幼児食のかぼちゃレシピ。作るポイントやおかず、おやつなどの種類

幼児食のかぼちゃレシピ。作るポイントやおかず、おやつなどの種類

ママたちに聞いたグラタンやプリンなどのかぼちゃレシピ

幼児食にかぼちゃを使うとき、どのように調理すればよいのか迷うママやパパもいるかもしれません。今回は、かぼちゃを使って幼児食を作るときのポイント、そぼろ煮やプリンなどのレシピをママたちの体験談を交えてご紹介します。

幼児食にかぼちゃを使いたいとき

幼児食を作るとき、野菜の中でも甘みのあるかぼちゃは使いやすいのではないでしょうか。ママたちにどのようなときにかぼちゃを使ったのか聞いてみました。

30代ママ
子どもが野菜嫌いでしたが、かぼちゃならよく食べてくれました。かぼちゃのサラダやグラタンなどを出すと、子どもがいつもよりご飯を食べてくれたのでよかったです。
30代ママ
子どもが1歳のハロウィンのときに、かぼちゃパイを作るとよろこんで食べていました。」(30代ママ)

野菜嫌いな子どもでも自然な甘みがあるかぼちゃなら食べやすいというママの声がありました。ハロウィンではお菓子のレシピにかぼちゃを使っているというママもいました。

かぼちゃはおかずやお菓子などさまざまなレシピに使える食材なので、メニューの幅も広がりそうですね。

かぼちゃを使って幼児食を作るときのポイント

ママたちはかぼちゃを使って幼児食を作るときに、どのようなポイントに気をつけているのか聞いてみました。

電子レンジを活用する

電子レンジ
iStock.com/starush
30代ママ
かぼちゃを切りやすくするために毎回電子レンジを活用しています。かぼちゃサラダを作るときはやわらかくなるまで電子レンジで加熱してから実をくり抜いています。

固いかぼちゃを調理する際は、電子レンジで加熱するとやわらかくなるので切りやすいというママの声がありました。かぼちゃを使うときにレシピに合わせて電子レンジを活用するとよさそうですね。

調理してから冷凍保存する

30代ママ
かぼちゃの煮物を作ってから汁気を切り、小分けにして冷凍しています。お弁当のすき間を埋めたいときにも冷凍庫にストックしておくと使いやすいと思います。

夕食などでおかずにもう一品欲しいときのために、かぼちゃの煮物を冷凍庫にストックしているというママの声もありました。かぼちゃを調理してから冷凍保存しておくと、解凍してすぐに食べることができそうですね。

幼児食に作るかぼちゃのおかずレシピ

かぼちゃを使った幼児食のレシピをママたちに聞いてみました。

かぼちゃサラダ

30代ママ
かぼちゃを大きめに切って電子レンジでやわらかくなるまで加熱します。ボウルにかぼちゃと生クリーム、砂糖、塩を入れて、加熱した角切りのさつまいもを入れてサラダを作っています。

甘みのあるかぼちゃサラダは子どもも食べやすくよろこびそうですね。ママたちの中には、さらに甘みのあるりんごや、子どもが苦手なほうれん草をみじん切りにしてかぼちゃサラダに混ぜているという声もありました。

かぼちゃのほうれん草入りグラタン

30代ママ
かぼちゃを一口大に切ってラップに包み、電子レンジで加熱します。ボウルにかぼちゃと牛乳、玉ねぎとほうれん草のみじん切り、炒めた鶏ひき肉を加えて混ぜます。耐熱皿に敷き詰めてチーズをかけて、オーブントースターで焼き色がつくまで焼くとできあがりです。

かぼちゃグラタンはやわらかくて食べやすいので、さまざまな食材を入れてアレンジするとよいかもしれませんね。グラタンは味つけを薄くすることで1歳でも食べられるので、子どももよろこびそうですね。

かぼちゃのそぼろ煮

かぼちゃのそぼろ煮
© kilala - Fotolia
30代ママ
かぼちゃを一口大に切り、耐熱ボウルに入れて電子レンジで加熱しておきます。炒めた鶏ひき肉にめんつゆ、水、砂糖を混ぜてひと煮立ちさせます。別の鍋にかぼちゃを入れてその上からひき肉と煮汁をかけ、さらに煮込みます。かぼちゃに味が染みたら水片栗粉でとろみをつけてできあがりです。

冷凍したかぼちゃの煮物に作っていおいたそぼろあんをかけているというママの声もありました。そぼろ煮の甘い味つけはご飯にもよく合いそうですね。

幼児食に作るかぼちゃのおやつレシピ

幼児食にどのようなかぼちゃのお菓子レシピを作っているのかママたちに聞いてみました。

プリン

30代ママ
かぼちゃを8等分して電子レンジで加熱しつぶしてから、溶いた卵と混ぜておきます。鍋に牛乳、砂糖を入れて熱してとかします。とかしたものをかぼちゃといっしょに混ぜてからプリン用の耐熱容器に入れて、電子レンジでもう一度加熱するとできあがりです。

かぼちゃプリンは耐熱容器をハートにしたり、星形にすると子どもがよろこんだという声もありました。プリンは蒸し器を使わずに電子レンジで作ると簡単にできてよさそうですね。

かぼちゃとさつまいものりんごのジャムがけ

30代ママ
電子レンジで加熱したかぼちゃとさつまいもを一口大に切って、りんごジャムを混ぜてできあがりです。とても簡単でよく作っていました。

かぼちゃやさつまいもは甘みがあり、子どもが好きなジャムと合わせて食べられるのもよいですね。かぼちゃをペースト状にしてパンにつけたものを1歳の子どもに与えていたというママの声もありました。

幼児食にかぼちゃを使ってレシピの幅を広げよう

食事をする男の子
© yamasan - Fotolia

幼児食でかぼちゃを使うときは、電子レンジを活用したり、調理後に冷凍保存するなどさまざまな工夫をしているママがいました。甘みのあるかぼちゃは子どもも食べやすく、サラダやそぼろ煮、プリンなどいろいろなレシピに使いやすい食材でしょう。

毎日のご飯のバランスを考えて、幼児食にかぼちゃを活用できるとよいですね。

2019年09月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧