幼児食に作りたいオムライスのアレンジレシピ。作るときのポイント

幼児食に作りたいオムライスのアレンジレシピ。作るときのポイント

子どもがよろこぶオムライスの簡単な作り方

幼児食のオムライスを作るとき、レシピや献立に悩むママやパパがいるかもしれません。ミックスベジタブルや炊飯器を使った調理方法や子どもがよろこぶレシピで作りたい場合もあるでしょう。今回は、アレンジレシピや幼児食でオムライスを作るときのポイントをママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもがよろこぶオムライスを幼児食に作りたい

幼児食でオムライスを作るとき、子どもがよろこぶアレンジレシピにはどのようなものがあるのでしょう。作り方のポイントや、時短のコツを知り、上手に調理ができるとうれしいですよね。

今回は、オムライス作りのアレンジ方法や作り方のポイントをご紹介します。

子どもがよろこぶオムライスのアレンジレシピ

子どもがよろこぶ幼児食のオムライスのアレンジレシピをご紹介します。

ウインナーとコーンのオムライス

1.玉ねぎをみじん切り、ウインナーを薄切りする。コーン缶をざるに開けて、水気をきる
2.フライパンにバターを溶かして玉ねぎを炒める
3.玉ねぎが透き通ったら、ウインナーとコーンを入れる。ケチャップを入れてなじませる
4.ご飯を入れて全体がケチャップ色になるよう、具と混ぜ合わせながら炒める
5.ケチャップライスをお皿に盛り付け、卵を包むようにのせる

子どもがよろこびそうなウインナーやコーンを使ったオムライスレシピです。紹介している食材の他に、ツナを入れてもおいしそうですね。

盛り付けるとき、子どもの好きなものの形にして、見た目も楽しめるようにアレンジしてみるのもよいかもしれません。

とろーりチーズのオムライス

料理をする女性
iStock.com/Satoshi-K

1.熱したフライパンに玉ねぎ、ひき肉を入れてよく炒める
2.食材に火が通ってきたら、ケチャップとご飯を入れ混ぜ合わせる
3.ケチャップライスをお皿に盛り付け、スライスチーズをのせる
4.ケチャップライスの上から卵を包むようにのせる

ケチャップライスと卵の余熱でチーズが溶けるチーズオムライスレシピです。

卵でご飯を包みたい場合は、溶いた卵を流し入れた上にケチャップライスとスライスチーズをのせ、卵が固まってきたら半分にたたむように包みましょう。

オムライスむすび

1.好みの食材を切り、熱したフライパンで炒める。火が通ってきたらケチャップを入れる
2.ケチャップが食材になじんだら、ご飯を入れて混ぜ合わせてお皿に取り出す
3.空いたフライパンに油をひき、溶いた卵を入れ薄焼きにする
4.卵にしっかり火が通ったら、取り出してラップの上に広げる
5.余熱がとれたら、薄焼き卵の上にケチャップライスをのせてラップの上から握る

お弁当にぴったりなオムライスのおにぎりレシピです。おにぎりにすると、見た目がかわいらしく子どもがよろこびそうですね。

海苔を使って、子どもの好きな動物やキャラクターに見立ててもよいかもしれません。薄焼き卵を型抜きでくり抜くアレンジ方法もあるようです。

幼児食でオムライスを作るときのポイント

幼児食でオムライスを作るときに注意することをママたちに聞きました。

卵にしっかり火を通す

4歳の子どものママ
半熟ではなく、しっかり火を通すようにしました。
5歳と3歳の子どものママ
卵は半熟では作らないよう意識しています。やわらかくしたいときは、牛乳を混ぜます。火が通ってきたら火を止めて蓋をしたり、アルミホイルで包んだりして余熱で火を通すよう工夫しています。

幼児食でオムライスを作るとき、卵にしっかり火を通すよう注意しているママがいました。

半熟卵で作るのが心配な場合は、十分に加熱されているか確認してから子どもに食べさせると安心でしょう。

味つけを濃くしすぎない

4歳の子どものママ
味つけが濃くならないように塩加減やケチャップの量に気をつけました。

オムライス作りで使うバターやケチャップの量を少なめにするなど濃い味付けや塩分に気をつけているママがいました。幼児食は大人用と同じ量で調理せず、薄めの味付けを心がけるとよいかもしれません。

いっしょに調理するときは、調味料を使う工程で大人用と子ども用を分けると簡単に分けられるでしょう。

食材をアレンジする

オムライス
iStock.com/piyato
20代のママ
子どもが好きなカニカマを大きめに切って入れています。
30代のママ
子どもの苦手なほうれん草やニンジンを入れて作りました。

子どもが好きな食材を使ったり、苦手な野菜を食べられるようにオムライスに入れたりとさまざまな工夫をしているママがいました。子どもの好みに合わせてアレンジするとよいでしょう。

コンソメやカレー粉などを使って、幼児食の味付けのバリエーションを広げるとよいかもしれませんね。

盛り付けを工夫する

20代のママ
子どもが2歳の頃、キャラクターに見えるよう盛り付け、ケチャップで顔を描いたらよろこんでくれました。
30代のママ
ケチャップで絵を描くと子どもがよろこびます。量が多くなるとしょっぱくなるので線の少ない絵になるようにしています。

子どものよろこぶ見た目になるよう工夫したり、ケチャップで絵を描いたりと盛り付けを工夫しているママもいました。ケチャップの他に、野菜などの食材を使ってデコレーションしてもよいかもしれません。

オムライスの時短調理法

オムライスを作るとき、時短で作りたいママやパパもいるでしょう。オムライスの時短調理法や簡単に作るコツをご紹介します。

ミックスベジタブルを使う

ミックスベジタブルを使うと、ケチャップライスに入れる食材を切る時間を短縮できるでしょう。電子レンジで加熱してすぐにご飯に加えられ、便利かもしれません。

簡単に数種類の野菜を取り入れられ、オムライス以外の献立の調理にも役立ちそうですね。

炊飯器で作る

食材、調味料、お米を入れてケチャップライスを炊飯器で作ることもできるようです。スイッチひとつで調理できる炊飯器を使えば、最後に卵を加えるのみなので簡単に作れそうですね。

子どもがよろこぶオムライスを作ろう

オムライスを食べる赤ちゃんとママ
iStock.com/Masaru123

オムライスを作るとき、子どもの好みに合わせてレシピをアレンジしてみるとよいかもしれません。子どもが苦手な野菜をケチャップライスに入れたり、卵の焼き加減や味付けの濃さに注意しながらオムライスを作ったりとママたちはさまざまな工夫をしているようでした。

ミックスベジタブルや炊飯器を使うなど工夫しながら、子どもがよろこぶオムライスを作ってみてはいかがでしょうか。

2019年10月14日

専門家のコメント
2
    いちぽ先生 保育士
    離乳食でオムライスをつくったときは、けちゃっぷではなく、トマトペーストに無添加コンソメで味
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ