マザーズバッグはリュック派!!ママたちに聞く選び方やメリット紹介

マザーズバッグはリュック派!!ママたちに聞く選び方やメリット紹介

子育てママのリュック活用法を調査

マザーズバッグを検討しているママの中には、リュックにしようか悩んでいる人もいるかもしれません。どのようなリュックなら子育てしやすいか、具体的なメリットを知りたい場合もありますよね。周りのママたちがリュックを使っている理由や選び方、上手な活用法など、体験談を元にご紹介します。

マザーズバッグにリュックが気になる

子連れのお出かけに便利なマザーズバッグについて、どのようなタイプがよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ショルダーバッグやトートバッグなどもありますが、特にリュックタイプが気になるママもいるでしょう。

今回はマザーズバッグにリュックを使っているママたちに使用感を調査しました。リュックのよい点や選び方など、子育て中だからこそ気にしたいポイントをご紹介します。

【ママに聞く】マザーズバッグにリュックを使う理由

子育て中のママたちはどのような理由でリュックを使っているのでしょう。マザーズバッグはリュック派ママたちに、リュックのよい点を聞いてみました。

両手が使える

30代ママ
子どもと手を繋いで歩きたいのでマザーズバッグはリュック派です。両手が使えて便利です。
20代ママ
マザーズバッグと子どもの幼稚園の荷物、両方持ちやすいのでリュックを選んでいます。

リュックの最大の特徴は両手を自由に使いやすい点かもしれません。子どもが急に走り出しても身軽に動きやすいという声もありました。他の荷物も合わせて持ちやすいのも嬉しいポイントですね。

荷物が重くても使いやすい

リュック
iStock.com/fongfong2
20代ママ
ショルダータイプだと肩が痛くなりやすいのでマザーズバッグにはリュックを使っています。
30代ママ
マザーズバッグには手帳や子供用品、母子手帳などを入れるので結構重いです。身体の負担を考えてリュックを選びました。

荷物が重くなってもリュックなら持ち歩きやすいという声もありました。重い荷物を長時間持って歩く場合も考えられるので、身体への負担を気にするママもいるようです。リュック自体も軽いタイプを選ぶとより使いやすいかもしれませんね。

子どもを抱っこしやすい

30代ママ
お出かけにはベビーカーを持っていきますが子どもから抱っこをせがまれる機会は多いです。荷物が真後ろにきているリュックなら抱っこしやすいので気に入っています。
30代ママ
外で子どもを抱っこするときは抱っこ紐を使います。リュックなら抱っこしたときに子どもの足で汚れる心配もないので安心です。

外出中に子どもに抱っこをせがまれるときもあるでしょう。眠いときなど、ママの抱っこじゃないと嫌がる場合もありますよね。抱っこしやすいようマザーズバッグはリュックを選ぶママもいるようです。

マザーズバッグに使いたいリュックの選び方

マザーズバッグに使うならどのようなリュックがよいのでしょう。子育て中のママたちの選び方を聞きました。

汚れが目立たない色や素材

30代ママ
汚れても気にならないよう黒系のリュックをマザーズバッグに使っています。
30代ママ
汚れてもサッと拭いたら汚れがとれる素材のリュックを選びました。マザーズバッグは何かと汚れやすいので助かります。

散歩や公園など、子どもができると外で過ごす機会が増えるかもしれません。汚れが目立ちにくかったり、汚れてもお手入れしやすいリュックならどこでも気兼ねなく使えそうですね。

どんな服装にも合わせやすいデザイン

リュック
Dmitry Zimin/Shutterstock.com
30代ママ
中身を入れ替えずにいつも使いたかったので、シンプルで服装を選ばないデザインのリュックを選びました。
30代ママ
見た目が派手すぎず、仕事服でもしっくりくるデザインを選びました。仕事の日も使えて便利です。

どんな装いにも合うマザーズバッグなら、荷物の入れ替えやバッグを選ぶ手間が省けます。おしゃれを楽しめるよう合わせやすいデザインを選べるとよさそうですね。

ポケットが充実しているタイプ

30代ママ
持ち歩きたい子どもグッズがいっぱいあるのでポケットがたくさんついているリュックを選びました。
20代ママ
背負ったままでもすぐに取り出せるよう、サイドポケットが広く取り出しやすいタイプを選びました。ハンカチやスマホなどをサッと取り出せるので便利です。

子育て中だからこそポケットが充実したタイプを選んだママも多いようです。ポケットごとに荷物の定位置を決めれば、荷物が迷子にならずすみそうですね。

リュック派ママに聞くマザーズバッグの活用法

子育て中のママたちはリュックをどのように使っているのでしょう。使いやすくするためのコツを聞きました。

荷物は小分けして管理

30代ママ
小さな袋に持ち物を小分けしてわかりやすくしています。取り出しやすいです。
20代ママ
リュックの中でビニールの密閉袋を使っています。おもちゃ、オムツセット、ミルクや食事セットなど、透明だから中身が見えて管理しやすいです。

容量が大きいリュックほど荷物が見つかりにくい場合もあるかもしれません。チャック付きが透明袋などを上手に活用し、荷物を取り出しやすくしているママもいるようです。

持ち手部分も利用

30代ママ
子どもが何でも口に入れようとしたり指しゃぶりをするので、フックがついた携帯用の除菌ジェルを持ち歩いています。持ち手部分にひっかければすぐ使えるので便利です。
30代ママ
持ち手部分の片方に子どもの好きなキャラクターがついたバンダナを細く折って巻いています。外出先で子どもに渡せばちょっとしたおもちゃになるので重宝してます。

リュックについている持ち手部分を利用している声もありました。わざわざバッグをあける必要もないのは嬉しいですね。知らない間に落とさないよう、工夫をしながら利用できるとよさそうです。

リュックの使い分け

30代ママ
リュックを2つ買い、仕事がある日用とお休み用で分けています。よい気分転換になってます。
30代ママ
夫も使えるよう男女兼用のリュックを選びましたが、サイズがあわず夫用のリュックを購入しました。荷物が多いときは夫、少ないときは私が持つなど使い分けしています。

マザーズバッグをあえて2つ用意しているママもいるようです。荷物の量などに合わせて変更したり、気分によってルックを使い分けるのも楽しいかもしれませんね。

マザーズバッグに使いやすいリュックを見つけよう

公園を散歩する家族
© tatsushi - Fotolia

ママたちの声を集めると、リュックは子育てに向いているマザーズバッグのようです。仕様や使い方を考えながら、ママやパパにとって使いやすいリュックを見つけてみてはいかがでしょう。

お気に入りのリュックで子どもと外出を楽しめるとよいですね。

2019年10月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧