子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

スチーム式加湿器を掃除するコツは。必要な掃除道具や手順など

スチーム式加湿器を掃除するコツは。必要な掃除道具や手順など

乾燥しがちな季節に便利なスチーム式加湿器は、定期的に掃除しておきたいですよね。今回の記事では、スチーム式加湿器の掃除の手順やコツについてご紹介します。

スチーム式加湿器の掃除方法の手順

水を加熱して加湿するスチーム式加湿器。汚れに合った洗剤や道具を使いましょう。手順を追って掃除方法をご紹介します。

1.タンクを洗う

スチーム式加湿器には、タンクに水を入れるタイプのものと、加湿器に直接水を入れるポットタイプのものがあります。加湿器のタンクやポットは、水にクエン酸を入れてしばらく稼働させます。加湿器を停止させ、タンク内のクエン酸水が冷めたら、水でよくすすぎましょう。

2.フィルターを洗う

スチーム式加湿器には、蒸発布やフィルターが使われていることが多いようです。外せる部品は外して掃除していきましょう。ここに付着しがちな汚れはスケールと呼ばれるそうです。スケールとは、水の成分が蓄積し白い塊となったものです。水洗いで落とすか、クエン酸水でつけ置き洗いして落としましょう。

3.加湿器本体を掃除

加湿器本体にも、スケールや汚れが付着していることがあります。水やぬるま湯に浸したふきんなどを使って、水アカ汚れを拭き取りましょう。加湿筒があるタイプの加湿器は、やわらかいスポンジや雑巾などでスケールを拭き取ります。硬いスポンジやタワシなどは、加湿器本体を傷つけてしまうことがあるので、使用は避けた方がよさそうです。

スチーム式加湿器の掃除道具

掃除 道具
KucherAV/Shutterstock.com

スチーム式加湿器を掃除するときに使う掃除道具をご紹介します。

クエン酸

クエン酸は、水道水に含まれるカルキが原因の汚れに効果があるといわれています。水を入れるタンクやパーツに付着した汚れを落としたり、フィルターのつけ置き洗いに使ったりします。クエン酸は他の洗剤との併用に注意が必要だったり、金属部分に使うとサビの原因にもなる場合があるようなので、説明書をよく読み使用するようにしましょう。

エタノール

ピンク色のヌメリがついている場合、消毒用エタノールで菌を取り除くとよいでしょう。消毒用エタノールをタオルなどに吹き付け、ヌメリがある部分を拭き取ります。スチームの吹き出し口に雑菌が多いと悪臭の原因にもなるようなので、水滴が残りがちな吹き出し口も拭いておくと安心かもしれません。

バケツ

バケツを用意して、クエン酸水を作っておくと、加湿器全般の掃除に使えて便利です。ふきんにクエン酸水をつけて汚れを拭き取ったり、フィルターや蒸発布をつけ置き洗いしたりできます。

スチーム式加湿器の掃除のコツ

アルカリ性の汚れには酸性を使う

落ちにくい水アカ汚れには、お酢かレモン水、クエン酸を使ってお手入れをすると、汚れが落ちやすくなるようです。水アカやカルキが固まったスケールは、酸性で掃除すると中和され、汚れが落ちやすくなるといわれています。お酢やレモン、クエン酸などの酸性のものを使うことで、汚れが浮き上がり取りやすくなるようです。

こまめに掃除する

スチーム式加湿器の掃除を怠ると、カビや雑菌が繁殖する原因になることがあります。加湿器を使う度にカビや雑菌をまき散らすことにつながりかねません。そのため、日頃からこまめに掃除することで、汚れを溜めないのがコツです。フィルターの掃除の頻度や交換時期については、取扱説明書で確認しておきましょう。

掃除をした体験談

スチーム式加湿器を使っているママはどのようにしているのでしょうか。掃除をしたきっかけや掃除方法などについて聞いてみました。

スケールがこびりついて掃除

掃除 
Natali_ Mis/Shutterstock.com

「スチーム式加湿器を使い始めてしばらくたった頃のことです。いつものように水を足そうと、タンクを取り出したら、フィルターに白い塊が付いていることに気がつきました。あわてて部品を取り外して掃除をしたのですが、スケールになった汚れは簡単には落ちてくれません。

調べてみると、クエン酸を使った掃除がよいようだったので試してみました。クエン酸水を作ってしばらくつけ置きしてから洗うと、だいぶ汚れも落ちてきれいになりました。きれいな状態で加湿器を使うためには、こまめに掃除をしないといけないと思いました」(30代/女性/主婦)

ピンク汚れが付着して掃除

「乾燥しがちな冬にスチーム式加湿器をよく使っています。少し臭いが気になってきたので、掃除を始めました。すると、本体の底やスチームの吹き出し口付近にピンク色のものが付着しています。この汚れが何か分からなかったので調べてみると、雑菌の可能性が高いことが分かりました。

水でこすり洗いすれば落ちましたが、不安だったので、消毒用エタノールで拭き、菌を取り除くようにしました。雑菌をばらまくことにならないよう、定期的に掃除をして気をつけようと思いました」(20代/女性/主婦)

定期的なお手入れで気持ちよく

掃除 道具
beeboys/Shutterstock.com

スチーム式加湿器は、乾燥しがちな季節に便利なアイテムです。水を加熱するので、比較的雑菌も付きにくいとされていますが、定期的なお手入れは欠かせません。こまめに掃除をして汚れをつきにくくするのがコツでしょう。きれいなスチーム式加湿器で適度な湿度を保ち、気持ちよく過ごしたいですね。

2018年03月13日

レクチャーの関連記事
  • パートでも交通費は出る?支給の条件や上限、扶養控除との関係

    パートでも交通費は出る?支給の条件や上限、扶養控除との関係

    パートで働くときに、交通費が出るのか出ないのかを気にするママもいるのではないでしょうか。今回は、どのような理由で交通費あり、交通費なしだったのかや、電車や車、徒歩の場合で交通費はどのように変わるのか、距離や金額に上限はあったかや扶養控除との関係について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 【体験談】母乳とミルクの混合育児。授乳方法のポイントやミルク量の考え方

    【体験談】母乳とミルクの混合育児。授乳方法のポイントやミルク量の考え方

    母乳とミルクの混合育児を考えたとき、毎回の授乳方法やミルクの量など知りたいことがあるかもしれません。今回は、保育園に預けるときや母乳を嫌がって泣くときなど、どのような混合育児のパターンであげていたかや授乳方法のポイント、4ヶ月、5ヶ月や8ヶ月、9カ月など月齢によるミルクの量について体験談をご紹介します。

  • 夜のおむつがとれないとき。おねしょをするときの対策や子どもとの関わり方

    夜のおむつがとれないとき。おねしょをするときの対策や子どもとの関わり方

    夜のおむつがなかなかとれなくて悩むとき、おねしょが染みにくいズボンや防水グッズなどが必要なのかと気になるママもいるのではないしょうか。今回の記事では、ママたちがおねしょ対策で工夫したポイントや、汚れた布団の処理方法の他に、子どもとの関わり方で意識したことについて体験談を交えてご紹介します。

  • 初穂料の渡し方やふくさの包み方。結婚式や安産祈願でのマナーとは

    初穂料の渡し方やふくさの包み方。結婚式や安産祈願でのマナーとは

    初穂料の渡し方やふくさを使った包み方を考えたとき、結婚式や安産祈願で違いがあるのかや渡すタイミングについて知っておきたい方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、初穂料の包み方とのし袋の書き方、厄払いやお宮参りなどシーン別でどのように渡すかについて調べてみました。

  • 双子育児で使う抱っこ紐。選ぶときのポイントや抱っこするときの工夫

    双子育児で使う抱っこ紐。選ぶときのポイントや抱っこするときの工夫

    双子の子育てをしているママやパパの中には、双子を抱っこやおんぶするときにおすすめの抱っこ紐や、2つ必要なのかどうか知りたいと考える方もかもしれません。今回の記事では、実際にママたちが選んだ抱っこ紐や、新生児期やいつまで使うのか、レンタルなど選ぶときのポイント、お出かけするときの工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 生後5ヶ月の赤ちゃんがぐずるとき。ママたちが考える理由や対処法

    生後5ヶ月の赤ちゃんがぐずるとき。ママたちが考える理由や対処法

    生後5ヶ月になり、赤ちゃんがぐずるようになったり、昼寝の時間になっても寝ないと感じたりするママもいるかもしれません。今回の記事では、日中、夕方、夜中別に生後5ヶ月の赤ちゃんがぐずるシーンやママたちが考えるぐずる理由、ぐずるときの対処法をママたちの体験談を元にご紹介します。

カテゴリ一覧