子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

人前での授乳に抵抗がある?公共の場や親戚の家などでの対処法

人前での授乳に抵抗がある?公共の場や親戚の家などでの対処法

公共の場で赤ちゃんがお腹を空かせて泣いてしまった場合、人前で授乳をすることに抵抗感を覚えるママもいるようです。とはいえ出先に授乳室がなかった場合など、ママたちはどうしたらよいのでしょうか。今回は人前での授乳に対するママたちの意見や、人前で授乳する際の対処法などについて調べてみました。

人前での授乳に抵抗ある?

公共の場などで赤ちゃんへの授乳が必要になってしまった場合、「人前での授乳に抵抗感」と感じるママもいるようです。現在授乳中のママたちに、人前での授乳が抵抗なくできるかどうか意見を聞いてみました。

できる派

授乳
Yaoinlove/Shutterstock.com

「相手が不快に思わないようであれば、誰の前でも人前で授乳することに抵抗感はないですね」(2児のママ)

「男女ともに、隠してさえいれば人前でも問題なく授乳できます」(1児のママ)

『人前で授乳できる』というママたちは、授乳ケープなどで隠していれば抵抗感なく授乳ができるという人が多いようでした。なかには人前で授乳していた際「周りの人が気にするから人前での授乳はせめて授乳ケープをしたほうがいい」とパパから指摘されてしまったというママもいたようです。

できない派

「男性の場合、何も気にせずに授乳できるのは夫の前だけです。授乳ケープがあれば実父も大丈夫です。基本的には人前で授乳は抵抗がありますね」(1児のママ)

「夫と親族と親しい友人までなら授乳を見られても大丈夫です。そのほかの人は授乳ケープがあれば人前でも授乳できるかもしれませんが、できるなら避けたいです。公共の場では授乳ケープがあっても抵抗があります」(1児のママ)

『人前で授乳できない』というママたちは、夫や親族など親しい間柄の人の前では授乳できるけれど、それ以外の人の前では避けたいなど、ママによって『人前』の捉え方が異なるようです。人前で授乳できるかどうかはママによってさまざまな考え方があるということがわかりました。

【体験談】人前での授乳への抵抗感

人前での授乳に抵抗
takayuki/Shutterstock.com

ママたちが実際に「人前での授乳に抵抗感」と感じるのは、どのような場面なのでしょうか。ママたちの実体験を集めてみました。

感じ方はさまざま

「親戚の集まりがあり、親戚の家で別室を借りて授乳していました。すると幼稚園の女児の親戚の子が入ってきて、授乳シーンを凝視。正直ちょっと戸惑いました。慣れない場所で、さらに人前での授乳となるととても緊張してしまいます」(1児のママ)

「友だち夫婦と外でランチをしていたら、友人ママがその場で突然授乳開始。私自身が人前での授乳に抵抗がある方だったので、私の夫の前でも気にせずに授乳する友人にびっくりしてしまいました」(2児のママ)

ママたちは日常のふとしたシーンで、人前での授乳に抵抗を感じるシーンに出くわしているようです。ママ自身にもいろいろな考え方があるように、周囲の人々も人前での授乳に対してさまざまな考え方があり、なかには快く思わない人がいるようです。

配慮も大切

「人前での授乳を避けた結果なのですが、外出先の近くの図書館に授乳室ありの案内があったので利用することに。実際は授乳室というよりトイレの個室のなかの一角にちょっとしたスペースがあるだけで、便器を目の前に授乳するのは複雑な気分でした」(1児のママ)

人前での授乳はママ自身が周囲に配慮しながら、また周囲もママに対して配慮をすることが大切なのかもしれませんね。

人前での授乳の対処法

対処法
ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com

外出先に授乳室がなかった場合や緊急時など、人前で授乳をしなければならないときにママたちはどうしたらよいのでしょうか。人前で授乳しなければならないときの対処法について、ママたちの意見を参考にしながら考えていきます。

授乳ケープを常備

ママたちの意見のなかで最も多かったのが「外出時に必ず授乳ケープを持参する」という意見でした。エプロン型やポンチョ型など、最近ではさまざまな形の授乳ケープがあるほか、紫外線対策のものがあったり、ママと赤ちゃんの肌に優しい素材にこだわった授乳ケープなどもあるようです。

授乳ケープを常備していることによって、実際に使用せずとも「外出時に安心感を持ってお出かけできた」というママの意見もありました。

外出時だけミルク

次いで多かったのが「ミルクに頼る」という意見でした。自宅では母乳をあげているというママも、人前で授乳しなければならないシーンではミルクを飲ませて臨機応変に授乳に対応しているようです。外出時間と子どものミルクの時間を計算して準備したり、すぐに哺乳瓶を洗えないことを想定して哺乳瓶を2個持つようにするなど、ママたちはさまざまな工夫をしているようです。

授乳の場所を自分で選ぶ

場面は限定的になってしまいますが、親戚の集まりがあった際に祖母や義母などに「気にせずここで授乳して」と、親族の前で授乳をするよう声をかけられて戸惑ったことのあるママもいるようです。親族とはいえ人前での授乳に抵抗がある場合、事前にどう断るか考えておくことでうまく対処できるかもしれません。

「静かな所でないとうまく飲めない子なので、別室に移動させてもらいます」など、別室に移動しなければならない理由をやんわり伝えられると、お互いに嫌な思いをせずに済むかもしれませんね。

このほかにも、車のなかで日よけのシートがあると外からの目隠しになって便利だったなど、人前での授乳を対処する方法はいくつか考えられそうです。いざというときに困らないよう、あらかじめ自身と赤ちゃんに合った対処法を考えておくと安心できるかもしれません。

人前での授乳はお互いに気遣いを

人前の授乳
DeymosHR/Shutterstock.com

今回ママたちに話を聞き、人前での授乳は人によってさまざまな考え方があることがわかりました。人前で授乳することに関して、こう考えるのが正しいという答えはないため、ときには夫婦間であっても意見の相違が出てしまうこともあるようです。

ママ自身が人前で授乳する際の対処法を考えておいたり、考え方に違いがあることを理解するなど、人前での授乳はお互いにちょっとした気遣いを心がけることで、ママも赤ちゃんもストレスなく授乳できるようになるのかもしれませんね。

2018年03月04日

産後の関連記事
カテゴリ一覧