生後5カ月の男の子、女の子の服装について。春夏秋冬のシーズン別の選び方など

生後5カ月の男の子、女の子の服装について。春夏秋冬のシーズン別の選び方など

生後5カ月の男の子、女の子にはどのような服装がよいのでしょうか。春夏秋冬の季節別にどのような服が適しているのか、素材やデザインも併せてご紹介します。

生後5カ月の赤ちゃんの服装選び

生後5カ月の赤ちゃん向けの服装には、男の子向け、女の子向けのデザインが各メーカーから豊富に販売されているので、好みに合ったものを選びたいですよね。

赤ちゃんの服の素材と種類

生後5カ月の赤ちゃんに適した服の素材や種類をみていきます。

素材

服装の種類
iStock.com/kuppa_rock

綿、パイルなどは肌になじみやすく、おくるみ、ブランケットなど赤ちゃん向けの衣類、グッズに使用される素材のようです。同じ素材のものでも、糸の太さ、織り方などによって手触りや柔軟性が変わることもあります。そのため、赤ちゃんの洋服を購入するときは、実際に手にとって素材を確かめるというママの声もありました。

種類

ボディスーツ、コンビなどの肌着類、トップス、ボトムスなど、ベビー服にはいろいろな種類があります。一概にこの組み合わせ、種類がよいというものはないので、季節や状況など、さまざまな条件を考えた上で服装を決めるとよさそうです。

生後5カ月の赤ちゃんの服装の選び方

生後5カ月の赤ちゃんにはどのような基準で服を選ぶとよいのでしょうか。

素材

生後5カ月の赤ちゃんには、何回も洗濯するという理由で丈夫で乾きやすい素材のものを選ぶというママの声があるようです。

サイズ

ベビー服のサイズは60cm、70cmなど、赤ちゃんの身長ごとにcmの単位で表記されていたり、6month、12monthなど、月齢ごとにmonthの単位で表記されることもあります。同じサイズ表記の服でも、メーカーや国によって若干サイズに違いがあるようです。服を購入するときはサイズ表記だけにとらわれず、赤ちゃんの実際の体形を参考に選ぶとよいかもしれません。

デザイン

生後5カ月の男の子
iStock.com/iryouchin

子ども服を扱うお店には、男の子、女の子向けのさまざまなデザインのベビー服が販売されているようです。例えば男の子なら車や怪獣、女の子ならハートや花など、ママの好みに合わせたり赤ちゃんが好きなキャラクターの洋服にしたりと、いろいろ選んでみると楽しいかもしれませんね。星や水玉など、どちらの性別にも合いそうなデザインを選ぶと、下に弟や妹ができた場合にも使えそうです。

外出時の服装

赤ちゃんとお出かけするときの服装を考えてみました。

春夏

生後5カ月の赤ちゃんに着せる服の組み合わせには、肌着・トップス・ボトムスや、肌着・ロンパースなどを選ぶというママの声もありました。

春夏は、基本の組み合わせに加えて薄手のパーカー、カーディガンなどがあると役立つかもしれません。なぜなら外の気温は暖かくても、施設によっては空調が効き過ぎていることもあるからです。そのためいつでも赤ちゃんの体温調節をしやすいように、軽く羽織れるものを持ち歩くというママもいるようです。

秋冬

秋冬の服の組み合わせは、春夏の組み合わせをベースに、温かみのある素材を選ぶとよいのではないでしょうか。例えばニット、ウールなどです。また外の気温は寒くなるので、ポンチョ、コートなどの温かいアウターを着せるようにしましょう。春夏と同様に施設内の空調を考慮して、暑くて汗をかいてしまったときのために着替えを用意していくというママもいるようです。

寝るときの服装

生後5カ月の赤ちゃんが寝るときの服装にはどのようなものがあるのでしょうか。

春夏

生後5カ月赤ちゃん
iStock.com/hideous410grapher

肌着とセパレートタイプ、肌着とロンパースタイプなどの組み合わせが考えられます。中には肌着を暑がる赤ちゃんもいるので、その場合は肌着を着せずそのままパジャマを着せるというママもいるようです。

秋冬

春夏の組み合わせを基本に、温かい素材のパジャマを選んでみてはいかがでしょうか。また春夏に使用したパジャマの上からスリーパー、ベストを着せるという方法もあるようです。決まった組み合わせはないので、赤ちゃんが過ごしやすい服装、組み合わせを心がけるとよさそうです。

赤ちゃんの衣替えの時期は

基本的には春夏秋冬の季節の変わり目に服装を変えるとよいかもしれません。家族の衣替えに合わせて、赤ちゃんの洋服の衣替えも行うとよさそうです。サイズアウトした服はママ友に譲ったりフリマアプリに出品したりするというママもいるようです。

生後5カ月の赤ちゃんに合った服装を

生後5カ月の服装
iStock.com/carton_king

生後5カ月の赤ちゃんに着せたい服装は、ママや赤ちゃんによって違うようです。春夏秋冬の季節や、男の子、女の子のデザインに合わせて服を選んでみてはいかがでしょうか。

2018年05月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧