家族が使うベッドの選び方。家族にぴったりのベッドサイズとは

家族が使うベッドの選び方。家族にぴったりのベッドサイズとは

子ども用ベッドを選ぶときに意識すること

家族が使うベッドを用意するときに、どのような選び方をするとよいのか気になるパパやママもいるかもしれません。今回の記事では、家族で使うベッドサイズの選び方や、子ども用のベッドを選ぶときに意識することなどを体験談を交えてご紹介します。

ベッドと布団どちらを使っている?

家族が使う寝具として、ベッドと布団のどちらを使うか悩むパパやママもいるかもしれません。布団やベッドを使っているパパやママに、それぞれの使い方を聞いてみました。

布団を使っている

30代ママ
うちには3歳の息子が1人います。子どもが生まれる前から和室に布団をひいて寝ているので、今は私とパパの間に子どもをはさんで川の字になって寝ています。
20代ママ
子どもが生まれてしばらくは、子どもと私でダブルベッドを使っていました。1歳半を過ぎた頃から子どもの寝相が悪くなり、ベッドから落ちるのが心配で布団を敷くスタイルに変えました。
子どもが生まれる前からの就寝スタイルであったり、子どもの安全面を考えたりして、布団を使っているという声がありました。そのほか、清潔面を考えて、布団を天日干しするために布団を選んだという方や、布団を押入れなどに収納することで生活のメリハリをつけたいという方もいるようでした。

ベッドを使っている

ベッド
iStock.com/Kwanchai_Khammuean
30代パパ
もともと夫婦でダブルベッドを使っていましたが、子どもが生まれてからシングルベッドを一台追加で購入しました。今は、2台並べて家族3人で寝ています。
20代ママ
私と2歳の子どもは、セミダブルのベッドでいっしょに寝ています。パパはいつも仕事で朝が早いため、子どもを起こさないよう別の部屋にシングルベッドを置いて寝ています。
寝具にベッドを使っている家庭もあるようで、ベッドの使い方は家庭によってそれぞれのようです。パパやママのなかからは、家がすべてフローリングのため、湿気対策の手間などを考えてベッドを選んだという声も聞かれました。

家族でベッドを使いたいと考えたとき、ベッドの選び方や使い方に悩む方もいるかもしれません。具体的にどのような選び方をするとよいのでしょう。

ベッドサイズの選び方

家族で使うベッドを選ぶときには、ベッドサイズに注目するとよいかもしれません。ベッドサイズを決めるときのポイントをパパやママたちに聞いてみました。

誰が使うか

30代ママ
うちは2人の子どもがまだ幼いので、家族4人いっしょに寝たいと考えました。シングルベッド1台とクイーンベッド1台を連結させて並べたところ、4人で寝るのにちょうどよい広さになりました。
30代パパ
下の子が生まれてから、私と下の子、パパと上の子の組みあわせで寝ています。シングルだと狭く、ダブルだと大きすぎると思い、セミダブルのベッドを2台用意しました。
ベッドサイズを選ぶときには、誰がそのベッドを使うか考えて選ぶことが大切のようです。パパやママのなかからは、家族で寝具店へ足を運び、実際にベッドに横になってみることで、家族で寝るときのイメージを膨らませることができたという声も聞かれました。

家族の体格や寝相

30代ママ
子ども2人の家族4人で寝るファミリーベッドを用意しました。パパが大柄なので、余裕のある大きさにしたいと思い、ダブルベッドを2台購入しました。大きめのベッドを選んだことで、ゆったり眠れています。
家族の体格を考慮して、ベッドサイズを選んだというママの声がありました。パパのなかからは、子どもの寝相が悪いため広めのベッドを用意したところ、子どもがベッドから落ちる心配が減り安心して眠れているという声も聞かれました。

将来の使い方

タブルベッドとシングルベッド
Another_world/Shutterstock.com
30代パパ
「2歳の息子がいるため、シングルベッド1台とダブルベッド1台を連結させ、家族みんなで寝ています。子どもが小学校に上がったタイミングでベッドを分け、シングルベッドを子ども用として使いたいと考えています。
将来の使い方を考えてベッドサイズを選んだ家庭もあるようです。家族のライフスタイルが変わったときにどのような使い方をするか想定しておくと、ベッドを長く有意義に使うことができそうです。

子ども用ベッドの選び方で意識したこと

子どもが使うベッドを用意したいと考えているパパやママもいるかもしれません。実際に、子ども用ベッドを購入したことがあるパパやママに、選ぶときに意識したことを聞いてみました。

マットレスは硬めにする

30代ママ
ベビーベッドが狭く感じるようになった1歳半の子どもに、子ども用ベッドを購入しました。マットレスは柔らかすぎると子どもの顔が埋もれてしまうこともあると思い、少し硬めのものを選びました。
子ども用のベッドを選ぶときは、マットレスの硬さを意識するとよいかもしれません。硬めで弾力性のあるマットレスにすることで、子どもが寝返りを打ちやすいようだったというママの声もありました。

ベッドの高さを低めにする

20代パパ
下の子が生まれたタイミングで、4歳になる上の子に子ども用ベッドを購入することにしました。上の子は寝相が悪いため、ベッドの高さが低いタイプの子ども用ベッドを選んだところ、安心して見守ることができたのでよかったです。
子ども用のベッドはロータイプを選ぶ家庭もあるようです。ママのなかには、ベッドの高さを4段階で調節できるタイプを購入し、子どもの成長にあわせてベッドの高さを変えるようにしたという声もありました。

子どもが落ちにくいタイプを選ぶ

40代パパ
「2歳の娘用として、両サイドにベッドガードがついた子ども用ベッドを買いました。子どもがベッドから落ちるのを防げるほか、ベッドガードは取り外しできるので大きくなったら外してもよいかなと思います。
子どもがベッドから落ちないよう、ベッドガードがついた子ども用ベッドを選んだというパパの声がありました。ママのなかからは、ベッドに固定できる落下防止用クッションを使っているという声も聞かれました。

家族みんなが気持ちよく眠れるベッドを選ぼう

ベッドに寝転ぶ家族
iStock.com/kohei_hara

家族が使うベッドの選び方が気になるパパやママもいるようです。ベッドの使い方は、家庭によってそれぞれのようで、ベッドを使う人数や家族の体格、寝相などを考えて選ぶとよいかもしれません。

子ども用のベッドを選ぶときには、マットレスを硬めにしたり子どもがベッドから落ちない工夫をすることで安心して見守れそうです。家族が気持ちよく眠れるベッド選びができるとよいですね。

2019年08月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧