3歳児と室内遊びを楽しもう!ぞうきんがけゲームや宝探しなどのアイディア

3歳児と室内遊びを楽しもう!ぞうきんがけゲームや宝探しなどのアイディア

太鼓やパズルなど手作りおもちゃの作り方

家にある身近なもの使って、3歳の子どもといっしょに室内遊びやゲームを楽しみたいママやパパもいるでしょう。外遊びとはまた違った楽しみ方を味わえるとよいですね。3歳児が楽しめる遊びやゲームのアイディア、手作りおもちゃの作り方についてご紹介します。

3歳児と室内遊びを楽しむとき

天気が悪くて子どもが外で遊べないとき、室内でも思いきり楽しめる遊びを考えるママやパパもいるかもしれません。

ごっこ遊びやお絵描きなどさまざまな遊びがありますが、3歳児が楽しめる室内遊びにはどのようなものがあるのでしょうか。

ママやパパも子どもといっしょに遊ぶと、室内遊びをもっと楽しめるでしょう。

今回は、3歳児が室内でも思う存分楽しめる遊びや、手作りおもちゃのアイディアをご紹介します。

3歳児が楽しめる身近なもの使った遊びのアイディア

家のなかでも体を動かして楽しみたい子どももいるでしょう。体を使った室内遊びや身近なものを使って楽しめる遊びをご紹介します。

ぞうきんがけゲーム

雑巾掛け
SmLyubov/Shutterstock.com
3歳頃になると、掃除などのお手伝いに興味を持ち始める子どももいるかもしれません。ぞうきんがけゲームは、遊びながら部屋をきれいに掃除することができます。

スタート地点とゴール地点を決めて、ぞうきんがけをしながら誰が一番早くゴールできるか競争する遊びです。

家の廊下など思い切りぞうきんがけできるスペースを利用して遊びましょう。周囲のものに気をつけながら、安全に遊べるように子どもを見守ることが大切です。

紙風船ゲーム

チラシなどの大きい紙で折った紙風船を使って遊びましょう。紙風船はとてもやわらかいため、潰さないようにやさしく遊ぶのがポイントです。

紙風船をポンポンと飛ばしたり、キャッチボールをして楽しみましょう。

3歳頃になると、ボールを投げたり、蹴ったりなどいろいろな動作を楽しめるようになる子どももいるでしょう。

ボールが家電などの危険なものにぶつかる恐れがあるため、室内ではボール遊びを思い切り楽しめないと感じているママやパパもいるかもしれません。

やわらかい紙風船は室内でも安全に遊びなら、普段のボール遊びとはまた違った楽しみ方を味わえるでしょう。

当てっこゲーム

新聞紙に穴をあけて、その穴からおもちゃを覗かせて当てるというシンプルなゲームです。大きい穴や小さい穴など、難易度を変えながら遊びましょう。

「これなんだ?わかるかな」など子どもに声をかけながら楽しみましょう。子どもが普段から遊んでいるおもちゃなどを使うと、3歳児もわかりやすいかもしれません。

宝探し

毛布などのなかにおもちゃを隠して宝遊びを楽しみましょう。探す範囲が広いと3歳の子どもには難しく感じて飽きてしまうかもしれません。子どもが楽しめるように範囲を決めて隠しましょう。

どちらが先に見つけられるか競争したり、ママチームやパパチームなどチーム制にして遊ぶのも面白いでしょう。

3歳児が楽しめる手作りおもちゃの作り方

糸電話
chi- - stock.adobe.com
3歳児が楽しめるおもちゃを手作りしてみましょう。家庭にあるものを使った手作りおもちゃのアイディアをご紹介します。

太鼓

カップ麺の空き容器と割り箸、ペットボトルのキャップを使って手作り太鼓を作ってみましょう。

マスキングテープなどを使って割り箸の先にペットボトルのキャップを取りけてバチを作ります。バチは2本用意しましょう。

カップ麺の空き容器を逆さにして、作ったバチを使って太鼓を叩きます。音楽に合わせて太鼓を叩いたりなどさまざまな楽しみ方ができるようになる3歳児もいるようです。

ペンを使ってカップ麺の空き容器に絵を描いたり、シールを貼ってデコレーションするのもよいでしょう。

しゃかしゃかボール

レジ袋のなかに丸めた新聞紙や古着などを入れて結び、さらに大きめのレジ袋のなかに入れて口を結んでテープでとめます。

レジ袋で作るしゃかしゃかボールは、音を楽しみながら遊ぶことができます。

形がでこぼことしているボールは、転がりにくく手で掴みやすいため、3歳の子ども思い切り楽しめそうですね。

やわらかいボールは室内でも安心して遊ぶことができるでしょう。

糸電話

紙コップと糸を使って簡単に糸電話を作ることができます。2つの紙コップを用意して、底にカルコなどで穴を開けます。

2つの紙コップが繋がるように、1本の糸を穴に通しましょう。

糸が抜けないようにマスキングテープなどで紙コップに固定します。糸をピンと張った状態で、子どもとお話しましょう。

3歳になるとおしゃべりをたくさんするようになる子もいるでしょう。糸電話を使ってママやパパとお話を楽しめるとよいですね。

白いシンプルな紙コップの他にも、カラフルなものや、キャラクターデザインのものなどかわいい紙コップもたくさんあります。

子どもが楽しめる柄の紙コップを用意するのもよいでしょう。

パズル

子どもやママが絵を描いて、それを好きなように切り、オリジナルのパズルを作りましょう。

かわいらしい動物のイラストや、幼児向けのキャラクターなど3歳児が楽しめる絵を描くと、シンプルでわかりやすいパズルを作れそうです。

ピースを細かくして難易度を上げるのも面白いでしょう。

3歳の子どもにゲームの難易度を合わせながら少しずつ難しくしていき、ここまでクリアしたなど記録をしていくと、ゲーム性が生まれてさらに楽しめるかもしれませんね。

3歳児といっしょにママやパパも室内遊びを楽しもう

パズルで遊ぶ親子
milatas - stock.adobe.com
室内でも思い切り体を動かして遊びたい子どももいるでしょう。

ぞうきんがけゲームや紙風船ゲームは、運動をしながら楽しむことができます。子どもがけがをしないよう見守りながら遊びましょう。

身近なものを使って楽器を手作りすることもできます。音楽に合わせて楽器を鳴らしたり、歌ったりなどさまざまな楽しみ方を味わうことができそうですね。

3歳児が楽しめる室内遊びのアイディアはたくさんあります。ママやパパもいっしょに室内遊びを楽しみましょう。

2019年11月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧