00:00
00:00

ご飯がすすむ!たっぷり豆もやしのプルコギ風

作り置き 作り置き(常備菜)レシピ

甘辛い味つけでご飯が進む、たっぷり豆もやしのプルコギ風のレシピをご紹介します。たくさんの野菜をお肉といっしょに味わうことができ、にんじんの赤と小ねぎの緑で彩りもばっちりです。たくさん作り置きしておけば、忙しいときでもあたためるだけですぐに食卓にだすことができるので便利かもしれません。

材料(4食分)

  • にんじん 1/4個
  • 小ねぎ 8本
  • 牛切り落とし肉 150g
  • 豆もやし 200g
  • しょうゆ 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • 大さじ2
  • おろしにんにく 小さじ1
  • ごま油 大さじ1

作り方

  1. にんじんの皮を剥き、細切りにする。
  2. 小ねぎの根を切り落とし、4cmの長さに切る。
  3. ボウルに牛切り落とし肉、豆もやし、1、2、しょうゆ、砂糖、酒、おろしにんにくを入れ、全体をよく混ぜ合わせる。
  4. フライパンにごま油をひき、3を入れて中火で炒める。
  5. 肉に火が通ったら完成。

コツ・ポイント

子どもの分を先に取り分けておき、大人の分は仕上げにコチュジャンやラー油を入れるとピリ辛でおいしくなりそうです。

ご飯に乗せて丼ものにしたり、うどんを入れて焼うどん風にしたりして主食にアレンジしてもよいでしょう。小ねぎの代わりににらやにんにくの芽を入れるとスタミナメニューになりそうですね。

2020年04月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

作り置きのレシピ動画

作り置きの関連記事

カテゴリ一覧