子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

生後10カ月の赤ちゃんとの結婚式。ドレスなどの服装やマナーなど

生後10カ月の赤ちゃんとの結婚式。ドレスなどの服装やマナーなど

生後10カ月の赤ちゃん連れでの結婚式は、ママの服装や赤ちゃんのドレスや食事、遠方の会場であれば移動手段など、さまざまな悩みが出てくるようです。今回は、生後10カ月の赤ちゃんを連れて結婚式に出席するときのマナーや気になることについて考えてみました。

生後10カ月の子連れで結婚式に出席

生後10カ月を迎えた赤ちゃん連れで結婚式に招待された場合、会場が遠方で足を運ぶのが難しかったり、授乳のタイミングが頻繁で出席ができなかったりと、出席を断念するママもいるようです。自分自身と赤ちゃんの体調、授乳のタイミングなどを考慮して、結婚式に出席するかどうか、無理のない範囲で決断することが大切かもしれません。

遠方の場合は

結婚式会場が遠方の場合、移動手段や移動時間などを考えたほうがよさそうです。ママにとっても赤ちゃんにとっても無理のない範囲なのかどうか、しっかりと見極めることが大切かもしれません。

パパや両親など協力してくれる人が周りにいれば、赤ちゃんと二人きりでの移動に比べて、楽に感じることがありそうです。例えば、車の運転を頼めたり、荷物を運ぶのを手伝ってくれたり、なかには披露宴中だけ赤ちゃんの様子を誰かに見てもらうというママの意見もありました。

食事

iStock.com/Floortje

10カ月の赤ちゃんのなかには、母乳やミルクに加えて離乳食が必要なこともあるようです。しかし、離乳食の内容には個人差があるようなので、赤ちゃんに適したものを持参しておくほうが安心かもしれません。また、哺乳瓶やお茶などの水分や、水分補給するための使い慣れたカップなども持参しておくと便利かもしれませんね。

生後10カ月の子連れで結婚式に出席する服装

生後10カ月の赤ちゃんといっしょに結婚式に出席するときは、赤ちゃんにはどのような服装が適しているのか、ママの服装にはどんな点に気をつければいいのかなどをご紹介します。

女の子の服装

生後10カ月の女の子の赤ちゃんであれば、スカート部分にボリュームがあるドレスのような服装が選ばれているようです。レースやリボンが使われたセレモニー風のドレスや、ヘアバンドやコサージュなどでおめかしをして出席するとよいかもしれませんね。

男の子の服装

生後10カ月の男の子の服装は、オムツ替えなどがしやすいタキシード風のロンパースなどが選ばれているようです。黒などの落ち着いたカラーを選ぶママが多いようです。蝶ネクタイなどで、より特別感を演出してみてもよさそうです。

ママの服装

結婚式の服装
buritora/Shutterstock.com

授乳をしているママには、授乳ができるワンピースやツーピースタイプの服装が選ばれているようです。母乳育児ではないママは、赤ちゃんのお世話がしやすい素材の服を選ぶとよいのではないでしょうか。また、安全性を考慮して低めのヒールを選ぶほうがよいかもしれません。

生後10カ月の子連れ結婚式での持ち物

生後10カ月の赤ちゃんと結婚式に出席する際は、どのような持ち物を持っていると役立つのでしょうか。

ミルクや授乳ケープ

授乳中であれば、授乳ケープを持っておくと便利かもしれません。授乳ケープがあれば、比較的授乳しやすそうですね。ミルクの場合であれば、ミルクと使い慣れている哺乳瓶、保温機能付きの水筒に入れたお湯を持っておくと安心ではないでしょうか。

オムツなどの育児グッズ

オムツやウエットティッシュは足りなくならないよう、多めに準備しておくとよさそうです。赤ちゃんが泣きだしてしまったときに、あやすための赤ちゃんお気に入りのおもちゃを持参するママもいるようです。

そのほかに、離乳食を食べるためのスプーンやフォークを持って行くという声もありました。赤ちゃんが眠くなって泣いてしまった場合に役立つ、抱っこひもも持っておくといいかもしれません。

着替えの用意

授乳や食事などで赤ちゃんの洋服や靴下、スタイなどが汚れてしまうことがあるかもしれません。そんなときに備えて、赤ちゃんの着替えは一式そろえて持っておくといいでしょう。汚れる可能性の高いものは、他のものより多めに用意しておくと安心かもしれません。

生後10カ月の赤ちゃんを預ける場合

生後10カ月の赤ちゃんといっしょに結婚式に出席するという選択肢以外に、誰かに赤ちゃんを預けて結婚式に出席するという方法もあります。その場合は自分自身が頼りやすい人や、頻繁に会っていて赤ちゃん自体が慣れている人などにお願いするのがよいのではないでしょうか。

オムツやウエットティッシュ、着替えやおもちゃなどの赤ちゃんをお世話するグッズもいっしょに預けるとよさそうです。ミルクの場合は、ミルクや哺乳瓶の準備、母乳の場合はあらかじめ搾乳しておいたものを預けるというママもいます。

周囲への配慮を忘れずに

iStock.com/Image Source

生後10カ月の赤ちゃんと結婚式に出席する際は、ママや赤ちゃんに無理のないようにしましょう。せっかくのお祝いの雰囲気を崩してしまわないよう、食事やおもちゃなどの準備は大切なのではないでしょうか。赤ちゃんのドレスやママの服装、遠方の場合の移動についてなども前もってしっかり準備して、周囲への配慮を忘れずに、大切な人の結婚式をしっかりお祝いしてあげたいですね。

2018年08月03日

ファッションの関連記事
カテゴリ一覧