなってほしい」と思うこと、「こうしたい」と想像する未来の世界や希望を、自由な発想で描いた作品を募集

「NTTドコモ(以下、ドコモ)」が、全国の子どもたち(3歳以上中学生以下)を対象にした、日本最大級の創作絵画コンクール「第20回ドコモ未来ミュージアム」の創作絵画作品を、6月1日(火)~9月10日(金)まで募集している。

「ドコモ未来ミュージアム」は、未来をつくる子どもたちの夢を応援するため、「ドコモ」が2002年から毎年開催している創作絵画コンクール。

「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマに、子どもたちが将来「こうなってほしい」と思うこと、「こうしたい」と想像する未来の世界や希望を自由な発想で描く。
第20回ドコモ未来ミュージアム
昨年の応募数は81,453作品で、これまでの応募総数が175万点を超え、子どもたちの夢とともにコンクールも成長してきた。

“未来を描く”ことが、子どもたちの創造力や思考力を伸ばすことにもつながり、「ドコモ未来ミュージアム」はひとつの学び場としても浸透。回を重ねるごとに「未来」の表現も多様化し、特に昨年度はコロナ禍で変化した生活の中から着想を得た作品も多く描かれた。

今年も昨年に引き続き、最優秀作品には文部科学大臣賞が贈られるほか、各都道府県から1団体が選ばれる学校賞も用意。さらに、応募者全員に素敵なプレゼントの用意もあり、詳細は「ドコモ未来ミュージアム」ホームページにて近日公開予定となっている。

また、「ドコモ未来ミュージアム」ではデジタル絵画作品の応募も積極的に受け付けており、ホームページ内からスムーズにコンクールへの応募が可能。

タブレットやパソコン、スマートフォンを使えば、子どもたちの自由な発想を、思いついたそのときにいつでもどこでも、簡単かつ直感的に表現することができ、手や服が汚れる心配もなく、普段自宅にはない、さまざまな画材を画面上で使用することで表現の幅も広がる。

まだまだ自宅で過ごす時間が長い今。子どもたちが“未来を描く”コンクールをぜひチェックしてみては。
問い合わせ先/ドコモ未来ミュージアム事務局
tel.フリーダイヤル 0120-353-648(土日祝日を除く10:00~18:00 ※携帯電話からも利用可)
mirai-question-ml@nttdocomo.com
http://www.docomo-mirai.com/

2021年06月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ