洋梨の離乳食後期・完了期のアレンジレシピ。進め方や与える量の目安

洋梨の離乳食後期・完了期のアレンジレシピ。進め方や与える量の目安

赤ちゃんはいつから洋梨を食べられる?

赤ちゃんに果物を食べさせるときに、離乳食に洋梨を取り入れたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。洋梨はいつから食べさせてよいのか、離乳食後期、完了期に作る洋梨を使った離乳食レシピについてご紹介します。

洋梨を食べ始めるタイミング

赤ちゃんはいつから洋梨を食べ始めてよいのでしょうか。

りんごやバナナなどに慣れてきたら洋梨を食べさせるのもひとつの方法でしょう。

新しい食材を食べ始めるときは、離乳食用のスプーンで1さじずつ与えて、子どもの様子を見ながら量を増やしていくとよいようです。

離乳食後期や完了期から洋梨を始める場合は、まずは1さじずつから与えていくとよいでしょう。初期から洋梨に慣れてきたら、後期や完了期でもスムーズに洋梨を食べてくれるかもしれませんね。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食後期と完了期の進め方

離乳食後期、完了期になると、離乳食を作ることや食べさせることに慣れてきたママもいるでしょう。離乳食を進めるなかで食べ物の好き嫌いが出てきたり、そのときによって食べる量にムラがあるなど、新たな悩みが出てくることもあるようです。

まずは、基本的な離乳食後期と離乳食完了期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食後期、完了期はいつから?

赤ちゃん
iStock.com/Yagi-Studio

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から生後11カ月ごろが離乳食後期、生後12カ月から18カ月ごろまでが離乳食完了期とされています。食事リズムを意識しながら、1日3回食に進めていき、生活リズムを整えてきましょう。

離乳食後期の調理形態は、歯ぐきでつぶせるバナナくらいの硬さで、離乳食完了期の調理形態は歯ぐきで噛める肉団子くらいの硬さとなります。

洋梨を初めて離乳食に使う場合にも、1度加熱して柔らかくするとよいでしょう。

離乳食の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀物:全がゆ90g~軟飯80g
野菜・果物:30g~40g
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品:80g

離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀物:軟飯80g~ご飯80g
野菜・果物:40g~50g
魚:15g~20g
肉:15g~20g
豆腐:50g~55g
卵:全卵1/2個~2/3個
乳製品:100g

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

子どもの離乳食で困ったこと

厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%

もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)/28.9%

食べる量が少ない/21.8%

食べものの種類が偏っている/21.2%

食べさせるのが負担、大変/17.8%

食べるのをいやがる/15.9%

食べる量が多い/5.5%

作り方がわからない/5.3%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変、食べるものの種類が偏っていると感じているママは多いようです。編集部でも同じような意見があがることが多々ありました。離乳食後期、完了期になり、食べられる食材が増えることによってレシピに迷うこともあるかもしれません。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食後期、完了期の洋梨のアレンジレシピ

洋梨
iStock.com/kaorinne

離乳食後期や離乳食完了期のころに、洋梨をどのように調理して子どもに与えるとよいのでしょうか。洋梨を使った離乳食のレシピをご紹介します。

洋梨パンケーキ

  1. 洋梨を半分に切って皮を剥き、たねを取ってすりおろす。
  2. 洋梨とホットケーキミックス100gを混ぜ合わせる。
  3. 弱火のフライパンで両面を焼く。

離乳食後期に食べられるバナナやいちごなどを添えてみてもよいかもしれません。小さめのサイズに切ると手づかみでも赤ちゃんが食べやすいでしょう。

洋梨ゼリー

  1. 洋梨の皮を剥いてたねを取り、5㎝角に切る。
  2. 鍋に水200ml、てんさい糖小さじ1を入れて煮込む。そのあとに洋梨30gを入れて柔らかくなるまで煮込み、洋梨シロップを作る。
  3. 別の鍋にりんごジュース50mlと水50ml、粉寒天1gを入れて火にかける。沸騰したら弱火にする。
  4. ここに先ほどの洋梨シロップを入れて混ぜる。
  5. 容器に流し入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

洋梨シロップを応用してゼリーを作ることができます。ゼリーの上にすりおろした洋梨やりんごなどをかけてもおいしそうですね。

洋梨とヨーグルトのサンドイッチ

  1. 洋梨の皮を剥いてたねを取り、すりおろす。
  2. 洋梨15gとヨーグルト大さじ1を混ぜ合わせる。
  3. 耳を切り落とした食パンを、電子レンジで10秒ほど加熱して柔らかくする。
  4. 食パンに洋梨ヨーグルトを塗って、くるくると巻く。

サンドイッチを巻いたあとはラップにくるんでなじませるとよいでしょう。くるくると巻かれたサンドイッチは、味だけでなく見た目でも楽しめそうです。

洋梨蒸しパン

  1. 薄力粉大さじ2と、ベーキングパウダー小さじ1/5を混ぜ合わせる。
  2. ボウルに絹ごし豆腐15gを入れて、泡だて器でなめらかにする。
  3. ここに洋梨をペースト状にしたものを20gほど入れて、混ぜ合わせる。
  4. 耐熱容器に入れて、500wの電子レンジで1分ほど加熱する。

電子レンジを使って簡単に蒸しパンを作れるようです。赤ちゃんといっしょに大人も食事を楽しめそうですね。

離乳食後期、完了期はレシピを工夫してさまざまな味を楽しもう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© aijiro - Fotolia

離乳食に洋梨を食べるのはいつからがよいのかと考えるママもいるでしょう。りんごやバナナのに慣れてきたら洋梨を取り入れるとよいかもしれません。

洋梨は品種によって甘さが異なるようです。糖度が高いものもあるので、量をあげすぎないように調節しましょう。

食べられる食材が増える離乳食後期、完了期では、洋梨のパンケーキや蒸しパンなど加熱をしたメニューから洋梨のゼリーなどさまざまな食材を取り入れて離乳食を楽しめるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年7月22日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう

2019年07月19日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧