J-WAVEの音声配信サービス子ども向けコンテンツ第4作目「さるかに合戦」が配信中

J-WAVEの音声配信サービス子ども向けコンテンツ第4作目「さるかに合戦」が配信中

コロナ渦で子どもたちが動画サイトやゲームに目を奪われる時間が増える中、音声で子どもたちの想像力を養う音声コンテンツ

「J-WAVE(81.3FM)」のインターネットオーディオ事業「JAVE」による、デジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」にて、「おえかきむかしばなし」の第4作目「さるかに合戦」が配信中。
おえかきむかしばなし
昨年の夏休み企画「そうぞうぱれっと」に続き、新たな子ども向け音声コンテンツとして、「J-WAVE」ナビゲーターのジョン・カビラ氏が発案、配信スタートした「おえかきむかしばなし」。

おなじみの昔話や童話をオリジナルアレンジして制作され、第4弾は、J-WAVE人気ナビゲーターのクリス智子氏が朗読を担当する。他にもジョン・カビラ氏が朗読する「ももたろう」「わらしべちょうじゃ」「こぶとりじいさん」も現在配信中だ。

現在コロナ渦で、子どもたちが動画サイトやゲームなど映像コンテンツに目を奪われる時間が増える傾向にある中、「SPINEAR」では時には角度を変え、音声コンテンツで子どもたちの想像力を養う時間をもってほしいと、おうち時間の楽しみ方のひとつとして提案する。

「SPINEAR」の公式WEBサイトやSNSでは、読み聞かせを聞いて子どもたちがイメージした絵も募集中。集まった作品は映像で繋ぎ合わせ、「読み聞かせ動画」として「J-WAVE Official YouTubeチャンネル」にアップロード予定で、子どもたちみんなが挿絵作家になれる企画となっている。

読み聞かせで「子どもたちの想像力を養う時間」を提案する音声コンテンツを、この機会にぜひチェックしてみては。

問い合わせ先/SPINEAR
https://spinear.com/contact/
https://spinear.com/shows/oekaki-mukashibanashi/

2021年01月21日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ