ソニーの小学生向けオンライン型デザインプロジェクトが参加者を募集中

ソニーの小学生向けオンライン型デザインプロジェクトが参加者を募集中

「ソニーデザインコンサルティング」が、実際のデザインの現場で使われている手法をプログラムにも展開。「お茶を世界に向けて発信する」をテーマに、親子でいっしょに身近なお茶について学びながら、個性あふれるパッケージのデザインに取り組むプログラム

「ソニー・グローバルエデュケーション」、「ソニー銀行」、「ソニーデザインコンサルティング」が、小学生を対象に、子どもたちの創造性を実際の社会の中で発揮できる機会を提供するオンラインプログラム「Kids “Power” Project(キッズパワープロジェクト)」の参加者を募集中。応募締め切りは、4月11日(日)23:59までとなっている。

「Kids “Power” Project」は、社会で「挑戦」している人からリアルな学びを得ながら、自身でもアイデアを形作り発表することで学びを得るオンラインでのプロジェクト型学習(Project Based Learning)のプログラム。

アート、デザイン、テクノロジー、アントレプレナーシップなどの領域を行き来しながら、主体的、協同的に学びを進める、新しい学びの取り組みとなる。
Kids “Power” Project
第一弾となる今回は、「ソニー銀行」が提供する投資型クラウドファンディング事業の「Sony Bank GATE」、さらにその中で挑戦企業として茶産地再生プロジェクト応援ファンドに取り組む「カクニ茶藤」とともに、学びのプロジェクトを運営。

今回のプロジェクトでは、「ソニーデザインコンサルティング」が、実際のデザインの現場で使われている手法をプログラムにも展開。「お茶を世界に向けて発信する」をテーマに、親子でいっしょに身近なお茶について学びながら、個性あふれるパッケージのデザインに取り組む。

企業とのデザインを通じた学びへ、この機会にぜひ親子で参加してみては。

Kids “Power” Project
日時/
第1回 5月15日(土)13:30~16:30
第2回 5月22日(土)13:30~16:30 
第3回 5月29日(土)時間未定(13:30~16:30内の1時間を予定)
場所/オンライン
※参加条件:インターネット接続可能なPCまたはタブレットを用意
対象/2021年度の新小学3年生から6年生までの児童と保護者(定員:10組20名)
参加費/無料
注意事項/
・申し込みは、3回のワークショップ全て参加できる方に限る
・参加規約の内容を確認のうえ、同意可能な場合にのみ申込可
・教材以外の材料、道具などは家庭での用意が必要
※参加者へ、用意するものを記載したプログラムの案内送付あり
応募方法/下記「Kids “Power” Project イベントページ」より応募
https://www.sonyged.com/ja/2021/03/24/events-ja/kids-power-project-1/
※締切/4月11日(日)23:59まで
(応募者多数の場合、抽選を行い結果を4月14日(水)に連絡)

問い合わせ先/ソニー・グローバルエデュケーション Kids Power Project担当
kids-power-project@sonyged.com

2021年03月28日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧