オーガニックタオルブランドHippopotamusから洗濯用石けんが登場

オーガニックタオルブランドHippopotamusから洗濯用石けんが登場

柔軟剤がいらないほどふんわりと洗いあげ、タオルは本来持つ吸水性、 肌触りを最大限保った仕上がりに。肌と環境にやさしいドラム式洗濯機対応のナチュラル処方洗剤

環境にも人にもやさしいブランド「Hippopotamus(ヒポポタマス)」から、洗浄成分99%が植物油脂由来のナチュラル処方洗剤が、 9月18日(土)より発売。 

しっかりと汚れを落としながらも風合いはそのままに、柔軟剤がいらないほどの洗い上がりのよさで、敏感肌の方や赤ちゃんの衣類にも安心して使える商品となっている。
洗濯用石けん
今回発売の洗濯用石けんは、「Spring in Paris(スプリング・イン・パリス )」「Biscarrosse (ビスカロス)」「Golden Daffodil(ゴールデン・ダフォディル)」の3種類。

雨上がりのパリの街や、フランス南西のビーチ、 雪解けを告げる水仙の花などをイメージしたそれぞれの香りは、洗濯後にほのかに香る程度で、ギフトにも最適だ。
洗濯用石けん 左からSpring in Paris、Biscarrosse 、Golden Daffodilの全3種展開 各550ml 各2,980円(税込)
洗濯用石けん 左からSpring in Paris、Biscarrosse 、Golden Daffodilの全3種展開 各550ml 各2,980円(税込)
この洗剤は、洗浄成分の99%が天然植物由来のナチュラル洗剤でありながら、合成洗剤と遜色のない洗浄力を発揮。天然の界面活性剤が素早く繊維に浸透し、汚れを引きはがして再付着を防止するとともに、皮脂汚れを乳化させ溶かし出す。
 
吸水性を妨げる風合い加工剤は使用していないため、繊維に必要な油分を残して洗いあげ、風合いも長持ち。植物油脂を加水分解させて生成されたグリセリンが、洗い上がりをふわふわにし、静電気を予防する。

また、合成界面活性剤、蛍光増白剤、肌のタンパク質を攻撃する酵素などを一切含まず、 植物性の界面活性剤を使用した、天然油脂由来の純石けん成分を採用。アレルギー、敏感肌の方や赤ちゃんの衣類にもぴったりだ。

さらに、石けんは油やミネラルなどと結びつき、海洋生物のエサになる他、微生物の働きにより水と炭酸ガスに分解されることから、環境への負荷を抑制。 生分解が早い成分を使用し、ボトルにはリサイクルしたペットボトルを用いることで環境にも配慮している。

肌に環境にもやさしい「Hippopotamus」の洗剤を、この機会にぜひ家庭で取り入れてみては。

問い合わせ先/HPS
tel.03-3817-0855
http://hippopotamus.co.jp

2021年09月18日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ