J-WAVEの音声配信サービス子ども向けコンテンツ第4作目「さるかに合戦」が配信中

J-WAVEの音声配信サービス子ども向けコンテンツ第4作目「さるかに合戦」が配信中

コロナ渦で子どもたちが動画サイトやゲームに目を奪われる時間が増える中、音声で子どもたちの想像力を養う音声コンテンツ

「J-WAVE(81.3FM)」のインターネットオーディオ事業「JAVE」による、デジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」にて、「おえかきむかしばなし」の第4作目「さるかに合戦」が配信中。
おえかきむかしばなし
昨年の夏休み企画「そうぞうぱれっと」に続き、新たな子ども向け音声コンテンツとして、「J-WAVE」ナビゲーターのジョン・カビラ氏が発案、配信スタートした「おえかきむかしばなし」。

おなじみの昔話や童話をオリジナルアレンジして制作され、第4弾は、J-WAVE人気ナビゲーターのクリス智子氏が朗読を担当する。他にもジョン・カビラ氏が朗読する「ももたろう」「わらしべちょうじゃ」「こぶとりじいさん」も現在配信中だ。

現在コロナ渦で、子どもたちが動画サイトやゲームなど映像コンテンツに目を奪われる時間が増える傾向にある中、「SPINEAR」では時には角度を変え、音声コンテンツで子どもたちの想像力を養う時間をもってほしいと、おうち時間の楽しみ方のひとつとして提案する。

「SPINEAR」の公式WEBサイトやSNSでは、読み聞かせを聞いて子どもたちがイメージした絵も募集中。集まった作品は映像で繋ぎ合わせ、「読み聞かせ動画」として「J-WAVE Official YouTubeチャンネル」にアップロード予定で、子どもたちみんなが挿絵作家になれる企画となっている。

読み聞かせで「子どもたちの想像力を養う時間」を提案する音声コンテンツを、この機会にぜひチェックしてみては。

問い合わせ先/SPINEAR
https://spinear.com/contact/
https://spinear.com/shows/oekaki-mukashibanashi/

2021年01月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ