子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2017年12月14日

リビングのキッズスペースを作るには。子ども用本棚の活用など

リビングのキッズスペースを作るには。子ども用本棚の活用など

子どもが成長するにつれて増えていくおもちゃ。目の届くリビングで遊ばせたいけれど、リビングがおもちゃでいっぱいになって悩んでいませんか。今回は、おもちゃの収納も考えたおもちゃコーナーや絵本をしまう本棚などの例をあげながら、リビングにキッズスペースを作ることを考えてみました。

まずは子どもが安心して遊べるスペース作り

目の届くリビングに子どもが安心して遊べるキッズスペースを作りましょう。

プレイマット

クッション性があるプレイマットをリビングに敷いておくと、子どもの転倒やおもちゃなどで床が傷つくのを防げます。組み合わせて大きさを自由に変えられるのもプレイマットの特徴です。茶色や白などシンプルなものから、カラフルでかわいらしい柄のものまでいろいろな種類のプレイマットが出ているので、リビングや好みに合わせて取り入れてみるとよいでしょう。

じゅうたん

じゅうたんは、さっと敷くだけでリビングにキッズスペースが作れます。キッズスペースは、キッチンなどで家事をしながらでも目の届きやすいところに作るとよいでしょう。やわらかいじゅうたんをフローリングに敷いておくことで、子どもが寝たり転がったりしても安心です。

間仕切り

リビングとキッズスペースの空間を間仕切りして分ければ、リビングがすっきりした印象になります。子どもにも、ここで遊んでねと伝えやすいでしょう。間仕切りの仕方としては、収納も兼ね備えたラックや本棚を使う方法やサークルを使った方法などがあります。

おもちゃコーナー

子どもが自由に遊べ、お片づけもしやすいおもちゃコーナーを作りましょう。

ラック

子どものおもちゃは、ブロックやおままごとセットなど小さいものから、大きなぬいぐるみなどサイズはさまざまです。ラックに入れる収納ケースは、大きさがいくつかあるのでおもちゃの種類ごとに収納してもよいかもしれません。

また、どこに何が入っているかわかりやすいラックは、子どもが遊ぶときにも出しやすくお片づけしやすいのがメリット。リビングにラックを置いておもちゃコーナーを作り、子どもがお片づけしやすいようにしておくことは、散らかりやすいリビングの回避につながるでしょう。

カラーボックス

カラーボックス
Anna Baburkina/Shutterstock.com

手頃な価格で購入でき模様替えも楽なカラーボックスは、おもちゃコーナーを作るのに便利なアイテムのひとつ。上の段には見せるおもちゃを置き、下の段にはかごやバスケット、引き出しなど入れて使えば、おもちゃの収納を兼ね備えたキッズスペースになります。

また、おもちゃの収納だけでなく、子どもが小さい頃に必要となるオムツやおしりふきなどお世話グッズをしまっておくスペースとしても使えます。壁側において絵本を入れる本棚にしたり、ときには横に置いてちょっとした机にしたりと活用方法はさまざまです。置く位置によっては、カラーボックスをリビングとの間仕切りとしても使えるでしょう。

カラーバケット

鮮やかなカラーが目を引き、かわいらしい見た目と豊富なカラーが特徴のカラーバケット。おもちゃをしまうのにもぴったりです。子どもでも持ち運びが楽なので重ねたり、並べたりしておもちゃコーナーを作ることができます。

きちんとおもちゃ用の収納スペースを作っておくことは、キッズスペースが遊び場所かつ収納場所となります。カラフルで大きさもさまざまなおもちゃを蓋つきのバケットに入れて見えないようにしまうだけでも、リビングがすっきり見えるでしょう。

本棚

本棚を活用してキッズスペースを作りましょう。

マガジンラックタイプ

絵本の表紙が見えるように収納できるのがマガジンラックのメリット。子どもも何の絵本があるのか分かるので選びやすく、出したりしまったりも簡単です。おしゃれな絵本やかわいい絵本を並べるとインテリアとしても楽しめる収納になります。

本棚タイプ

本棚タイプは絵本を縦に並べて収納することで、多くの本を収納できます。家族が集まるくつろぎスペースのリビングに子ども用の本棚をおくことで、子どもも自然と本にふれる機会が増えるでしょう。また、リビングに馴染むような本棚を選び、統一感をもたせることで、狭いスペースでもすっきりと見せることができます。

キッズスペースできれいなリビング

リビングに広がるおもちゃ
TierneyMJ/Shutterstock.com

遊ぶ場所を明確にしてあげるキッズスペースは、子どもにとっては特別な場所となり、大人にとっては目の届く範囲で遊んでもらえる安心スペースとなります。

本棚などを活用しておもちゃや絵本のしまう場所を作り決めておくことは、子どもが遊んだあとにお片づけしやすい環境につながり、おもちゃでリビングが散らかることも少なくなるでしょう。また、リビングの雰囲気にあった色やデザインの家具などを選びキッズスペースを作れば、すっきりした印象のリビングになります。ぜひご自宅のリビングに、お子さんに合ったキッズスペースを作ってみてください。

インテリアの関連記事
カテゴリ一覧