マタニティ/子育て期のもやもやを飛躍につなげていくプログラム「マタニティリープ・エンジン」の定期開催を開始

マタニティ/子育て期のもやもやを飛躍につなげていくプログラム「マタニティリープ・エンジン」の定期開催を開始

〜コロナ禍の孤独な育児、育休や復職を飛躍の契機に〜

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
「マタニティを飛躍の機会に」をキャッチフレーズに、妊娠出産育児の可能性と選択肢を広げる活動を行っているマタニティリープ合同会社(本社:山梨県甲府市、代表:渡辺有貴、中西実和、安木千夏)は、2022年6月より(プレ)ママ、(プレ)パパの新たな飛躍を加速する「マタニティリープ・エンジン」のプログラムをオンラインで定期開催いたします。また、企業や行政単位でも企画開催いたします。孤独な出産、育児生活を新しい夢と実りある期間とすることが可能なこのプログラムを広くお届けします。
【URL】 https://note.com/maternity_leap/n/n7afc4a9d6f8a
マタニティリープ・エンジン
マタニティ/子育て期を飛躍の機会とするのに欠かせない3要素「つながり」「本音」「夢」を網羅

復職や転職、移住や家族構成の変化、価値観の転換や習慣の変化など、この時期にはさまざまな飛躍の切り口がありますが、マタニティリープは、そのベースとなる考え方や行動のOS(Operating System)です。

育休中に資格の取得やスキルを身につけるだけでなく、自らが願っていることをベースに飛躍するための3要素とは「つながり」「本音」「夢」です。マタニティリープの2年間の活動から開発された「マタニティリープモデル」のベースとなるこの3つの要素があることで、マタニティ期の不安や悩み、孤独な子育てから解放され、混沌とした日常や悩みは飛躍の種となります。

マタニティリープ・エンジンのプログラムでは、この3つの要素を、たった1時間という短い時間にコンパクトに凝縮することで、忙しいママ、パパが自分を犠牲にすることなく、飛躍していく機会を日常に提供していきます。
詳細はこちら

2022年07月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧