レインコートのおしゃれな着こなし方。ママと子どものリンクコーデ

レインコートのおしゃれな着こなし方。ママと子どものリンクコーデ

ママと子どものおしゃれなレイングッズ

雨の日にレインコートをおしゃれに着たい、親子でリンクコーデをしてみたいと考えるママもいるでしょう。今回は、ママと子どものレインコートを選ぶポイントや、おしゃれな着こなし方やリンクコーデのコツ、おしゃれなレイングッズについて、体験談を交えてご紹介します。

雨の日のレインコートはどうしている?

雨の日は、服が濡れることや泥はねなどの汚れが気になり、おしゃれが楽しめないと感じるママもいるでしょう。

レインコートを着ておしゃれができたら、気分が落ち込みがちな雨の日も、楽しくすごせそうですね。子どもとリンクコーデをしてみたいと思うママもいるかもしれません。

今回は、ママと子どものおしゃれなレインコートについてご紹介します。

ママと子どものレインコートを選ぶポイント

ママと子ども別に、レインコートを選ぶときのポイントを聞いてみました。

ママ

30代ママ
子どもと雨の中を歩くので、泥が跳ねても目立たない色の、首元までしっかりチャックで閉じられるレインコートを選びました。

30代ママ
春や秋に着る薄手のコートは、軽い雨の日くらいならレインコートとしても着られる、撥水性のあるものを選びました。デザインは職場に着て行っても違和感がない、オフィスカジュアルに合わせやすいものにしました。
普段も着られるように、デザイン性を重視してレインコートを選ぶママがいました。子育て中のレインコート選びは、抱っこ紐を使ったり、自転車に乗ることを考えるという声もありました。

子ども

子供用の雨具セット
ulza - stock.adobe.com
30代ママ
子どもが小さいときは、人と被らない派手なデザインで、腕を通せるタイプのレインコートを選んでいました。小学生になってからは、ランドセルの上から着られるポンチョタイプにしました。
30代ママ
基本的には子どもの好きな色・柄で本人が選んでいますが、機能性のことは親が考えて『こっちの方にしてほしいな』などと誘導しています。安全面を考えてフードをかぶっていても周囲が見えやすいよう、フードの縁部分の布が透明になっているレインコートを選びました。
30代ママ
風が強いときや嵐のとき、袖から雨や冷気が入り込むのを防げるように、袖がゴムで絞ってあるデザインのものにしました。
自分から進んで着てくれるように子どもに好きなデザインを選んでもらったり、長く使えるように大きめサイズを買ったというママがいました。風が強い日も安心して着せられるデザインを選ぶことも大事なポイントのようです。

レインコートのおしゃれな着こなし方

レインコートをおしゃれに着こなすためには、どのようにコーディネートをするとよいのでしょうか。

レインコートを指し色にする

服や靴をモノトーンで揃え、レインコートを指し色に使うママがいるようです。カラフルなレインコートは存在感があり、着こなせるか不安を感じるママもいるかもしれませんが、シンプルな組み合わせでおしゃれを楽しめるかもしれません。

ベーシックなデザインのレインコートを取り入れる

カジュアルなモッズコート風のデザインなら、コーディネートに取り入れやすく、おしゃれも楽しめそうですね。紺やカーキなら、汚れも気にせず着られるでしょう。きれいめな格好が好きなママは、トレンチコート風のレインコートがよいかもしれません。

オーバーサイズ風に着る

メンズのレインコートを選び、オーバーサイズ風に着るママがいるようです。オーバーサイズのコーディネートをするときは、洋服を細身のシルエットにしたり、Iラインを強調するストレートなボトムスを履いたりするとバランスがよく見えるでしょう。

親子で楽しむレインコートを使ったリンクコーデのコツ

レインコートを着た親子
PhotoBook - stock.adobe.com
雨の日は、レインコートを使って親子でリンクコーデを楽しみたいママもいるでしょう。リンクコーデのコツについてご紹介します。

色味を揃える

子どもと服や小物をお揃いにするのは難しいと感じるママもいるかもしれませんが、色をリンクさせる方法は簡単にできそうですね。

レインコートや小物、洋服の色を全体的に青系で揃えたコーディネートにする、ママの傘と子どものレインコートを赤色で合わせるなど、さまざまな楽しみ方ができそうです。

同じ柄を取り入れる

コーディネートのどこかに同じ柄を取り入れて、リンクコーデを楽しむママもいるようです。ママと子どもで、ボーダーの幅やチェックの大きさが違うと、こなれ感が出ておしゃれなリンクコーデになるでしょう。

お揃いアイテムを取り入れる

お揃いのレインコートを取り入れるとリンクコーデ感がぐっと増します。アウトドアブランドのレインコートを親子で揃えるママもいるようです。お揃いに抵抗があるママも、同じブランドのレインコートを着るのは挑戦しやすいかもしれません。

ママと子どものおしゃれなレイングッズ

ママと子どもが雨の日に使っている、おしゃれなレイングッズをご紹介します。

30代ママ
傘は好きなブランドで、仕事にも持っていきやすくきれいに見えるので細めの取っ手のものにしました。
雨の日でも気分が上がるように、派手な色のかわいい傘を選ぶというママもいました。
30代ママ
子どもはイチゴ柄でガーリーなかわいいレインコートを着ているので、似たような柄の傘を選びました。
レインコートとお揃いの傘を選ぶママは多いようです。かわいらしいコーディネートになりそうですね。

長靴

30代ママ
ママ用の長靴は、履き口が細口タイプのかわいいレインブーツを購入しました。
赤い長靴を指し色として使うという声がありました。長靴は色やデザインが豊富なので、お気に入りの一足が見つかるとよいですね。
30代ママ
長靴とレインコートはいっしょに使うので、同じ柄のデザインを選びました。『いっしょだよ』と子どもも喜んでいます。
長靴を選ぶときは、レインコートの柄や色と揃えるとおしゃれになりそうです。子どもが履く、カラフルなデザインの長靴はかわいいですよね。

レインコートを着て雨の日のおしゃれを楽しもう

レインコートを着た女の子
Purino/Shutterstock.com
雨の日にレインコートを着るときは、指し色として取り入れる、オーバーサイズ風に着るなどの工夫をしておしゃれに着こなすとよいでしょう。

親子でレインコートや小物の色味や柄、デザインをお揃いにしたかわいいリンクコーデも楽しそうです。

雨の日は、おしゃれなレイングッズを取り入れたレインコートコーデができるとよいですね。

2019年11月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧