幼児が楽しむボール遊びのアイディア!子どもにボールの投げ方を教えたシーン

幼児が楽しむボール遊びのアイディア!子どもにボールの投げ方を教えたシーン

室内や屋外で盛り上がるボール遊びを年齢別にご紹介

幼児がよろこぶボール遊びを考えて子どもと楽しみたいママやパパもいるでしょう。子どもにボールの投げ方を教えて、キャッチボールをしたいと考えることもあるかもしれません。室内や屋外で楽しむボール遊びのアイディアやボール選びのポイントをご紹介します。

幼児が楽しめるボール遊びを考えよう

子どもといっしょにボールを使った遊びを楽しみたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

赤ちゃん向けのものや幼児向けのものなどさまざまなボールがありますが、どのように遊ぶと子どもが楽しめるのか気になることもあるかもしれません。

今回は、ボール遊びのアイディアや、ボールの投げ方を子どもに教えたシーンについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

幼児が遊ぶボール選びのポイント

子どもが思う存分遊べるボールを用意しましょう。ボールを選ぶときのポイントをご紹介します。

子どもが持ちやすいボールを選ぶ

子ども ボール
leungchopan/Shutterstock.com
両手でボールを掴んだり、片手で持って投げたりなど、子どもの年齢によってボール遊びの楽しみ方はそれぞれでしょう。

子どもの年齢に合わせて用意するボールの大きさを変えていたというママの声がありました。子どもの小さい手で持ちやすいサイズのボールを選ぶと、楽しんで遊べそうですね。

子どもが安全に遊べるボールを選ぶ

室内で子どもがボール遊びを楽しめるように、やわらかいボールを用意したというママがいました。

子どもがキャッチボールをしたり、ボール遊びの幅が広がると少し硬いものを用意しようと考えることもあるでしょう。室内や野外など遊ぶ場所に合わせて子どもが安全に遊べるボールを用意しましょう。

子どもがよろこぶデザインのボールを選ぶ

子どもが遊ぶボールには、幼児向けのキャラクターデザインのものや、サッカーやラグビーなどの球技がモチーフになったものなどさまざまなデザインがあります。

子どもの興味に合ったボールを選ぶと、子どもも楽しんで遊べるでしょう。ボールを振ると音がなるものなど、おもちゃとして楽しめるボールもあります。

【年齢別】幼児のボール遊びのアイディア

幼児が楽しむボール遊びのアイディアを、年齢別にご紹介します。

1~2歳児のボール遊び

子ども ボール
Syda Productions/Shutterstock.com
1歳になると、元気にハイハイをしたり、つかまり立ちをして楽しむ子どももいるでしょう。

子どもと向かい合ってボールを転がしたり、大人がボールを投げて子どもがハイハイをして取りに行くという遊びを楽しんでいるというママの声がありました。

2歳をすぎると、ボールを投げたり追いかける動作ができるようになる子どももいるようです。目標をめがけてボールを投げる遊びを楽しんでみましょう。

ボールが入る大きさの袋を用意します。新聞紙やチラシなどを丸めて細長い棒を作り、それを円になるように丸めましょう。

マスキングテープなどを使って袋の口部分に固定します。ママやパパが袋を持ちます。子どもは袋のなかに入るようにボールを投げましょう。

3~4歳のボール遊び

3歳になると、ゲーム性のある遊びを楽しむようになる子どももいるでしょう。

ペットボトルやトイレットペーパーの芯などを使って、ボウリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ペットボトルやトイレットペーパーの芯をボウリングのピンに見立てて並べます。「何本倒れたよ!次はここから投げてみよう」など少しずつ難易度を上げるのも面白いでしょう。

4歳をすぎて、ボールを手で持って投げたり、足で蹴る動作を楽しむようになる子どももいるようです。

フラフープの輪のなかにボールが入るように投げたり、蹴る運動を楽しみましょう。

ママやパパがフラフープを持つときは、地面につくように置いたり、少し高い位置で持つなど子どもが楽しめるように難易度を変えながら遊びましょう。

5~6歳児のボール遊び

5歳になると、相手に届くようにボールを投げたり、キャッチしたりなどの動作ができるようになる子どももいるようです。

子どもといっしょにボールを後ろに投げてキャッチをする遊びを楽しんでみましょう。

1人は後ろ向きになって後ろにボールを投げて、もう1人は前を向いて投げられたボールをキャッチします。どこにボールが飛ぶかわからないところが面白いところでしょう。

子どもが6歳になり、自分でルールを考えて遊ぶようになることもあるかもしれません。ママやパパ、子どもたち同士で楽しめるゲームを考えてみましょう。

紙コップを複数個用意して、テーブルや床に並べます。その紙コップのなかに入るようにボールを投げましょう。

野外で遊ぶときは、紙コップを段ボールに変えると思い切りボールを投げて楽しめるかもしれません。

幼児にボールの投げ方を教えたシーン

子どもがボール遊びに慣れてきた頃、ボールの投げ方を教えながらキャッチボールをしたいと考えるママやパパもいるかもしれません。

子どもとキャッチボールを楽しんだシーンをママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもが2、3歳の頃、ママとパパがキャッチボールをしている姿を見せながら子どもに投げ方を教えました。パパが野球経験者ということもあり、息子とキャッチボールを楽しみたいと思っていたようです。
30代ママ
子どもが3歳の頃からキャッチボールを始めました。最初はテニスの軟式ボールから始めて、幼稚園では野球の軟式ボール、小学校3年生の現在は野球の硬式ボールを使ってキャッチボールを楽しんでいます。
30代ママ
子どもには『相手が捕れるボールを投げようね』と教えながらキャッチボールの練習をしていました。ボールを捕るときに、後ろに下がっても安全かどうか確認するように伝えていました。
年齢によっては、キャッチボールが難しいと感じる子どももいるでしょう。近い距離から子どもにそっと投げてキャッチしてもらうことから始めるとよいかもしれません。

子どもにボールを投げてもらうときは「こっちだよ!」とママやパパが子どもに声をかけながら楽しみましょう。

ボールを上に高く投げたり、バウンドさせたりなど自由に運動を楽しみながら子どもと遊べるとよいですね。

幼児といっしょにボール遊びを楽しもう

子ども ボール
leungchopan/Shutterstock.com
幼児が安全に楽しめるボールを用意して子どもといっしょに遊びましょう。やわらかい素材のボールは、室内でも思う存分遊べるかもしれません。

子どもがボールを投げたり蹴ったりなどさまざまな運動を楽しめるようになると、ボールの投げ方を教えて子どもとキャッチボールを練習したいと考えるママやパパもいるでしょう。

大人がボールを投げるフォームを実際に子どもに見せると、子どもにも伝わりやすいかもしれません。子どもといっしょにボール遊びを楽しめるとよいですね。

2019年12月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ