1歳児の朝食メニュー。パンやご飯を使ったメニューや簡単レシピ

1歳児の朝食メニュー。パンやご飯を使ったメニューや簡単レシピ

用意するときに意識したこと

1歳児の朝食を用意するとき、食パンやご飯などをメインとした同じような献立が続くと子どもが食べないことに悩むママもいるのではないでしょうか。今回は、食事の量など1歳児の朝食を用意するときに意識していることと、おにぎりなどの朝食メニューの他に、バナナパンケーキなど簡単な朝食レシピをご紹介します。

1歳児の朝食の悩み

1歳の子どもに、1日の始まりの朝食をしっかりと食べて欲しいと考える一方で、朝は家事や出勤準備などで忙しく朝食の準備に時間をかけられないと感じるママやパパもいるかもしれません。

1歳児の朝食についての悩みをママやパパに聞いてみると、朝食が同じようなメニューになってしまい子どもが朝食を食べないことに悩んでいる方や、簡単で子どもが食べやすい朝食レシピが知りたい方などがいるようです。

ママのなかからは、他のママたちはどのような朝食メニューを用意しているのか気になるという声も聞かれました。

そこで今回は、1歳児の朝食メニューについてママたちの体験談を交えてお伝えします。

1歳児の朝食を用意するときに意識したこと

1歳児の朝食は、どのようなことを考えて用意するとよいのでしょう。ママたちに1歳児の朝食を用意するときに意識したことを聞いてみました。

20代ママ
息子は朝食をあまり食べないので、無理せずに食べきれる量を用意することにしました。ご飯は子ども用お茶碗の3分の1程度、野菜やお肉などのおかずは少量食べます。

少なめの量を盛りつけ、子どもがもっと食べたいと言うときはお代わりをしてもらうようにしました。
40代ママ
うちの子は、朝食のメニューによって食べる量にバラつきがあるように感じます。市の乳幼児健診のときにもらった資料を参考に食事の量を決めていますが、子どもが好きなメニューのときは多めにお皿に盛ります。
朝食をあまり食べない子どもに少な目の量で用意したり、乳幼児健診のときにもらった資料を参考に量を考えたりしているママがいるようです。子どもの様子にあわせた量の朝食を用意できるとよいかもしれません。

食材のバランス

食材
Syda Productions/Shutterstock.com
30代ママ
朝食は1日元気にすごすために大切な食事と考えているので、主食と野菜、肉や魚のバランスを考えて用意しています。忙しい朝でも簡単にバランスのよい朝食を用意できるように、時間のあるときに数種類のおかずを作って冷凍保存しています。
子どもが1日元気にすごせるように、食べる食材のバランスを意識して朝食を用意しているママもいるようです。ママのなかからは、1日のトータルで食べる食材のバランスを考えているという声も聞かれました。

食べやすさ

30代パパ
朝は時間がないので子どもがひとりで食べやすいメニューを用意するようにしています。ご飯は一口サイズのおにぎりにしたり、パンはスティック状に切ったりすると、大人が手伝うことが少なくなりました。
子どもがひとりで食べやすいようにおにぎりやパンなどの形状を工夫したパパがいるようです。他には、子どもが楽しく食べられるように、おかずにケチャップで顔を描いたり動物などの形に盛りつけたりするというママもいました。

1歳児の朝食メニュー

1歳児の朝食はどのようなメニューを用意しているのでしょう。実際に用意した朝食メニューをママたちに聞いてみました。

パンメニュー

食パン
gresei/Shutterstock.com
30代ママ
食パンにさつまいもペーストを挟んだサンドイッチ、茹でブロッコリー、野菜スープとヨーグルトといったメニューを用意しました。サンドイッチは挟む具材を変えたり、切り方を変えたりとアレンジがしやすいです。
パンをメインとした洋食メニューを用意したママがいました。他にもパンを使ったメニューには、フレンチトーストやホットサンド、トーストなどがあるようです。

食パンに具材を挟んだり乗せたりすると、1品でいろいろな食材が食べられ、食事時間の時短につながるかもしれません。

ご飯メニュー

20代ママ
わが家は毎日ご飯中心の朝食で、今日はわかめおにぎり、みそ汁、小松菜の和え物と卵焼きを用意しました。1歳の娘は白いご飯よりも混ぜご飯の方がよく食べるので、朝食にはゴマやふりかけなどを用意して日替わりの混ぜご飯を用意しています。
子どもの好みを考えて混ぜご飯を朝食メニューに取り入れているママもいるようです。他には、納豆ご飯や海苔を巻いたスティックおにぎりなどを用意しているというママがいました。

みそ汁は、事前に作っておいた味噌玉にお湯を注ぐだけの作り方や、前日の残りをアレンジするといった作り方にすると短時間で調理できそうです。

簡単に作れる朝食レシピ

忙しい朝は簡単に作れて子どもが食べやすい朝食を用意したいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた簡単な朝食メニューをご紹介します。

スープご飯

20代パパ
ご飯に野菜スープをかけ、とろけるチーズを乗せて完成です。ご飯やスープは前日の残りや冷凍保存したものを使うと簡単に用意できます。
一皿でご飯と野菜がいっしょに食べられるスープご飯は、忙しい朝にぴったりかもしれません。スープの味を中華や和風などに変えると、さまざまなスープご飯が楽しめそうですね。

ピザトースト

30代ママ
食パンにケチャップを塗り、子どもが食べやすい大きさに切った茹でほうれん草、魚肉ソーセージ、玉ねぎを乗せ、ピザ用チーズを乗せてトースターで焼いたらでき上がりです。1歳の子どもが食べやすいよう、少し冷ましてから6等分にカットしています。
ピザトーストも1品でいろいろな食材を食べられるメニューかもしれません。他にも、コーンやツナなど食パンに乗せる食材をアレンジするといろいろな味になり、飽きにくいメニューになりそうです。

バナナパンケーキ

20代ママ
つぶしたバナナに米粉とベーキングパウダー、ヨーグルトを加え、よく混ぜてから熱したフライパンに小判状になるよう流し、両面を焼い完成です。子どもはバナナの自然な甘さと米粉のもちもち感が気に入ったようでパクパクと食べてくれました。
バナナの甘さを活かしたパンケーキは、子どもにとって特別な朝食になりそうですね。バナナ以外にかぼちゃやさつまいもなどを使ってバリエーションを増やすのもよいかもしれません。

1歳児に簡単でおいしい朝食を用意しよう

ご飯を食べる子ども
leungchopan/Shutterstock.com

1歳児の朝食メニューを用意するとき、食事の量や食べやすさを意識するとよいようです。子どもが朝食を食べないときは、サンドイッチやおにぎりなどパンやご飯を使って、同じメニューにならないような工夫をしてみるのもよいかもしれません。

食パンを使ったトーストやバナナパンケーキなどのレシピを工夫して、簡単でおいしい朝食が用意できるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食・幼児食の一例です。
新しい食材・料理を取り入れる際は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年01月30日

専門家のコメント
28
    とまと先生 保育士
    私が朝は絶対パン派なので 子どももパン系の朝食です。トーストの他に 野菜やフルーツ入りのオートミールパンケーキや米粉パンケーキなどを時間があるときに作って冷凍しています。
    こと先生 保育士
    パンとバナナ、ジュースが定番ですが、納豆が好きなので納豆ごはんとおみそ汁もよくします😊✨
    パパが休みの日には、みんなでホットケーキを作るのがとても嬉しそうです💕
    かか先生 保育士
    1歳ぐらいになると手掴みで食べたりすることも増えるので、おにぎりを棒状に細長く小さいものをつくって食べさせたり、パンも細長くして手作りのジャムなどを薄く塗って食べさせたりしてました。
    そうすると、本人も食べる気もおきて、よく食べたり、その間、自分の支度や家事が出来たりしたので、助かりました。
    わか先生 保育士
    前日の夜に、スープが味噌汁を大量に作っておき、朝にも使っています。スープの日は食パン、味噌汁の日は納豆ご飯にして、デザートにフルーツやヨーグルトを出しています。大きくなった今は、パンがいいーと言われますが、和食も食べてもらいたいので、なるべく交互に出すようにしています!
    休日はホットケーキが定番です(^^)喜んでくれます!
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    栄養バランスの良い食事を朝から食べて保育園に通うことはとても大切ですが、とはいえ朝はドタバタで忙しいですよね。この記事を読んでご飯、お味噌汁、おかずと3品だったり、ピザトーストやパンケーキなど、毎朝つくってられない!と焦ってしまう保護者の方もいらっしゃるはず。
    でも大丈夫。保育園で栄養バランスばっちりのお昼ごはんも待っているので、気負わずできる範囲で食べさせてあげられると良いかなと思います。
    保育園の連絡ノートやシッティングで他のご家庭の朝食メニューを確認することもありますが、シリアルやふりかけごはん、バナナなど簡単に済ませてる家庭も多いです😂
    りお先生 保育士
    そのご家庭に合わせて、パン、ご飯、どちらでもいいと思います。

    ご飯派の家なら、小さいおにぎり、お味噌汁、親と同じおかずを薄味、小さめにカットして用意すればいいんじゃないでしょうか。

    パン派なら、パンをスティック状に切って食べやすくしたり、果物も小さくカットしたり。
    ヨーグルトもお砂糖控え目にしたり。

    基本的に、親と同じものを食べたいと思うので、食べられるように準備してあげればいいかと思います😁

    我が家は、食パン、ヤクルト、果物が日常です。時にはヨーグルトつけたり、牛乳つけたりいろいろですけどね。
    すみっこ先生 保育士
    一歳の頃はパンでもご飯でも、手づかみ食べ使用にすることが多かったです。
    バナナはカットするだけなのでお手軽ですよね✨きな粉をまぶしたり、ヨーグルトをかけたりしました✨
    まな先生 保育士
    子どもが食べやすいもの、例えば一口おにぎりや一口大に切って焼いたトーストなどが食べやすいと思います。
    他にもサラダやお味噌汁、バナナなどバランスを考えた献立にすると良いですね。
    パンケーキやフレンチトーストを作って冷凍しておくとママも朝楽ちんですね。
    ふぅ先生 保育士
    朝から素敵なごはんだと子どもも喜んで食べてくれるし、朝のバタバタの時間に「早く食べて!」ってイライラしなくて済みますよね☺︎けど朝はどこの家庭も大変だと思うので無理なく続けられる内容でいいとおもいますよ🤩
    あゆみ先生 保育士
    一口大のおにぎりは子どもも食べやすいですね。おかずには玉子焼きや野菜、お味噌汁があれば十分だと思います!トーストもジャムやサンドイッチなど色々アレンジが出来ますね。
    朝はいそがしいですが、自分で食べて完食出来ることも自信になり大事なので、量を調整してあげると良いですね♪
    とーち先生 保育士
    パンの日はパンとサラダと果物とヨーグルト。

    ご飯の時は納豆と汁と漬物。

    うちは大体そんな感じです。なるべく栄養を考えて。。とも思いますが、朝はバタバタして時間との勝負なので、なるべく自分で食べれる物や、事前に用意出来る物にしています。

    旦那さんの仕事に合わせて、ご飯だったり、パンだったりしています。

    ご飯の日はやっぱり腹持ちがいいみたいです。
    のんの先生 保育士
    朝は眠たさなどで、なかなか食べてくれません。
    うちは、
    夏は、グラノーラと牛乳とフルーツ(バナナやぶどうなど)
    冬はパンとコーンスープとフルーツをあげています。
    めい先生 保育士
    パン一つにしてもスティック状やピザなどバリエーション豊かですね。私はホットケーキが好きなので、ほうれん草や人参を小さく切って入れたいと思っています。
    ゆきな先生 保育士
    私はヨーグルトとおにぎりが鉄板です!それプラス前の日の副菜を一口二口、、、保育園で朝のおやつもあるので控えめにしています!
    休みの日は一緒にホットケーキを焼いたりパンを買いに行って公園で食べたりいつもはテーブルだけど下に机を出して食べたり特別感だしてます!わら
    ちぃ先生 保育士
    ホットケーキミックスで野菜とチーズの蒸しパンや、しらすとチーズのピザなどよく食べさせてました。薄めの食パンにカボチャペーストなどを塗り、くるくると巻き一口ロールケーキのようにして食べさせてもいました。あとはヨーグルト、フォローアップミルクを食べさせていました。
    さと先生 保育士
    うちの子は朝は食欲があまりないようです。
    本当ならしっかりと栄養が摂れるメニューにしたいのですが、そこは諦めてとにかく本人が食べてくれる物を出しています。
    牛乳、スティックパン、コーンフレーク、お茶漬け、プチトマト、イチゴ、バナナなどが多いです。
    なごみ先生 保育士
    とにかく1人で食べやすいものがオススメです。スティックパンや蒸しパン、おにぎりと卵焼きなど、、、。こぼしても後片付けが楽です^ ^それにベビー用のヨーグルトやバナナをデザートに食べられるといいでしょうね^ ^
    みどり先生 保育士
    食パンの恵方巻風。
    簡単で持ち運びもできていいですよ!

    パンの耳をおとした後、ラップを被せ手のひらで押してパンを薄く伸ばします。
    その上にジャムやバナナなどをパンで巻きます。

    被せたラップでパンを巻いて両はじをねじれば出来上がりです。バナナやウインナーなどあるものを使えるし、無理がないです。

    まん中を切ってあげると見た目もきれいで、いいですよ!



    ゆう先生 保育士
    パクっと食べやすい、おにぎりは鮭やシラス、ゴマなどを混ぜれば、それだけで栄養価がプラスされるますし、ふりかけは日持ちも良いので、冷蔵庫に常備しておくと、いざという時役立ちます!化学調味料を使わない、子どもに優しいふりかけもあります。
    うう先生 保育士
    うちの次女は好きなものが食卓にあるだけで、他のも食べてくれる子でした。ヨーグルトとかフルーツはご飯食べてから食べようと促しても普通のご飯は食べないので、先に好きなものを食べさせてました。その子にもよりますが、1日のトータルで十分な栄養素がとれていれば無理して食べさせる必要もないし、親も子も楽しく食事できればと思います。
    りり先生 保育士
    ヨーグルトにバナナや冷凍フルーツ、フルグラなどを混ぜたもの。食パンにジャムを挟んでサンドイッチ。ヨーグルトにきな粉もたまにします。バタバタした朝、手軽に栄養のあるものを!ズボラ主婦です(笑)
    いちぽ先生 保育士
    朝は時間がないので手づかみで食べられるものが良いと思います。
    ころころおにぎり、バナナパンケーキ、フレンチトーストやフルーツやミニトマト切るだけにして食べさせています。
    みぃ先生 保育士
    野菜や果物入りのホットケーキやカップケーキや蒸しパンを作ったり、一口サイズのおにぎりをつくって海苔で巻いたりすると食べてくれることが多いです。
    わい先生 保育士
    働くお母さんにとって朝は戦いですね!
    お手軽なのは、スティックパンにバナナに牛乳ですかね。それか、おにぎりに味噌汁です。
    だいふく先生 保育士
    朝はばたばたしてしまうので、いやいやされないメニューを!といつも悩んでいました。パンやおにぎりなど手づかみ食べしやすいもの、キャンディーチーズ、ヨーグルト、フルーツなど好きかものも一緒に出したり栄養バランスを!と思ってしまいますが毎日だと大変なので、たまには手抜きでも大丈夫だとおもいますよ!
    せおみ先生 保育士
    朝食はパンが多いです。朝はあまり食べてくれないので、少しでも食べてくれるように好きなものを準備します。食パン、フレンチトースト、ホットサンド、サンドウィッチ、ホットケーキ、シリアルが多いです。
    みどり先生 保育士
    忙しい朝などはラップサンドのご飯を用意していました。

    海苔とご飯をサンドイッチ風?お煎餅風にしただけなのですが、食べやすくて簡単なのでよく作っていましたよ。

    あー先生 保育士
    子どもがひとり食べしやすいようにおにぎりやパンなどの形状を工夫するのは絶対したほうがいいですね!わたしもよくスティック状にしたり一口大にしたりと工夫して食べさせていました。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧