子どもと登山を楽しもう。子どもが喜ぶ登山スポットや親子で楽しむアイデア

子どもと登山を楽しもう。子どもが喜ぶ登山スポットや親子で楽しむアイデア

季節や時間帯など子どもとの登山で考えたいポイント

子どもと登山をしようと考えたとき、山選びや準備のほかにも、時間帯や季節など事前に考えておくとよいことが気になることもあるのではないでしょうか。今回の記事では、子どもと楽しめる登山スポットや考えておきたいポイント、楽しむ工夫についてママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもと登山をしよう

夏休みなどの長期休みに、家族で子どもとの登山を計画したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。初めて登山をする場合は、子どもと楽しめる登山スポットや、どのようなことを考えておくとよいのかといった準備や心構えが気になることもありますよね。

今回は、子どもと登山を楽しめる場所や登山をするときに事前に考えたいポイント、楽しむ工夫についてパパやママたちの体験談を集めました。

子どもと楽しめる登山スポット

ママやパパたちは、子どもとどのような場所で登山を楽しんでいるのでしょうか。実際に子どもといった登山スポットを聞きました。

自然公園

30代パパ
登山というほどでもないかもしれませんが、自然公園に行った際に、公園内の散策コースを親子で歩きました。もう少し大きくなったら、山登りにもチャレンジしてみたいですね。

自然公園内の散策コースは、ピクニック気分で楽しむことができそうです。子どもがまだ小さく、登山に慣れない場合でも、初めての山歩きとして気軽にチャレンジしやすいかもしれません。

近隣の山

山
iStock.com/Yagi-Studio
20代パパ
子どもが幼稚園の年長のときに、近くの有名な登山スポットに行きました。片道1時間くらいの登山道だったので少し不安はありましたが、本人はとても張り切っていました。

近隣の有名な登山スポットは、登山道やトイレなども整備されていることから登りやすいかもしれません。人も多く子ども連れの方もたくさんいたので、初めてでも安心して登れたという声もありました。

トレッキングコース

30代ママ
夏休みに旅行に行った際、バードウォッチングを兼ねてトレッキングコースを歩きました。インストラクターの方がいろいろ教えてくださるので、子どもたちも飽きることなく楽しんでいました。

ほかにも、親子向けの体験イベントの企画に参加してトレッキングコースを歩いたという声もありました。参加者との交流が広がる体験イベントは、また違った登山の楽しみが見つけられるかもしれませんね。

子どもと登山をするときのポイント

子どもと登山をするときには、どのようなことを考えておくとよいのでしょうか。登山をするときのポイントについて聞きました。

季節や時間帯

30代パパ
子どもと登山に行くときは、暑すぎず、寒すぎない季節を選んでいます。また、天気予報なども確認しながら天気のよい日に予定を立て、当日天候が悪い場合は延期するなどして対応しています。
20代ママ
午前中から登り、午後には山を降りられるような計画を立てています。前日の夜はしっかり眠るよう生活リズムも心がけるようにしています。

子どもとの登山では、すごしやすい季節を選ぶほかにも、時間帯についてもしっかり考えておきたいですね。当日万全で登山に望めるように、前日のスケジュールにも気を配ることができるとよいかもしれません。

登る山

20代ママ
登山道は険しくないかや、トイレや休憩できる場所があるかなどを確認しながら子どもと登る山を選んでいます。また、歩く際は危険のないよう大人が谷川を歩くよう配慮しています。
30代パパ
子どもと登山をする山を選ぶ際は、登山道が駅やバス停に近いかや山へのアクセスが便利かどうかを確認しました。

子どもと登る山選びでは、山道や施設、アクセス方法などを事前に確認しておくのもポイントのようです。登山の最中は、子どもがけがなどしないように安全面にも気を配るようにするとよいかもしれません。

服装や持ち物

トレッキングシューズ
iStock.com/FatCamera
30代パパ
基本的には、動きやすい長袖長ズボンに履き慣れたスニーカースタイルですね。『もっと高い山に登ってみたい』と意欲的なので、トレッキングシューズの購入も検討しています。
20代ママ
急な天候の変化に備えて、レインウェアは必ず持っていきます。夏など紫外線が気になる場合は、帽子も用意しますし、子どもが小さいので抱っこ紐も必需品です。

動きやすい服装以外にも、レインウェアや帽子などの登山グッズを用意しておくとよいようです。子どもの成長にあわせて、抱っこ紐などのお世話グッズや救急セットなども忘れないようにしたいですね。

子どもと登山を楽しむアイデア

子どもとの登山をより楽しむためにママやパパたちはどのような工夫をしているのでしょうか。登山を楽しむアイデアについて聞きました。

登山の目的を作る

30代パパ
子どもの興味にあわせて、目的を作るようにしています。以前プレゼントしたカメラに夢中だったので、カメラを持っていく提案をすると、『たくさん写真を撮って、アルバムを作りたい』と張り切っていました。

登山の目的があることで、子どもが楽しみに感じてくれたり、「~してみたい」というきっかけになったりすることもあるかもしれません。登山計画を子どもといっしょに立ててみるのも面白いのではないでしょうか。

ゲームを取り入れる

30代ママ
登山中は、家族で会話をしながら歩いていますが、長い階段があったときに『何段あるか数えっこしよう』と言うと、ゲームに夢中になり楽しく登れたようです。

子どもが歩くのに飽きてきたときなど、歩きながら楽しめるゲームを取り入れてみるのもよいかもしれません。しりとりや、山にまつわる連想ゲームなど、工夫しながら山歩きを楽しめるとよいですね。

子どもといっしょに登山を楽しもう

パパに抱っこされた女の子
iStock.com/monzenmachi

子どもと楽しめる登山スポットには、山以外にも、自然公園やトレッキングコースなどがあるようです。子どもとの登山を計画するときは、季節や時間帯を意識したり、登山道やトイレなどの施設などを確認しながら、準備をするとよいかもしれません。

登山の目的を作ったり、ゲームなどを取り入れたりと工夫しながら、子どもとの登山を家族で楽しめるとよいですね。

2019年07月28日

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧