幼児食に豆腐ハンバーグを作ろう!鶏ひき肉を使った煮込みやグラタンなど

幼児食に豆腐ハンバーグを作ろう!鶏ひき肉を使った煮込みやグラタンなど

幼児食においしい豆腐ハンバーグを作るポイント

幼児食に豆腐ハンバーグを作りたいママもいるでしょう。どのように作るとふわふわの豆腐ハンバーグが作れるのでしょうか。今回は幼児食においしい豆腐ハンバーグを作るときのポイントをお伝えします。併せて、簡単に作れる豆腐ハンバーグの幼児食レシピをご紹介します。

幼児食にどのような豆腐ハンバーグを作った?

ママたちは幼児食にどのような豆腐ハンバーグを作ったのでしょうか。
30代ママ
子どもが持ちやすいサイズに形作り、小さめサイズのコロコロ豆腐ハンバーグを作りました。
40代ママ
豆腐ハンバーグにホワイトソースをかけてチーズをのせ、オーブンで焼いてグラタン風に調理して食べたことがあります。
30代ママ
肉料理が続いた日は、豆腐を取り入れて鶏挽き肉を少なめにしたハンバーグを作ります。
今回話を聞いた中では、豆腐でハンバーグを作ったことがあると答えたママがほとんどでした。ママたちは定番ハンバーグに豆腐を取り入れるだけでなく、手づかみ食べしやすい形にしたりグラタン風にしたり、いろいろなアイデアで豆腐ハンバーグを作っていました。

おいしい豆腐ハンバーグを作って、子どもがパクパク食べてくれるとうれしいですね。

幼児食においしい豆腐ハンバーグを作るときのポイント

豆腐
iStock.com/kuppa_rock
幼児食においしい豆腐ハンバーグを作るにはどのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介します。

作りたての豆腐を選ぶ

メイン材料となる豆腐の選び方は、ハンバーグの仕上がりにも影響するかもしれません。

大豆の風味が広がるおいしいハンバーグを作りたいときは、作りたての豆腐を選ぶとよいでしょう。

豆腐店で購入するほか、自宅で豆乳とにがりと電子レンジを使い、簡単に手作りすることもできるようです。

豆腐を水切りする

豆腐には水分が含まれているので、ハンバーグの成形のしやすさを考えると水切りした方がよいでしょう。

豆腐をペーパータオルで包み、電子レンジで1分程加熱する方法もあるようです。それでも水分が気になるときは、タネを練るときにパン粉を混ぜて水分を吸わせるとよいかもしれません。

豆腐をすり潰す

豆腐がなめらかになるまですり潰すと、焼き崩れを防げるようです。

すり鉢を使うなどし、豆腐をしっかりペースト状にしてから調理するとよいでしょう。

食べやすい大きさにする

子どもに豆腐ハンバーグを作るときは、子どもが手づかみ食べできるくらい小さく形を作ってから焼くとよいかもしれません。

豆腐ハンバーグを焼いたあとに、子どもの食べやすい大きさに切って与えるのもよいでしょう。

【幼児食】豆腐ハンバーグの簡単レシピ

ハンバーググラタン
Tsuboya - stock.adobe.com
子どもにおいしい豆腐ハンバーグを作ってあげましょう。豆腐を使って作るハンバーグのレシピをご紹介します。

豆腐は水切りしてなめらかにすり潰してから調理しましょう。

ふわふわ豆腐ハンバーグ

  1. ボールに豆腐と鶏ひき肉を入れる
  2. 1に少量の塩、小麦粉を加えて粘り気が出るまで混ぜ合わせる
  3. 2を形作りフライパンに並べ、片面を焼く
  4. 3を裏返したらふたをして蒸し焼きにする
豆腐と鶏ひき肉で作る基本的な豆腐ハンバーグです。タネをよく混ぜて蒸し焼きにするとふわふわの食感に仕上がるでしょう。小さく作ってお弁当に入れても子どもがよろこぶかもしれませんね。

仕上げに大根おろしをのせて和風テイストにしたり、デミグラスソースを添えて洋風テイストにしたり、さまざまな風味で楽しんでみましょう。

豆腐ハンバーグのトマト煮込み

  1. ピーマンとしめじをみじん切りにする
  2. ボールに豆腐と鶏ひき肉、1を入れる
  3. 2に片栗粉とパン粉を加えて混ぜ合わせる
  4. 3を形作りフライパンに並べ、両面に焼き色がつくまで焼く
  5. 4に水とトマトペーストを加えて煮込む
トマトペーストはトマトの種と皮を取り除いて手作りできるようです。子どもの様子に合わせてトマトジュースやトマト缶で代用すると調理時間を短縮できるかもしれません。

トマトペーストに玉ねぎやにんじんを入れるなど、いろいろな野菜を加えてもよいですね。

豆腐ハンバーググラタン

  1. ボールに豆腐と鶏ひき肉を入れる
  2. 1に少量の塩、小麦粉を加えて混ぜ合わせる
  3. 2を形作りフライパンに並べ、両面に焼き色がつくまで焼く
  4. 玉ねぎのみじん切りと小麦粉をバターで炒め、牛乳を加えてホワイトソースを作る
  5. 耐熱容器に3を入れて4をかけ、チーズをのせてオーブントースターで焼く
大人もいっしょにおいしく味わえるレシピです。作りたては熱すぎるため、子どもにはある程度冷ましてから与えるとよいでしょう。

豆腐ハンバーグが余ったときにグラタンに調理してリメイクするのもよいですね。

幼児食においしい豆腐ハンバーグを作ろう

離乳食を食べる赤ちゃん
ucchie79 - stock.adobe.com
今回は幼児食で作れる豆腐ハンバーグのレシピをご紹介しました。ポイントをおさえることでふわふわでおいしい豆腐ハンバーグが作れるようです。

煮込んだり、オーブントースターで焼いたり、調理法を工夫するといろいろな風味の豆腐ハンバーグが味わえそうですね。

幼児食に豆腐ハンバーグを取り入れてレシピの幅が広がるとよいですね。


※今回の記事でご紹介したものは、幼児食の一例です。新しい食材・料理を取り入れる際は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年03月07日

専門家のコメント
10
    かんな先生 保育士
    この記事にもあるように豆腐と鳥ひき肉は相性がいいですね。

    豆乳(少量)、パン粉とレンコン
    まい先生 保育士
    豆腐、ひき肉が基本ですよね
    時々おからでかさをましたりします。
    あとは、豆乳も、入れたりし
    のんの先生 保育士
     今まで作ったことはなかったのですが、作ってみると!子供がパクパク食べてくれてびっくりでし
    りお先生 保育士
    豆腐ハンバーグはあまり作りませんねー。ハンバーグはいつも玉ねぎを多めに入れたり、普段なかな
    すー先生 保育士
    豆腐ハンバーグはよく作っていました。一口サイズの大きさにし手づかみ食べによく利用していまし
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ