子育てに便利なマザーズバッグ。リュックかトートどちらを選ぶ?

子育てに便利なマザーズバッグ。リュックかトートどちらを選ぶ?

バッグを使い分けるアイデアなど

子育てするときに使うマザーズバッグを、リュックかトートどちらにしようか迷っているというママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子育て中に使うバッグにリュックを選んだポイントとトートを選んだポイント、リュックかトートの使い分けでママたちが意識したことなどについて、体験談を交えてご紹介します。

マザーズバッグはリュックかトートどっちを選ぶ?

子育て中のママは持ち歩く荷物が多いので、マザーズバッグとしてリュックかトートがあると便利そうですね。それぞれ特徴に違いがあるので、リュックかトートのどちらにしようかと迷っているママもいるかもしれません。中には、両方持っていて使い分けているというママもいるようですが、バッグを選ぶときのポイントなどはあるのでしょうか。

ママたちがリュックを選んだポイント

子育てに便利なマザーズバッグにリュックを選んだママたちは、どのようなことをポイントにしたのでしょうか。

両手が空く

30代ママ
両手が空くのがよいと考えて、リュックを選びました。子どもを抱っこしたり、遊具に付き添っていっしょに遊んだりできるので便利だと思います。
20代ママ
自転車で移動することが多いので、リュックを選びました。自転車から降りるときにそのまますぐ子どもを抱っこできるので、楽に感じます。
子どもといっしょに遊ぶときや、自転車に乗るときに両手を空けたいと考えてリュックを選んだママがいました。抱っこしたり手をつないだりするのにもリュックだと荷物を気にせずに動けそうです。

体に負担がかかりにくい

リュックを背負った女性
One - stock.adobe.com
30代ママ
子どもとの散歩のついでに買い物をしたいと考えて、リュックを選びました。少し買いすぎて荷物が重くなっても両肩で支えるので、それほど負担に感じず助かっています。
30代ママ
私はなで肩なので、荷物が肩から落ちるのが心配でした。リュックの中でもチェストベルトがあるものを選んだところ、肩紐が落ちてこなくてとても快適です。
体の負担を意識してリュックを選んだママがいました。体が小さいママのなかには、大きなトートバッグでは荷物が重いとバランスが取りづらいと思ったので、リュックを選んだという声もありました。

パパと兼用できるデザインが多い

40代ママ
共働きの我が家は、荷物の入れ替えを少なくするためにパパと共通で使えるリュックを選びました。子どもと公園に行くときなどは、そのリュックに貴重品を入れればすぐに出かけられるので便利です。
デザインが豊富なリュックは、パパと兼用することを考えたときに選びやすいかもしれません。子育て用のバッグとしての役割を終えた後も、パパが使うことを意識してリュックを選んだという声もありました。

ママたちがトートバッグを選んだポイント

子育て用の荷物を入れるためにトートバッグを選んだママたちは、どのようなことをポイントにしたのでしょうか。

荷物の中身が見やすい

20代ママ
ベビーカーでの移動が多くなると思っていたので、ベビーカーに掛けたままでも中身が見えて、必要なものがサッと取り出せるトートバッグを選びました。
30代ママ
荷物の中身が見やすいトートバッグを選びました。パッと見て目的のものを取り出して、また同じ場所に戻せるので、バッグの中がごちゃごちゃせずに快適です。
子育て中に必要な荷物はたくさんあるのでバッグの中で迷子になったり、探しているうちに子どもの機嫌が悪くなったりすることもあるかもしれません。トートバッグは中身が見やすいので、お腹をすかせた子どもにミルクを作るのにも時間がかからないので助かっているというママの声もありました。

サイズが豊富

マザーズバッグ
New Africa/Shutterstock.com
30代ママ
マザーズバッグとして使った後に他の使い方をしたかったので、大きめのトートバッグを選びました。哺乳瓶をいくつか持ち歩く期間はそれほど長くなかったのですが、その後も旅行バッグとして活躍しているので、買ってよかったと思っています。
トートバッグはサイズが豊富なので、さまざまな使い方ができそうです。他にも、2個持ちしたかったので、大きすぎないサイズのトートバッグを選んで、貴重品は別に持つことができて便利というママの声もありました。

ママのファッションにあわせやすい

30代ママ
通勤時に使うことが多いと考えて、通勤スタイルにあわせやすいデザインのトートバッグを選びました。
20代ママ
トートバッグの中でもカジュアルすぎないデザインを選びました。友人の結婚式やおしゃれなレストランにもそのまま持って行けたので、よかったと思います。
ママの通勤着やマザーズバッグを持って行く場所を考えてトートを選んだママがいました。紐をつけるとショルダーバッグとしても使えるタイプのトートバッグを選んで、その日のコーディネートにあわせて使い分けているという声もありました。

リュックかトートの使い分けで意識したこと

子育ての荷物を入れるバッグに、リュックもトートも持っているママはどのように使い分けているのでしょうか。リュックかトートの使い分けで意識していることをママたちに聞いてみました。

シーンにあわせて使い分ける

30代ママ
近所の公園やスーパーに、子どもと私だけで出かけるときは身軽に動けるリュックを使います。写真に残るようなお出かけや、パパなどの人手があるときはトートを使っています。
40代ママ
病院や公園など徒歩で移動して両手を開けることが必要な外出ではリュック、動物園や買い物などベビーカーを長時間利用して行動するときはトートというように使い分けています。
子育てに必要な荷物を持ち歩くシーンを意識して、リュックかトートを使い分けているママがいました。他にもベビーカーでの移動にはリュック、車での移動にはトートという使い分けをしているママもいるようです。

子どもの成長にあわせて使い分ける

20代ママ
息子はおんぶが大好きだったので、マザーズバッグはトートしか使えない時期がありました。おんぶの必要がなくなって、走り回るようになってからはリュックが便利と感じることが増えています。
30代ママ
哺乳瓶の出し入れが多くて、抱っこひもでの移動がほとんどだった頃はトートが便利でした。子どもをトイレに連れて行くことが増えてからは、私と子どもで外出するときにリュックを選んで行くこともあります。
子どもの成長にあわて、リュックとトートを使い分けているママがいました。子どもによって遊び方や両手を空けた方が便利と感じるシーンはさまざまなので、実際に外出してみて使い分けの方法を探っていくとよいかもしれません。

マザーズバッグはリュックもトートも子育てに便利

赤ちゃんを抱き上げるママ
shirohige - stock.adobe.com
子育ての荷物を入れるのに便利なマザーズバッグに、両手が空くことやパパと兼用できることがポイントでリュックを選んだママと、荷物の整理のしやすさやサイズの豊富さでトートバッグを選んだママがいました。両方持っていて、リュックかトートを使い分けているというママの声もありました。ライフスタイルや子どもの活動の様子によって、便利と感じるポイントもさまざまなようです。自分にあったリュックやトートを使って、子どもとのお出かけが快適になるとよいですね。

2019年11月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧