妊娠中に着る喪服。用意の仕方やレンタルサービスの選び方

妊娠中に着る喪服。用意の仕方やレンタルサービスの選び方

妊娠中に喪服を着るときに意識したこと

お葬式などで妊娠中に喪服を着るとき、喪服が入らず代わりの服でもよいのかや、レンタルサービスはあるのかなど気になる方もいるかもしれません。今回は、妊娠中で喪服が入らないときの対応と、レンタルサービスを利用するときのポイントの他に、靴など妊娠中に喪服を着るときに意識したことについてご紹介します。

妊娠中に喪服が必要なとき

お葬式や法事などがあり、妊娠中に喪服を着ることになった方もいるのではないでしょうか。妊娠中に喪服が必要になったときのことについてママたちに話を聞いてみました。

30代ママ
親戚の方のお葬式に参列するために喪服を着てみたら、妊娠中のためお腹がきつく感じました。お葬式まで時間がないので、どのようにしたらよいのか焦ります。
40代ママ
祖母の法事のためにマタニティ用の喪服のレンタルサービスを利用しようと考えました。インターネットで調べるとさまざまなレンタルショップがあったので、どのようなことをポイントに選んだらよいのか知りたいです。
妊娠中の方たちに話を聞くと、持っている喪服が入らずどのようにしたらよいのかや、マタニティ用の喪服のレンタルサービスを利用するときのポイントなどが気になる方がいるようです。

そこで今回は、妊娠中の喪服についてママたちの体験談を交えてお伝えします。

妊娠中で喪服が入らないときの対応

お腹を抑える妊婦
TierneyMJ/Shutterstock.com

妊娠中に喪服を着ることになったとき、お腹が大きく持っている喪服が入らないということもあるのではないでしょうか。持っている喪服が体型にあわないときはどのようにしたらよいのでしょう。

購入する

30代ママ
妊娠8カ月目の頃に祖父の葬儀に出席するために喪服が必要になりました。赤ちゃんが生まれてからも使えるような授乳口つきタイプの喪服を購入しました。
出産後も使えるような喪服を購入したママがいるようです。ママのなかには、妊娠中に上の子の入園式が控えていたため、入園式にも着られるようなブラックフォーマルウェアを購入したという声もありました。

喪服代わりの服を着る

30代ママ
法事のために喪服を用意しようか悩み母に相談したところ、黒っぽい服装をすればよいと言われました。持っているマタニティ服のなかからシンプルな黒いワンピースを喪服代わりに着ました。
持っているマタニティ服を喪服の代わりにすることもあるようです。喪服の代わりにする服は、光沢や装飾のないシンプルなデザインのものを選ぶとよいかもしれません。

レンタルサービスを利用する

20代ママ
妊娠中に喪服を着る機会はあまりないと思ったのでレンタルサービスを利用しました。インターネットで手軽に注文できました。
妊娠中に喪服を着る頻度を考えて、レンタルサービスを利用するのもよいかもしれません。ママのなかには、マタニティ用の喪服を持っている友人に借りたという声もありました。

レンタルサービスで用意するときのポイント

妊娠中に着る喪服のレンタルサービスを利用するときはどのようなことを考えて選んだらよいのでしょう。喪服のレンタルサービスを利用した経験のあるママたちに、選ぶときのポイントを聞いてみました。

喪服のサイズ

40代ママ
インターネットのレンタルサービスを利用したのですが、注文するときはサイズを確認しました。どのサイズを選んだらよいのかわからなかったので、インターネットに掲載されている計測方法でウエストやヒップなど実際に計測し、自分にあったサイズの喪服を選びました。
妊娠中は体のサイズが変わるため、喪服を選ぶときにどのサイズを選んだらよいのか迷うこともあるかもしれません。試着ができない場合は、体のサイズを計測して選ぶのもポイントのひとつのようです。

レンタル内容

30代ママ
私は喪服だけでなくバッグやアクセサリもいっしょにレンタルしたいと思ったので、セットになっている商品を選びました。レンタルショップによって、小物はオプションになってい場合もあったので注文前にきちんと確認しました。
注文する商品がどのような内容なのか確認するのも大切なようです。バッグや靴など持っているものを使う場合は、単品でのレンタルなのかをきちんと確認するとよいかもしれません。

レンタル期間や配達日

20代ママ
急な不幸だったのでなるべく早く届くレンタルショップを探しました。注文する前にショップへ電話をして相談したところ、注文した翌日届くように手配してくれたので助かりました。
急な訃報の場合、喪服を用意する期間が短いのでレンタルサービスを申し込む前に、いつ届くか確認をするとよいかもしれません。お店によってレンタル期間もさまざまなようなので、確認しておくとよさそうです。

妊娠中に喪服を着るときに意識したこと

靴を履く女性
metamorworks/Shutterstock.com

妊娠中のママが喪服を着る場合はどのようなことを意識したらよいのでしょう。

体を冷やさないようにする

30代ママ
夏の葬儀だったのですが、室内はエアコンがきいていると思ったのでカーディガンを持参し寒いと感じたら羽織るようにしていました。スカートだと足元も冷えるのでストッキングではなくタイツを履いて正解でした。
妊娠中は体を冷やさないように羽織物を持参したり、ストッキングの代わりにタイツを履いたりしたようです。ママのなかからは、インナーで調節したという声も聞かれました。

安定感のある靴を履く

20代ママ
妊娠中に万が一転んだらいけないので、喪服を着るときも靴はヒールのないフラットシューズを履きました。お葬式にふさわしいように飾りのないシンプルな靴を選びました。
妊娠中は、歩きやすさを重視したヒールの低い靴を選ぶとよいようです。伸縮性のある素材の靴やストラップで調節できる靴など履きやすいものを選ぶとよいかもしれません。

妊娠中の体型にあった喪服を選ぼう

喪服を着て手を合わす女性
karins/Shutterstock.com

妊娠中のママのなかには、持っている喪服が入らないこともあるようですが、喪服が入らないときはレンタルサービスを利用したり、代わりのものを用意したりしている方がいるようです。レンタルサービスを利用するときは、サイズやレンタル期間などを確認して注文するとよいかもしれません。

妊娠中は、体を冷やさないような工夫や安定感のある靴を用意するなど自分の体を大切にしつつ、場にふさわしい服装ができるとよいですね。

2020年03月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ