出産祝いのプレゼントへのお返しをするとき。内祝いのマナーとは

出産祝いのプレゼントへのお返しをするとき。内祝いのマナーとは

家族や友達に実際に贈ったお返しについて

出産のプレゼントへのお返しに内祝いを贈ろうと考えるママのなかには、マナーやどのようなものがお返しとして喜ばれるのかなど気になる方もいるかもしれません。今回は、のしの選び方や相場などお返しを贈るときのマナーの他に、親や友達、上司に実際に贈った内祝いの内容について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

出産のプレゼントのお返しについて

出産のお祝いで、親や親戚、友達などからプレゼントをいただくこともあるのではないでしょうか。

出産のプレゼントのお返しとして内祝いを贈ろうと考えるママのなかには、のしの選び方や相場などのマナーやどのようなものを選べばよいのかなど気になる方もいるかもしれません。

そこで今回は、出産のプレゼントのお返しについてお伝えします。

お返しに内祝いを贈るときのマナーとは

御礼状メッセージカード
sevenke/Shutterstock.com

出産のお祝いのお返しに、内祝いを贈るときのマナーとして気をつけたことをママたちに聞いてみました。

出産の内祝いを贈る時期

30代ママ
出産のプレゼントへのお返しは、生後1カ月頃に贈りました。母からお宮参りをする頃にお返しができるように準備をしておくとよいとアドバイスをもらっていたので、早めに準備を始められてよかったです。
出産のプレゼントをいただいたときのお返しは、生後1カ月頃を目安に贈るとよいかもしれません。

ママのなかからは、出産して時間が経ってからプレゼントをいただいた場合も、1カ月以内に贈るように心がけたという声も聞かれました。

のしの選び方

40代ママ
紅白の蝶結びの水引に表書きを「内祝」としたのしをつけて、出産のプレゼントのお返しをしています。のし下には、生まれた赤ちゃんの下の名前を書いて贈りました。
出産のプレゼントへのお返しとして内祝いを贈るときは、紅白の蝶結びの水引がついたのしをつけるとよさそうです。表書きは「内祝」の他に「出産内祝」としたというママの声もありました。

のしや水引には種類によってさまざまな意味が含まれているので、内祝いのマナーに沿ったものをつけられると、相手に気持ちよく受け取ってもらえそうです。

出産内祝いの相場

30代ママ
娘の出産のプレゼントに5000円ほどしそうなおくるみをいただいたので、2500円くらいのお菓子の詰めあわせをお返ししました。内祝いは、いただいたプレゼントの半返しを意識して選ぶようにしています。
内祝いを選ぶときは半返しを意識して、安すぎたり高すぎたりしないように気をつけたというママの声がありました。

親や親戚などからは、出産や子育ての費用が必要になるだろうという気持ちから高額のお礼をいただくこともあるかもしれません。

そのような場合は、気持ちを有難く受け取り感謝の気持ちを伝え、半返しまではいかなくとも相手が喜びそうなものを選んでお返ししたという声も聞かれました。

【相手別】喜ばれた出産内祝いのお返しは?

出産内祝いのお返し
Yellowj/Shutterstock.com

実際に、喜ばれた内祝いのお返しを贈った相手別にご紹介します。

親や親戚

40代ママ
親や親戚から出産祝いとして現金をいただき、お返しをどうしようか悩みましたが生まれた赤ちゃんの写真と名前入りのお米を贈りました。赤ちゃんを連れて会いにいくことが大変な遠方に住む親戚には、赤ちゃんの顔写真が入っていたので喜んでもらえたと思います。
赤ちゃんの出産を心待ちにしてくれていた親や親戚には、赤ちゃんの写真や名前の入ったお返しを選ぶと喜んでもらえるかもしれません。

親族の場合は、お返しはいらないと言われることもあるようですが、ママのなかからは感謝の気持ちを形にして伝えたかったので、しっかりとお返しをしたという声も聞かれました。

友達

30代ママ
友達から出産のプレゼントにベビー服をいただき、パスタソースやドレッシングなどの詰めあわせをお返ししました。料理が趣味の友達なので、とても喜んでくれて嬉しかったです。
友達へのお返しに、相手の趣味や嗜好、家族構成などにあわせたものを選んで贈ったというママの声もありました。

子どもがいる友達の場合で食べ物や飲み物を贈るときは、子どもの年齢を意識していっしょに食べたり飲んだりできるものを選ぶとよさそうです。

複数の友達からグループで1つのプレゼントをいただいたときは、タオルやお菓子などのかわいいプチギフトをそれぞれにお返ししたというママの声もありました。

上司

40代ママ
職場の上司へのお返しに、カタログギフトを贈りました。上司の好みがわからなかったので、何をお返しに選べばよいのか悩んみましたが、相手が本当に欲しいと思ったものを選んでもらえるのでカタログギフトにしてよかったと思います。
カタログギフトは相手に好きなものを選んでもらえるので、上司など何を贈ればよいのか悩む方へのお返しにするのもよいかもしれません。

グッズや食品、体験型のものなどさまざまな種類のカタログギフトがあるようなので、値段と内容を検討して選ぶとよさそうです。

出産の内祝いを贈るときに意識したこと

ママたちに、出産の内祝いを贈るときに意識したことを聞いてみました。

贈る相手にあわせて選ぶ

30代ママ
出産のプレゼントのお返しは、すべての方に同じものを贈るのではなく相手ごとに喜んでもらえそうなものを考えて選ぶようにしました。一人ひとりにお礼の気持ちが伝わったと思います。
お返しをする相手に何を贈れば喜んでもらえるのかを考えて、内祝いを選ぶように心がけたというママの声がありました。

相手の趣味や家族がいるかどうか、どのような関係なのかによっても喜ばれるものが違うこともあるかもしれないので、それぞれの相手にあったものを考えてお返しを選べるとよさそうです。

郵送の場合は御礼状を添える

30代ママ
プレゼントのお返しで出産の内祝いを郵送するときは、御礼状を添えるようにしています。御礼状には、出産祝いのプレゼントをいただいたことへの感謝の気持ちと赤ちゃんの名前、性別や誕生日などを記載しました。
郵送でお返しをするときは、感謝の気持ちを込めた御礼状を添えると相手に気持ちよく受け取ってもらえそうです。

御礼状を書くときは、いただいたから返すというように感じられることもあるため、「お返し」という言葉は使わないように気をつけたというママの声も聞かれました。

お礼の気持ちが伝わるお返しを贈ろう

出産後の様子
szefei/Shutterstock.com
出産のプレゼントへのお返しをするときは、生後1カ月頃を目安に贈ることや内祝いにあったのしをつけることの他、いただいたプレゼントの相場の半返しを意識するなどのマナーがあるようです。

家族や友達、上司など相手によって喜んでもらえそうなお返しを選んだり、郵送の場合は御礼状を添えるなどの心づかいをすることも大切かもしれません。

出産を喜んでくれた相手に、お礼の気持ちが伝わるお返しを贈れるとよいですね。

2020年01月05日

出産祝いの関連記事

カテゴリ一覧