海洋プラから生まれたプロダクト「buøy(ブイ)」のECサイトがオープン!

海洋プラから生まれたプロダクト「buøy(ブイ)」のECサイトがオープン!

海洋ゴミを粉砕し、新しい製品に生まれ変わらせたアップサイクル工芸品

プラスチック製品の受託製造メーカーであるテクノラボから、海洋プラスチックゴミをアップサイクルして作った製品シリーズのブランド「buøy(ブイ)」が誕生。ECサイトがオープンし、予約販売を開始する。

昨今のプラスチックゴミが海に流出し生態系に及ぼす問題に対し、地域のビーチクリーン団体を継続的に支援できる仕組みづくりの第一歩としてECサイトをオープンさせた。
海洋プラ写真
長く大切にされる製品にしたいとの思いから、一点一点違う模様が現れる製造方法をとっている「buøy(ブイ)」の製品は、市販のプラスチック既製品に比べ個体差がある。海岸の立地や地形、潮の流れといった要因で海岸に漂流するごみは変わる。

「buøy(ブイ)」はそうした地域や季節に由来する表情の異なったプロダクトが生まれることが特徴。
トレイとコースターの写真
海洋プラからできたトレイとコースター
回収した海洋プラをごみとして終わらせるのではなく、ボランティア団体の収入を支える販売物となるように、アップサイクル工芸品を市場に普及させようと活動を続けるテクノラボの「buøy(ブイ)」。ぜひチェックしてみては。

問い合わせ先/株式会社テクノラボ buøy事業部
tel. 045-444-0220
http://www.techno-labo.com/rebirth/

2020年07月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧