教育業界のプロ4名が集結したオンライントークイベントが開催

教育業界のプロ4名が集結したオンライントークイベントが開催

先の見えない未来を生きる子どもとその保護者に伝える「これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと」

「ゲムトレ」代表の小幡和輝氏が、教育業界で活躍する3名のプロフェッショナルを招き、これからの時代を生きる子どもたちと保護者を対象にしたオンライントークイベントを、3月14日(日)に開催。

小幡氏は、#不登校は不幸じゃない の発起人として、不登校に悩む子どもたちの支援を続けると同時に、ゲームのオンライン家庭教師「ゲムトレ」を起業。ゲームを通じて脳を鍛えたり、コミュニケーション能力を高めたりすることができる教育プログラムを提供している。

今回、小幡の呼びかけに賛同し、この度イベントに参加することが決まったのは、花まる学習会代表 高濱正伸氏と教育YouTuber 葉一氏、そして脳科学者の茂木健一郎氏。

高濱氏は、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「花まる学習会」を設立し、会員数は20000人以上。「AERA with Kids2020年秋号」では、特別編集長を務めるなど、教育界で絶大なる信頼を得ている。

葉一氏は、YouTubeにおいて、小学3年生から高校生に向け授業動画や、学生の悩み相談にこたえる動画を配信。新型コロナによる休校などで、葉一氏の投稿する授業動画は世代を超えて話題となり、再生回数は3億回を超え、2020年11月にはMBS「情熱大陸」にて取り上げられた。

3人目の茂木氏は、小幡氏と2017年の対談から繋がりがあり、2018年に発行された小幡氏の著書「学校は行かなくてもいい: 親子で読みたい「正しい不登校のやり方」では、帯にコメントを寄せている。
これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと
今回開催されるイベントでのトークテーマは、「これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと」。この度の新型コロナウィルスの影響で、より「先のことがよく分からない世の中」と考え悲観しているかもしれないが、時代の変化はチャンスにもつながる。

これまでの常識が通用しない世の中になっていくからこそ、新学期に向け教育のプロがいま何を考え、子どもたちに何を学んで欲しいのかを伝える。

イベントはYouTubeのライブ配信にて視聴可能で、事前申し込みはすでに400名を超えている。

教育業界のプロたちがこれからの学びについて語るイベントを、ぜひチェックしてみては。
オンライントークイベント「これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと」
日時/3月14日(日)14:00~17:00
費用/無料
申し込み方法/Peatixより
https://online-obata1.peatix.com/view

2021年03月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧