LUSHがダイバーシティ&インクルージョンの観点から商品名を変更

LUSHがダイバーシティ&インクルージョンの観点から商品名を変更

販売中の全商品名をダイバーシティ&インクルージョンの視点において見直し、新名称の検討と決定までを実施

英国発のナチュラルコスメブランド「LUSH(以下、ラッシュ)」が、一部商品名の変更を行い、順次店頭にて新名称での販売を開始。

商品名及び商品に関連する記述に、ダイバーシティ&インクルージョンの観点で十分に配慮されているか全商品を見直し。誰にとっても手に取りやすく、心地よく使えることを目指し、全商品の名称を再検討した結果、一部の商品名称の変更に至った。
ラッシュ
性別や人種、年齢、多様なライフスタイルなどへの配慮が十分にされているかという視点に重点を置き、誰もがより楽しんで心地よく商品を使えるよう、全ての商品名をレビュー。

社内の多種多様な職種・社歴・居住地のスタッフによるプロジェクトチームを立ち上げ、販売中の全商品名をダイバーシティ&インクルージョンの視点において見直し、新名称の検討と決定までを実施した。

「ラッシュ」は、「All are welcome, Always」を信念に掲げ、LGBTQ+や難民をはじめ、誰もが平等に自分らしく暮らせる社会を目指し、さまざまな取り組みを世界中で展開してきたが、世界中でムーブメントとなっているBlack Lives Matter(BLM)の問題に真剣に向き合った際に、社内にも無意識のうちに構造的差別が存在していることに気づかされたという。

真の意味で「All are welcome, Always」を体現する、ダイバーシティ&インクルージョンを反映させた社内の仕組み作り、職場環境の構築、コミュニケーションの見直しが必要であると考え、実行に移している。

誰もが楽しんで心地よく使えることを目指して名称変更された「ラッシュ」の商品を、ぜひチェックしてみては。
問い合わせ先/ラッシュジャパン
support@lush.co.jp
https://jn.lush.com/

2020年11月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧