【離乳食完了期】コーンフレークを使った離乳食レシピ

【離乳食完了期】コーンフレークを使った離乳食レシピ

赤ちゃんにあげる量や牛乳をかける以外の食べ方

赤ちゃんの離乳食にコーンフレークを取り入れたい、牛乳を使う以外の食べ方について知りたいママもいるのではないでしょうか。離乳食完了期のコーンフレークを使ったレシピや1回の食事で与える量、調理法についてご紹介します。

離乳食完了期の進め方

離乳食完了期は、手づかみ食べが上手になり、小さなものをつまんだり、スプーンなどの道具を使える赤ちゃんが多くなります。なんでも積極的にやらせてあげると、赤ちゃんの食べる意欲がどんどん育っていくようです。卒乳へ向け栄養バランスを考え毎日の献立を立てるとよいかもしれません。

基本的な離乳食完了期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食完了期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月頃が離乳食完了期とされています。毎日3回の離乳食が完了し大人と同じように、ほとんどすべての食材を食べることができるようになります。

食材の大きさや柔らかさは、赤ちゃんの成長に合わせましょう。硬さの目安は肉団子くらい、少し力を入れればスプーンの縁で切れる程度が理想的なようです。

コーンフレークを離乳食に取り入れるときは、細かく砕いたり、牛乳に浸す時間を長くするなど食べやすくなるように工夫してあげましょう。

離乳食完了期の量の目安

コーンフレーク
iStock.com/Wako Megumi
離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

・穀類:軟飯80g~ご飯80g
・野菜:果物:40g~50g
・魚:15g~20g
・肉:15g~20g
・豆腐:50g~55g
・卵:全卵1/2個~2/3個
・乳製品:100g
 
コーンフレークの主原料であるとうもろこしには糖質も多く含まれています。また一般的に市販のコーンフレークは食塩を加えて作られています。

離乳食完了期にコーンフレークを取り入れる際は、赤ちゃんの成長に合わせ、量を調節しましょう。離乳食完了期頃は1回30g程度の量を与えていたとのママの声がありました。

子どもの離乳食で困ったこと

厚生労働省の資料を参考にママが子どもの離乳食で困ったことについてご紹介します。

作るのが負担・大変/33.5%
食べる量が少ない/21.8%
食べるものの種類が偏っている/21.2%
食べさせるのが負担、大変/17.8%
食べるのをいやがる/15.9%
食べる量が多い/5.5%
作り方がわからない/5.3%
食べものをいつまでも口にためている/3.0%

(回答数:1240)

離乳食作りを負担に感じたり、食べる量が少なくて悩んでいるママが多いようですね。
出典:授乳・離乳の支援ガイド / 厚生労働省

【離乳食完了期】コーンフレークを使ったレシピ

離乳食完了期のコーンフレークを使ったレシピをご紹介します。

きな粉ミルクのコーンフレーク

きな粉
© K - Fotolia
1. コーンフレーク15gに牛乳ときな粉をかける
2. バナナ1/2本を食べやすい大きさにカットしてのせる
 
離乳食完了期頃は、朝食の主食としてコーンフレークを与えていたというママの声がありました。牛乳にきな粉を混ぜ、野菜の副菜やフルーツを添えると栄養バランスもよさそうです。

コーンフレークの量は赤ちゃんの食欲や離乳食の進み具合に合わせ調節しましょう。

コーンフレークのカリカリサラダ

1. キャベツ1枚を食べやすい大きさに切る
2. にんじん1/5本を千切りにする
3. 湯剥きしたトマトを1/8を角切りにする
4. キャベツ、にんじんをやわらかくなるまで茹で粗熱を取る
5. キャベツ、にんじん、トマト、ツナ小さじ1を少量のマヨネーズで和え、砕いたコーンフレークを振りかける

いつものサラダにコーンフレークを振りかけ、食感にアクセントを加えてみましょう。サラダに使う野菜は、赤ちゃんがすきなものやママが食べて欲しいものを選んでくださいね。

さつまいもとコーンフレークのおやき

1. さつまいも100gを電子レンジで加熱しフォークで潰す
2. さつまいも、コーンフレーク5g、水大さじ3(または牛乳)、片栗粉小さじ1を混ぜ合わせる
3. 食べやすい大きさに形成しフライパンで焼く
 
コーンフレークのさくさくとした食感を楽しめるおやきのレシピです。手づかみしやすく、冷凍保存しておくと時間がないときにも便利に活用できるかもしれません。赤ちゃんのおやつにもよいでしょう。

赤ちゃん用のコーンフレークを選ぶときの注意点

赤ちゃん用のコーンフレークを選ぶときは、砂糖を使っていない無糖のものを購入しましょう。

市販のコーンフレークには「プレーンタイプ」と書かれているものもありますが、砂糖でコーティング(フロスト)をしていないという意味をもち、無糖でないことが多いようです。
 
砂糖を使っていないものを選ぶには「無糖」と明記されているものを選ぶようにしましょう。

また、市販のコーンフレークにはたくさんの種類があるので、原材料を確認した上で、材料が少なくシンプルなものを選ぶとよいかもしれません。

離乳食完了期にコーンフレークを取り入れよう

離乳食を食べる赤ちゃん
© ucchie79 - Fotolia
コーンフレークは牛乳をかけて食べるだけではなく、野菜や果物と合わせたり、離乳食完了期にはサラダのトッピングとしても活用できます。スプーンを使う練習にもよさそうですね。

赤ちゃんに与えるコーンフレークを選ぶときは、原材料が少ない無糖のものを選ぶようにしましょう。また、無糖のコーンフレークであっても塩分が含まれていることが多いので、赤ちゃんに与えるときは大人よりも少ない量にしましょう。


※記事内で使用している参照内容は、2019年8月30日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月02日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ