HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE多世代交流の場を目指し、認定こども園の開園を決定

HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE多世代交流の場を目指し、認定こども園の開園を決定

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントは、持続可能な街づくりの一環として、2023年春に開業する北海道ボールパークFビレッジ(所在地:北海道北広島市、以下「Fビレッジ」)内に、キッズラボグループによる認定こども園を開園することを決定いたしました。子どもから大人まで、多世代が集い交流する拠点としての街づくりを目指します。
認定こども園
1.  認定こども園

新球場の南側、水辺や芝生エリアが広がるエリアに、キッズラボグループ(本社:東京都豊島区、代表:西原優博)による幼保連携型認定こども園を開園します。保育理念は「生きる力をはぐくむ」。思いやりの気持ちの芽生えと、個々のやりたい気持ちを大切にしながら、自己肯定感を育み、子どもたちの意欲・興味関心を伸ばす保育を行います。

設計デザインは、チームラボの建築集団チームラボアーキテクツが担当し、とことん遊びこみ、全身を使って空間を体験できる、工夫いっぱいの園舎を作ります。園内には、病児保育室も設置し、病児・病後のお子様も安心してお預け頂ける環境を整えます。子どもたちが自由に安心して活動できる環境を整え、子育て世代を応援していきたいと考えています。
詳細はこちら

2022年03月05日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧