子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年02月01日

北海道にある赤ちゃん連れにおすすめの動物園。授乳室やオムツ替えスペース、ベビーカーの貸出状況など

北海道にある赤ちゃん連れにおすすめの動物園。授乳室やオムツ替えスペース、ベビーカーの貸出状況など

北海道の赤ちゃん連れにおすすめの動物園はどこでしょうか。授乳室やオムツ替えスペース、ベビーカーの貸出があるかなど、気になるポイントを調べてみました。

北海道にある赤ちゃん連れにおすすめの動物園について

いろいろな動物に会える動物園!

赤ちゃんといっしょに家族で動物園に出かけるときは、授乳室やオムツ替えスペース、ベビーカーの貸出があるかなど気になるパパやママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ママ目線で選んだ赤ちゃん連れにおすすめの北海道の動物園を5つご紹介します。

札幌市円山動物園

いろいろな動物たちの行動を間近で見たり、飼育員による解説を聞いたりできる「みんなのドキドキ体験」がある動物園。ヒツジやアヒル、ガチョウが放し飼いの「こども動物園」は、子どもに大人気!

授乳室が5カ所あるほか、ベビーカーの有料貸出やベビーシートが設置されたトイレもあり、赤ちゃん連れでも安心できそうです。

http://www.city.sapporo.jp/zoo/

住所・電話番号

〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1
 
011-621-1426

料金

大人:600円(高校生以上)
子ども:無料(中学生以下)
札幌市内に居住の65歳以上:無料
年間パスポートがあります。

アクセス

【電車】
地下鉄東西線「円山公園駅」から徒歩約15分

【バス】
地下鉄東西線「円山公園駅」バスターミナルから、JRバス「動物園線」で「動物園前駅」下車すぐ
 
【車】
地下鉄南北線「さっぽろ駅」から約15分

営業日・営業時間

毎月第2、第4水曜日休み(祝日の場合は営業し、翌日が休み)
 
開園時間9:30、閉園時間16:30(3月~10月)
開園時間9:30、閉園時間16:00(11月~2月)

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)ベビーカーの有料貸出があります。(1台250円)
 
(2)園内に授乳室が5カ所、設置されています。

(3)オムツ交換ができるトイレや、「こども用小便器」が設置されたトイレがあります。

そのほか

【生き物情報】
(1)「モルモットのふれあい体験」や「リスザルのエサやり体験」があります。
 
(2)いろいろな動物の「おやつタイム」や「お食事タイム」、「ガイド」が行われています。

【入場制限】
ペット同伴での入場はできません。

駐車場

有料:普通車1回700円 / 959台

※この施設の詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

釧路市動物園

園内の遊園地で、大観覧車やメリーゴーランドなども楽しめる動物園。「こども動物園」の「ふれあい広場」では、ウサギなどの動物とふれあえ、赤ちゃん連れにもおすすめ!

ベビーカーの有料貸出、授乳室、オムツ交換ができるトイレがあり、オフィシャルサイトには「園内授乳施設とトイレマップ」の掲載もあります。

http://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/

住所・電話番号

〒085-0201 北海道釧路市阿寒町下仁々志別11
 
0154-56-2121

料金

大人:570円
子ども:無料(中学生以下)
年間パスポートがあります。

アクセス

【バス】
「JR釧路駅」駅前から70番、77番、88番のバスで「釧路市動物園」下車
 
【車】
「釧路空港」から約11分

「JR釧路駅」から 約27分

営業日・営業時間

12月~2月の毎週水曜日休み(祝祭日は除く)
  
開園時間9:30、閉園時間16:30(4月10日~体育の日)
開園時間10:00、閉園時間15:30(体育の日の翌日~4月9日)

※毎年11月4日~翌年4月9日まで、西門を冬期閉鎖するため、入園は正門からのみとなります。
※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)ベビーカーの有料貸出があります。
 
(2)オムツ交換のできるトイレが設置されています。

(3)授乳施設が3カ所あります。

(4)園内に遊園地があります。(別途料金がかかります。)

そのほか

【生き物情報】
(1)「パクパクタイム」が、毎日行われています。
 
(2)4月上旬~10月上旬に「アルパカ散歩」が行われています。

(3)6月と11月に「ペンギンウォーキング」が行われています。
 
【クーポン情報】
(1)「動物園+リフレ入湯セット大人券」や「動物園+リフレ入湯ファミリーセット券」などのセット券があります。
 
(2)釧路市内5施設の共通入園券「55パス(大人向け)」があります。

(3)北海道内の指定の動物園・水族館の年間パスポートを提示すると、団体料金の適用が受けられます。
  
【入場制限】
ペット同伴での入場はできません。

駐車場

無料

※毎年11月4日~翌年4月9日までは、正門前を駐車場として利用できます。 
※この施設の詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

旭川市旭山動物園

「ほっきょくぐま館」や「あざらし館」など、動物たちのいろいろな姿を観察できる展示方法で全国的にも有名な動物園。

園内で動物にふれあえる唯一の空間「こども牧場」では、ウサギやモルモットなどとのふれあい体験ができ、赤ちゃん連れにもおすすめ!夏期開園期間のみベビーカーの無料貸出があるほか、授乳室もあります。

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

住所・電話番号

〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼
 
0166-36-1104

料金

大人:820円(高校生以上の通常料金)、590円(高校生以上の旭川市民特別料金)
子ども:無料(中学生以下)
年間パスポートがあります。

※旭川市民特別料金の適用を希望する場合には、入園券購入の際に運転免許証や健康保険証などを提示してください。旭川市内の高等学校及び高等専門学校(3年生までの者に限る)に在学している生徒は、学生証を提示してください。

アクセス

【バス】
JR「旭川駅」から旭川電気軌道「旭山動物園線」で「旭山動物園」下車
 
「旭川空港」から旭川電気軌道「旭川空港~旭山動物園線」で「旭山動物園」下車(ノンストップ便)
 
【車】
道央自動車道「旭川北IC」から約24分
   
「旭川空港」から約22分

営業日・営業時間

開園時間9:30、閉園時間17:15

※季節によって営業時間の変動があります。 
※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)授乳室が館内4カ所に設置されています。
 
(2)夏期開園期間中に限り、ベビーカーの無料貸出があります。

そのほか

【生き物情報】
(1)いろいろな動物の「もぐもぐタイム」、「なるほどガイド」が行われています。(タイムスケジュールは当日の朝に決定します。)

(2)「ワンポイントガイド」が毎週日曜日と祝日に行われています。(動物・テーマは毎回変わります。)

(3)冬期の積雪期のみ、「ペンギンの散歩」が行われています。
 
【クーポン情報】
(1)北海道内の指定の動物園・水族館の年間パスポートを提示すると、団体料金の適用が受けられます。
 
(2)旭川市内の宿泊施設の宿泊利用者限定で、「おもてなし券(1泊2日券)」があります。
 
【入場制限】
ペット同伴での入場はできません。

駐車場

無料:約700台

※この施設の詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

栗山公園なかよし動物園

「栗山公園」という大きな公園内にある動物園。ポニーやシカ、サル、ウサギ、モルモットなどのかわいい動物たちに会えます。

公園内には、「SL&キッズSL広場」や「遊具広場」もあるので、赤ちゃん連れでも楽しめそうです!動物園にベビーカーで入園できるほか、公園内には、オムツ交換ができるトイレがあります。

http://t-daria.com/parktop/zoo.html

住所・電話番号

〒069-1501 北海道夕張郡栗山町桜丘2-38-16
 
0123-72-0706

料金

大人:無料
子ども:無料

アクセス

【電車】
JR「栗山駅」から徒歩約15分
  
【車】
JR「栗山駅」から約5分

営業日・営業時間

開園時間10:00、閉園時間17:00(4月29日~8月31日)
開園時間10:00、閉園時間16:00(9月1日~11月3日)

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)ベビーカーでも入場できます。
  
(2)オムツ交換ができるトイレがあります。

そのほか

【生き物情報】
(1)「パクパクタイム」では、ポニー、ウサギ、モルモット、ヤギ、エゾシカにエサをあげられます。
 
(2)「えさやりシューター」で、水鳥たちにエサやりができます。

※「パクパクタイム」と「えさやりシューター」は、別途料金がかかります。

駐車場

無料:143台

※この施設の詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

おびひろ動物園

夏期開園中は、空中観覧車やメリーゴーランドなどの遊具を楽しむこともできる動物園。日替わりで行われる、飼育員による「スポットガイド」が人気のようです。

「ちびっこふぁーむ」では、モルモットやヤギ、ヒツジとのふれあい体験ができるので、赤ちゃん連れでも楽しめそうです!園内には、授乳室があります。

http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/zoo/

住所・電話番号

〒080-0846 北海道帯広市字緑ヶ丘2
 
0155-24-2437

料金

大人:420円
子ども:210円(高校生)、無料(中学生以下)
65歳以上:210円
年間パスポートがあります。

アクセス

【電車】
JR「帯広駅」より十勝バス 「大空団地行」で「動物園前」下車後、300mで南門
 
JR「帯広駅」より拓殖バス「南商業高校線・帯広の森線」で「緑ヶ丘6丁目美術館入り口」下車後、600mで正門
 
【車】
「帯広空港」から国道236号線経由で約30分

営業日・営業時間

※季節によって営業時間の変動があります。 
※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)授乳室が2カ所あります。
 
(2)園内に「空中観覧車」などの遊具があります。

※遊具は別途料金がかかり、冬期開園中は運休となります。

そのほか

【生き物情報】
(1)「ちびっこふぁーむ」で、モルモットやヤギ、ヒツジとふれあうことができます。
 
(2)飼育員による「スポットガイド」が行われています。(スケジュールは当日決まります。)
 
【クーポン情報】
(1)北海道内の指定の動物園・水族館の年間パスポートを提示すると、団体料金の適用が受けられます。
 
(2)「動物園」、「百年記念館」、「児童会館」を1回ずつ利用可能な「3園館共通券」があります。
 
【入場制限】
ペット同伴での入場はできません。

駐車場

230台

※臨時駐車場もありますが、冬期間は使用できません。
※この施設の詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃんといっしょに北海道の動物園を楽しもう!

今回は、北海道にある赤ちゃん連れで楽しめる動物園をご紹介しました。

授乳室やオムツ替えスペース、ベビーカーの貸出などがあるかを知っておくと、赤ちゃん連れでも安心して、動物園を見学できそうですね。赤ちゃん連れでのお出かけプランの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

※今回の記事でご紹介している情報は、2018年1月30日時点で作成した記事になります。

※この記事のトップに掲載している写真は、イメージ画像です。

おでかけの関連記事
カテゴリ一覧