00:00
00:00

おうちでお花見気分!桜と鯛の手まりずし

イベント・行事食 イベント・行事食に作るレシピ

お花見にぴったりな桜と鯛の手まりずしを親子で作ってみませんか?火や包丁を使わずに作ることができるので、子どもとクッキングを楽しむのにぴったりなレシピかもしれません。華やかな見た目でホームパーティーなどのおもてなしにも活躍しそうな、桜と鯛の手まりずしのレシピをご紹介します。

桜と鯛の手まりずしを子どもといっしょに作ろう

春の訪れを告げる桜と、2月から4月にかけて旬を迎える鯛を使った、春をたっぷり感じることができる一品です。ごはんに調味料などを混ぜてラップで絞るだけの簡単レシピなので、子どもといっしょに楽しく作ることができそうですね。

春らしい華やかな手まり寿司を作って、おうちでお花見気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

材料(4食分)

  • 桜の塩漬け 適量
  • ごはん 2合
  • 砂糖 大さじ1
  • 小さじ1/2
  • 大さじ3
  • 白いりごま 小さじ1
  • 桜でんぶ 15g
  • 鯛の切り身 75g

作り方

1.桜の塩漬けを水に漬けて塩抜きする。
桜 塩抜き
2.ボウルにごはん、砂糖、塩、酢を入れてよく混ぜ合わせてすし飯を作り、半分に分ける。
ごはん 混ぜる
3.半分に分けたものをさらに2等分してそれぞれ別の器にとっておく。
1/4にする
4.ボウルに残っている半量のごはんに白いりごまを加え、よく混ぜ合わせる。
ごはん 混ぜる
5.2でとっておいた片方のごはんに桜でんぶを加え、よく混ぜ合わせる。
桜でんぶ
6.まな板にラップをひき鯛の切り身をのせて、いりごま入りのすし飯を乗せる。
鯛
7.5をラップで包みながら丸く絞るように握る。同様に、塩抜きした桜、すし飯、桜でんぶ入りのすし飯の順にラップに乗せ、丸く絞ると完成。
握る

コツ・ポイント

小さい子どもといっしょに食べるときは、鯛を加熱し、ご飯の味が薄味になるよう調整するとよいでしょう。

できあがった手まりずしを桜の葉やしその上に乗せると、見た目がぐっと華やかになりそうです。たまごやきゅうり、サーモンやえびなど、お好みの具材でさまざまなアレンジも楽しむことができそうですね。

2020年03月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベント・行事食のレシピ動画

イベント・行事食の関連記事

カテゴリ一覧