チームラボ、テレビがアートとなり世界と繋がる新プロジェクト開始

チームラボ、テレビがアートとなり世界と繋がる新プロジェクト開始

世界中の人々が描いた花々で、一つの作品に

アート集団チームラボは、新型コロナウイルスによって世界中が分断していく中、例え、家に閉じこもっていなければならないときであっても、家で鑑賞し、家で参加し、そして世界と繋がっていく新たなプロジェクトを開始。

描いた花と、世界中の人々が描いた花々が一つの作品となって、世界中のテレビの中に咲き渡っていく「フラワーズ ボミング ホーム」を公開。
チームラボ
【作品】フラワーズ ボミング ホーム/ Flowers Bombing Home teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahash
【作品を鑑賞】
デバイスを準備する

作品はYouTube Live上でリアルタイムに生成され、鑑賞することができます。
準備したデバイスのYoutubeアプリで「フラワーズ ボミング ホーム」と検索して、鑑賞してください。
https://www.youtube.com/c/teamLabART/live
【作品に参加】
(1) お絵かき用紙に花の絵を描く
チームラボ
お絵かき用紙を公式ウェブサイトからダウンロードして、花の絵を描きましょう。
スマートフォン上で描くことも、印刷した用紙に描くことも可能です。
https://flowers-bombing-home.teamlab.art/jp/paint
(2) お絵かき用紙をアップロードする
お絵かき用紙に描いた花の画像を、公式ウェブサイトにアップロードしましょう。

(3) 花が咲く
チームラボ
アップロードされた花は、YouTube Live上で、世界中の人々が描いた花々と一つの作品となって咲き渡っていく。

世界中の人々が描いた花々が一つの作品となって、世界中のテレビの中に咲き渡っていく「フラワーズ ボミング ホーム」。ぜひ、プロジェクトに参加してみてはいかがだろうか。
問い合わせ先/チームラボ
https://flowers-bombing-home.teamlab.art/jp/

2020年08月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧