妊婦さんの靴選び。選ぶときのポイントやおしゃれが楽しめる靴の種類

妊婦さんの靴選び。選ぶときのポイントやおしゃれが楽しめる靴の種類

妊婦さんが靴について気になったこと

妊婦さんが靴を選ぶとき、どのようなことに気をつけて靴選びをしたらよいのか気になるママもいるでしょう。今回は、妊娠中の靴について気になったことや困ったこと、妊婦さんの靴選びのポイントやおしゃれな靴の種類について、ママたちの体験談を元にご紹介します。

妊娠中の靴について

妊娠中の靴について気になったことや困ったことを、妊婦さんに聞きました。
20代ママ
妊娠時は足がむくんですぐに疲れてしまいます。お腹が大きくなってきてから、かがめなくなったので、靴下や靴を履けなくなって困りました。
20代ママ
妊婦さんになってから、どのくらいの高さのヒールなら履けるのか気になりました。
30代ママ
足がむくんでパンプスなどが履けないのが困ります。
20代ママ
今までヒールの靴を履いていたので、どのような種類の靴なら体にも負担がかからず、オシャレが楽しめるのか気になります。
足がむくんで靴が履けないという悩みを持つママが多いようです。ヒールを履いてもよいのか気になるという声もありました。

妊婦さんに聞く靴選びのポイント

妊婦さんは、どのような点に気をつけて靴選びをしているのでしょうか。

履き脱ぎしやすい

フラットシューズ
iStock.com/AlexandrBognat
20代ママ
お腹が大きくなってからは靴を履くのが大変になったので、かがまずにサッと履くことができる靴を選びました。
手を使わずに履ける、履いたり脱いだりしやすい靴を選ぶ妊婦さんが多いようです。すっぽり履けるように、足のむくみに合わせてスニーカーの紐を緩めておいたという声もありました。

疲れにくい

20代ママ
長時間立っていたり、歩いたりしても疲れにくいように、スニーカーやローヒールの靴を選びました。
妊婦さんは疲れやすかったり、足がむくみやすくなる場合があります。靴底にクッション性のある靴や足の締め付けのない靴を履くと、疲れにくさを感じづらくなるようです。

安定感がある

30代ママ
転ばないようにヒールのある靴は履かなくなり、安定感のあるスニーカーや冬はスノーブーツを履くようになりました。
ヒールは安定感がなく、転ばないかと不安を感じる妊婦さんが多いようです。妊娠前はヒールをよく履いていたという妊婦さんも、ローヒールやフラットシューズに切り替えたという声が多くありました。

妊婦さんも履けるおしゃれな靴の種類

おしゃれを楽しみたい妊婦さんの靴選びについてご紹介します。

スニーカー

スニーカー
iStock.com/seb_ra
30代ママ
妊娠中はワンピースを着ることが多かったので、ワンピースに合うデザインのスニーカーを選んで履いていました。足首がむくみやすかったので、ハイカットは履かないようにしました。
30代ママ
どんな服でも合わせやすいように、落ち着いた色あいのスニーカーをはいてました。
履いたり脱いだりしやすいスリッポンを選んだという声もありました。妊娠後期になりお腹が大きくなると、手を使わずにすっぽり履けるスリッポンは楽ですね。冬は、オシャレと温かさを兼ね備えたモカシンを履く妊婦さんもいるようです。

さまざまな種類やデザインの中から、お気に入りのスニーカーが見つかるとよいですね。

フラットシューズ

20代ママ
スカートやワンピースなどのフェミニンな服を着ることが多かったので、フラットシューズをよく履きました。
20代ママ
フラットシューズは手を使わずに履けて楽なのと、色やデザインも豊富なので妊娠中もオシャレを楽しめました。
フラットシューズは、フェミニンからカジュアルまで幅広くオシャレを楽しめるのがうれしいですね。ベーシックカラーでシンプルなデザインのフラットシューズなら、仕事でも活躍しそうです。

サイズが合わないと脱げやすかったり、つま先が痛くなってしまう場合があります。購入する際は、実際に履いて足に合うかしっかり確認するようにしましょう。

ブーツ

20代ママ
洋服に合わせてムートンブーツを履いていました。履きやすくて、足も温めてくれるので冬場は重宝しました。
20代ママ
ショートブーツを選びました。足元を冷やさないために厚手の靴下を重ね履きしたかったので、少し大きめにしました。
秋と冬はオシャレであることのほかに、温かさを重視してブーツを選ぶ妊婦さんが多いようです。

ブーツは、ファーがついた可愛らしい印象のものやカジュアルな服装にぴったりなスノーブーツなど、さまざまな種類があります。デザインや温かさ、滑りにくさなどを考慮して、オシャレを楽しめるブーツを選べるとよいですね。

妊婦さんに負担のかからない靴でオシャレを楽しもう

19102401
iStock.com/monzenmachi
妊娠中はお腹が大きくなるため、靴が履きにくくなったり、足のむくみで普段の靴が履けなくなったりして困っている妊婦さんがいました。妊婦さんたちは、安定感や疲れにくさ、履きやすさを重視して靴選びをするようです。

妊娠時でも履きやすく、色やデザインが豊富なスニーカーやフラットシューズを選ぶとオシャレが楽しめそうですね。冬は、足元を冷やさないためにブーツを履くとよいかもしれません。

体のことを考えてたうえで、オシャレな靴選びができるとよいですね。

2019年10月24日

専門家のコメント
6
    まな先生 保育士
    妊娠中はフラットシューズを選んで履いていました。臨月になると足元も見えにくく、かがむのも大変なので、ストラップなど手を使うものではなく、すっぽり楽に履けるものを選びました。産後も子どもを抱っこして外出するので、長く履くことができてよかったです。
    しまこ先生 保育士
    出産後はゆっくりと自分の為のお買い物をする時間はなくなります。赤ちゃんを連れて外出することもけっこうあるので妊娠中だけでなく赤ちゃんと一緒にいる事も想定して靴選びを楽しんでくださいね。
    ちぃ先生 保育士
    フラットシューズを選び履いていました。妊娠後期は特にむくみがひどくなる方もいるので、締め付けが少なく履きやすいスニーカーなども重宝しますね。
    かな先生 保育士
    妊娠中でも、できるだけ可愛い靴を履いていたいですよね! 私は妊娠する前はヒールのあるパンプスが多かったのですが、妊娠を機にフラットシューズに切り替えました^ ^ 個人的には、インパクトのあるヒールの高い靴に比べて、フラットシューズはなかなかいつも挑戦できないような派手な色柄も取り入れられたりと、十分楽しめましたよ♡ それから夏はスポーツサンダル、冬はムートンブーツがとっても重宝しました!
    あゆみ先生 保育士
    妊娠中はやはりフラットシューズが安心ですね。元々スニーカー派だったので、妊娠中の現在もお気に入りのものを履いています♪ ちょっとしたお出かけにはフラットなパンプスを履いています。 助産師さんには、お腹が大きくなってくると背中を反りがちになるので、2、3cmくらいのローヒールがオススメと言われました!重心が整ってフラットより歩きやすいそうですよ♪
    めるちゃん先生 保育士
    ヒールは履かずに、フラットシューズを履いてました。散歩をするのに、運動靴の購入も検討したのですが、お腹が大きくなると、座って紐を調整するのが難しかったので、立ったまま、すぐに履けるスリッポンのようなシューズを購入しました。
おすすめユーザーのコメント
2
    MK
    フラットシューズは可愛いものがたくさんあっていいですよね。むくんでも大丈夫な素材はどんなのだろう。
    na
    アンケートにもあるように、かがまずに履ける靴は重宝してました♡ フラットシューズもかわいいデザインが多いですよね!

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧