ブレンダーで作る離乳食初期、中期、後期のレシピと選び方のポイント

ブレンダーで作る離乳食初期、中期、後期のレシピと選び方のポイント

いつまで使ったのかや離乳食以外の活用法

離乳食を作る際にブレンダーを使おうと考えたとき、安いものはあるのかやいつまで使えるのかなどが知りたいママもいるのではないでしょうか。今回の記事は、ブレンダーの選び方やブレンダーを使った初期、中期、後期別の離乳食レシピ、離乳食以外のブレンダーの活用法についてママたちの体験談を交えてお伝えします。

離乳食にブレンダーは必要?

毎日の離乳食作りを効率よく行うために、食材を潰したりペースト状にしたりできるブレンダーの購入を考えるママもいるのではないでしょうか。しかし機能を使いこなせるかや、いつまで使えるのかが気になる場合もあるかもしれません。実際に離乳食初期から中期、後期にブレンダーを使っていたママたちに、選び方や活用法を聞いてみました。

ブレンダーの選び方

ママたちは、何を基準にブレンダーを選んだのでしょうか。

機能

「さまざまな用途に使いたくて、泡立て器やチョッパーがセットになったものを購入しました。離乳食以外にも、玉ねぎのみじん切りやケーキを作るときの泡立てなどに重宝しています」(30代ママ)

ブレンダーには混ぜる、つぶすといった機能以外に、アタッチメントを変えることで食材を泡立てたり細かく刻んだりできる種類もあるようです。セット内容を確認して、用途にあったブレンダーを選べるとよいかもしれません。

コンパクトさ

iStock.com/PinaCub

「離乳食を作るときにさっと手を伸ばせる場所に収納できるよう、コンパクトなサイズのブレンダーを購入しました。付属のスタンドに立てかけて収納ができたので、キッチンの場所も取らずに済みました」(20代ママ)

収納方法や軽さなど、コンパクトさを意識してブレンダーを選んだママもいるようです。コンパクトで軽量なブレンダーを選んだことで、腕への負担を感じにくく使う頻度も増えたというママの声もありました。

お手入れ方法

「毎日の離乳食作りに使いたいので、お手入れのしやすさを重視しました。簡単に分解ができてパーツも丸洗いできるタイプを選んだので、使い勝手がよくお手入れが楽でした」(30代ママ)

「煮沸消毒ができる金属製のブレンダーを選びました。清潔に使いたかったので、娘の離乳食を作るときにも衛生的に安心だと感じました」(20代ママ)

洗う際にアタッチメントの分解がしやすいことや、煮沸消毒ができる材質を選ぶなどお手入れ方法でブレンダーを選んだママもいるようです。家に食洗機があるママからは、パーツを食洗機に入れて洗えるかどうかを確認したという声も聞かれました。

価格

「離乳食を作るとき、ペースト状にしたり潰したりする基本の機能があればよかったので、付属品が少なくできるだけ安いブレンダーを探しました。ワット数や回転数なども、用途にあったものを選びました」(30代ママ)

ブレンダーを購入するとき、できるだけ安いものを選ぶなど価格で選んだママもいるようです。価格で選んだママからは、インターネットで購入した際に安いブレンダーでも使いやすいかどうか、レビューをよく読んで確認してから買うようにしたという声も聞かれました。

ブレンダーを使った離乳食レシピ

ブレンダーを使った離乳食の作り方について、時期別で聞いてみました。

初期

離乳食
© clip-photo - Fotolia

「炊飯器で焼いた10倍粥をボウルに移して、ブレンダーでペーストにしていました。ブレンダーを使ったことですり鉢やこし器で裏ごしするよりも、短時間でなめらかになりました」(20代ママ)

離乳食初期に、ブレンダーでお粥のペーストを作ったママがいるようです。他にも、赤ちゃんのお昼寝の時間に野菜のペーストをまとめて作っておき、製氷機に1回分ずつ小分けに入れて冷凍保存しておいたというママの声もありました。

中期

「シチューの具材が柔らかく煮えたところで離乳食の分を鍋に取りわけ、ブレンダーで野菜を荒くつぶしてから味をつけました。離乳食中期の息子の食べやすいよう、食材をつぶす大きさを調節していました」(30代ママ)

「茹でたほうれん草と牛乳をブレンダーでなめらかになるまで潰し、小麦粉と少量の砂糖、ベーキングパウダーを混ぜてテフロン加工のフライパンで焼くとほうれん草のパンケーキの完成です」(30代ママ)

ブレンダーを使った離乳食中期のレシピとして、シチューなどの煮込み料理やパンケーキを作っているママもいるようです。手づかみ食べができるパンケーキは、離乳食中期のおやつや朝食用にまとめて作っておいてもよいかもしれません。

後期

「ブレンダーのチョッパー機能でみじん切りにした玉ねぎやにんじんに、鶏ひき肉と豆腐、片栗粉をあわせてハンバーグを作りました。ブレンダーでよく混ぜたことでふわふわとした食感になり食べやすそうでした」(20代ママ)

チョッパー機能を使うことで、みじん切りやハンバーグをこねる作業も短時間で行えるようです。ハンバーグと同じ材料で作ったものを煮てつくねにするなど、レシピのアレンジも利きやすいかもしれません。

ブレンダーの離乳食以外での使い方

ママたちに、離乳食以外でのブレンダーの活用法を聞いてみました。

ポタージュスープ

「バターで炒めた玉ねぎとじゃがいも、水を鍋に入れて煮ます。野菜が柔らかくなったら鍋の中に直接ブレンダーを入れ攪拌して、牛乳や生クリームでのばし味を整えるとポタージュスープの完成です」(30代ママ)

ブレンダーを使ってポタージュスープを作っているママもいるようです。プラスチック製のブレンダーの耐熱温度が80度だったので、具材の粗熱が取れてから攪拌したというママの声も聞かれました。

スムージー

「生のほうれん草とキウイ、皮を剥いたりんごを適当な大きさにカットし、付属の専用コップで水といっしょにブレンダーで攪拌してスムージーを作ります。普段の朝ごはんによく家族で飲んでいます」(30代ママ)

生の野菜や果物でスムージーを作っているママもいるようです。スムージーは、冷凍した果物や豆乳など食材の組みあわせ次第でアレンジも利くようなので、さまざまな味を楽しむのもよいかもしれません。

ケーキ

「かぼちゃと生クリーム、砂糖や卵をブレンダーで攪拌して型に流し入れオーブンで焼いたケーキは、プリンのような食感が家族に好評です。よく冷やしてから食べるとよりおいしいです」(30代ママ)

ブレンダーを使って、なめらかな食感のケーキを作るママもいるようです。他にも、チーズケーキ作りや、泡立て機能をスポンジケーキを作るときの卵の泡立てに使うという声も聞かれました。

ブレンダーを離乳食に活用しよう

離乳食を食べる赤ちゃん
© polkadot - Fotolia

ママたちはブレンダーでペースト食を作ったりチョッパー機能を使ってみじん切りをしたりと離乳食を作るのに活用しているようです。いつまで使うかは、初期や中期から、離乳食が完了してもケーキやスムージーを作るなどママによってさまざまでした。

品質もよくできるだけ安い商品はあるのかやお手入れ方法も確認しながら、離乳食の用途にあったブレンダーを選べるとよいですね。

2019年01月20日

おすすめユーザーのコメント
5
    姉がブレンダーをよく利用していました!料理好きなままだと結構使いやすいみたいですね!
    muuu
    手入れが面倒だと結局使わなくなってしまうので、洗いやすいブレンダーを選びたいです。
    YSK
    とにかく茹でた野菜をブレンダーでペーストにして冷凍ストックしてました。
    Y.K
    野菜や魚をブレンダーして小麦粉加えてお好み焼き。栄養たくさん取れておススメです。
    かねこん
    ブレンダー超つかいます

レシピの関連記事

カテゴリ一覧